Merck

860462P

Avanti

N-C16-デオキシスフィンガニン

N-palmitoyl-1-deoxysphinganine (m18:0/16:0), powder

ログインto View Organizational & Contract Pricing

別名:
N-ヘキサデカノイル-1-デオキシスフィンガニン (m18:0/16:0); N-C16-1-deoxyDHCer; 110960
Empirical Formula (Hill Notation):
C34H69NO2
CAS番号:
分子量:
523.92
NACRES:
NA.25

アッセイ

>99% (TLC)

形状

powder

包装

pkg of 1 × 1 mg (860462P-1mg)
pkg of 1 × 5 mg (860462P-5mg)

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860462P

lipid type

sphingolipids
bioactive lipids

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
860455P860456P860463P
N-C12-deoxysphingosine N-lauroyl-1-deoxysphingosine (m18:1/12:0), powder

Avanti

860455P

N-C12-deoxysphingosine

N-C16-deoxysphingosine N-palmitoyl-1-deoxysphingosine (m18:1/16:0), powder

Avanti

860456P

N-C16-deoxysphingosine

N-C16-desoxymethylsphinganine Avanti Polar Lipids 860463P, powder

Avanti

860463P

N-C16-desoxymethylsphinganine

form

powder

form

powder

form

powder

form

powder

packaging

pkg of 1 × 1 mg (860462P-1mg), pkg of 1 × 5 mg (860462P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 1 mg (860455P-1mg), pkg of 1 × 5 mg (860455P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 1 mg (860456P-1mg)

packaging

pkg of 1 × 1 mg (860463P-1mg), pkg of 1 × 5 mg (860463P-5mg)

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860462P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860455P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860456P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860463P

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

詳細

一般に1-デオキシジヒドロセラミド(1-デオキシDHCer)と呼ばれるN-C16-デオキシスフィンガニンは、スフィンゴ脂質代謝の強力な阻害剤である1-デオキシスフィンガニンのN-アシル化型 です。N-アシル基は、16、20、および24炭素鎖にすることができます。N-アシルスフィンガニン(ジヒドロセラミド)は、セラミドシンターゼ(CerS)の存在下でスフィンゴイド塩基をアシル化することにより合成されます。
一般に1-デオキシジヒドロセラミド(1-デオキシDHCer)と呼ばれるこの製品は、スフィンゴ脂質代謝の強力な阻害剤である1-デオキシスフィンガニンのN-アシル化型です。現時点で、1-デオキシDHCerの生物活性は明らかになっていません。

生物化学的/生理学的作用

N-アシルスフィンガニン(ジヒドロセラミド)レベルは、セラミドシンターゼ阻害中に低下します。これらはセラミドおよびジヒドロスフィンゴ脂質合成の中間体です。MCF7癌細胞をフェンレチニドで処理すると、スフィンゴ脂質の代謝が変化します。

包装

5 mL 琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860462P-1 mg)
5 mL 琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860462P-5 mg)

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

Sphingolipidomics: a valuable tool for understanding the roles of sphingolipids in biology and disease
Merrill AH, et al.
Journal of Lipid Research, 50, S97-S102 (2009)
Ceramide synthase inhibition by fumonisin B1 causes accumulation of 1-deoxysphinganine a novel category of bioactive 1-deoxysphingoid bases and 1-deoxydihydroceramides biosynthesized by mammalian cell lines and animals
Zitomer NC, et al.
The Journal of Biological Chemistry, 284(8), 4786-4795 (2009)
Thematic Review Series: Sphingolipids. Biodiversity of sphingoid bases (?sphingosines?) and related amino alcohols
Pruett ST, et al.
Journal of Lipid Research, 49(8), 1621-1639 (2008)
Noemi Jiménez-Rojo et al.
Biophysical journal, 107(12), 2850-2859 (2014-12-18)
Ceramides and dihydroceramides are N-acyl derivatives of sphingosine and sphinganine, respectively, which are the major sphingoid-base backbones of mammals. Recent studies have found that mammals, like certain other organisms, also produce 1-deoxy-(dihydro)ceramides (1-deoxyDHCers) that contain sphingoid bases lacking the 1-hydroxyl-
Sarah T Pruett et al.
Journal of lipid research, 49(8), 1621-1639 (2008-05-24)
"Sphingosin" was first described by J. L. W. Thudichum in 1884 and structurally characterized as 2S,3R,4E-2-aminooctadec-4-ene-1,3-diol in 1947 by Herb Carter, who also proposed the designation of "lipides derived from sphingosine as sphingolipides." This category of amino alcohols is now

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先