Merck

860498P

Avanti

スフィンガニン (d18:0)

Avanti Polar Lipids

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
D-エリトロ-スフィンガニン
実験式(ヒル表記法):
C18H39NO2
CAS番号:
分子量:
301.51
NACRES:
NA.25

形状

powder

包装

pkg of 1 × 10 mg (860498P-10mg)
pkg of 1 × 100 mg (860498P-100mg)
pkg of 1 × 25 mg (860498P-25mg)

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids

lipid type

sphingolipids

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

SMILES string

OC[C@@](N)([H])[C@]([H])(O)CCCCCCCCCCCCCCC

InChI

1S/C18H39NO2/c1-2-3-4-5-6-7-8-9-10-11-12-13-14-15-18(21)17(19)16-20/h17-18,20-21H,2-16,19H2,1H3/t17-,18+/m0/s1

InChI key

OTKJDMGTUTTYMP-ZWKOTPCHSA-N

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
860654P860674P860490P
vibrant-m

860498P

スフィンガニン (d18:0)

vibrant-m

860654P

sphinganine (d17:0)

vibrant-m

860674P

Sphinganine (d20:0)

vibrant-m

860490P

Sphingosine (d18:1)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860498P-10mg), pkg of 1 × 25 mg (860498P-25mg), pkg of 1 × 100 mg (860498P-100mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860654P-10mg), pkg of 1 × 5 mg (860654P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 5 mg (860674P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860490P-10mg), pkg of 1 × 25 mg (860490P-25mg), pkg of 1 × 500 mg (860490P-500mg)

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

form

powder

form

powder

form

powder

form

powder

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860654P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860674P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids

lipid type

sphingolipids

lipid type

sphingolipids

lipid type

sphingolipids

lipid type

sphingolipids

詳細

スフィンガニン(d18:0)は、酵素セラミドデサチュラーゼの基質です。スフィンガニンは、補給されたグリシンがセリンに相互変換するため、間接的に合成されます。スフィンガニン(d18:0)は異化されてセラミドになります。

アプリケーション

スフィンガニン(d18:0)は、以下の用途に使用されています:
  • 表皮セラミドを定量するための液体クロマトグラフィータンデム質量分析の標準品として
  • 酵母細胞の増殖に及ぼすその効果を調べるための培地栄養補助剤として
  • 非リソソーム-グルコシルセラミダーゼβ2(GBA2)阻害に及ぼすその効果を調べるためのウシ血清アルブミン脂質複合体の調製に

生物化学的/生理学的作用

スフィンガニン(d18:0)のレベルは、遺伝性感覚性ニューロパチー1型細胞では変化しません。d18:0の蓄積は腫瘍低酸素症で認められます。微生物の多様性を研究するためのバイオマーカーとして有用です。

包装

5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860498P-10 mg)
5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860498P-100 mg)
5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860498P-25 mg)

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 3

1 of 3

Sunyoung Hwang et al.
Cell reports, 29(8), 2473-2488 (2019-11-21)
An abnormal number of chromosomes, or aneuploidy, accounts for most spontaneous abortions, causes developmental defects, and is associated with aging and cancer. The molecular mechanisms by which aneuploidy disrupts cellular function remain largely unknown. Here, we show that aneuploidy disrupts
Altered sphingolipid metabolism induced by tumor hypoxia-new vistas in glycolipid tumor markers
Yin J, et al.
Febs Letters, 584(9), 1872-1878 (2010)
Mirthe Muilwijk et al.
BMJ open diabetes research & care, 8(1) (2020-05-08)
People of South Asian origin are at high risk of type 2 diabetes (T2D), but the underpinning mechanisms are not fully understood. We determined ethnic differences in acylcarnitine, amino acid and sphingolipid concentrations and determined the associations with T2D. Associations
Identification of a feedback loop involving beta-glucosidase 2 and its product sphingosine sheds light on the molecular mechanisms in Gaucher disease
Schonauer S, et al.
Test, 292(15), 6177-6189 (2017)
Transcription factor Ctip2 controls epidermal lipid metabolism and regulates expression of genes involved in sphingolipid biosynthesis during skin development
Wang Z, et al.
The Journal of Investigative Dermatology, 133(3), 668-676 (2013)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先