Merck

860584P

Avanti

16:0 SM (d18:1/16:0)

Avanti Polar Lipids, powder

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
N-パルミトイル-D-エリトロ-スフィンゴシルホスホリルコリン
実験式(ヒル表記法):
C39H79N2O6P
CAS番号:
分子量:
703.03
NACRES:
NA.25

アッセイ

>99% (TOF, LC/MS)

形状

powder

包装

pkg of 1 × 10 mg (860584P-10mg)
pkg of 1 × 25 mg (860584P-25mg)
pkg of 1 × 5 mg (860584P-5mg)

メーカー/製品名

Avanti Polar Lipids

脂質タイプ

sphingolipids

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

SMILES記法

[H][C@](/C=C/CCCCCCCCCCCCC)(O)[C@@]([H])(NC(CCCCCCCCCCCCCCC)=O)COP([O-])(OCC[N+](C)(C)C)=O

InChI

1S/C39H79N2O6P/c1-6-8-10-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30-32-38(42)37(36-47-48(44,45)46-35-34-41(3,4)5)40-39(43)33-31-29-27-25-23-21-19-17-15-13-11-9-7-2/h30,32,37-38,42H,6-29,31,33-36H2,1-5H3,(H-,40,43,44,45)/b32-30+/t37-,38+/m0/s1

InChI Key

RWKUXQNLWDTSLO-GWQJGLRPSA-N

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
860583P860586P860585P
vibrant-m

860584P

16:0 SM (d18:1/16:0)

vibrant-m

860583P

12:0 SM (d18:1/12:0)

vibrant-m

860586P

18:0 SM (d18:1/18:0)

vibrant-m

860585P

17:0 SM(d18:1/17:0)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860584P-10mg), pkg of 1 × 5 mg (860584P-5mg), pkg of 1 × 25 mg (860584P-25mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860583P-10mg), pkg of 1 × 25 mg (860583P-25mg), pkg of 1 × 5 mg (860583P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860586P-10mg), pkg of 1 × 5 mg (860586P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (860585P-10mg), pkg of 1 × 5 mg (860585P-5mg)

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

form

powder

form

powder

form

powder

form

powder

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860583P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860586P

manufacturer/tradename

Avanti Polar Lipids 860585P

アプリケーション

N-パルミトイル-D-エリスロ-スフィンゴシルホスホリルコリン(16:0 SM(d18:1/16:0))は、スフィンゴ脂質代謝産物定量の標準物質として使用されています。また、緑色蛍光タンパク質(GFP)細胞および脂肪酸輸送タンパク質4(FATP4)細胞中の脂質をエレクトロスプレーイオン化タンデム質量分析(ESI-MS/MS)を用いて定量する際にも使用されています。スフィンゴミエリン(SM)/コレステロール相互作用に対するホスファチジルコリン(PC)の作用を評価する目的でオストレオリシンA(OlyA)結合を測定するために、リポソームに使用できます。

包装

5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860584P-10mg)
5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860584P-25mg)
5 mL琥珀色ガラス製スクリューキャップバイアル(860584P-5mg)

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 10

1 of 10

17:0 SM(d18:1/17:0) Avanti Polar Lipids 860585P, powder

Avanti

860585P

17:0 SM(d18:1/17:0)

C22 Ceramide (d18:1/22:0) Avanti Polar Lipids 860501P, powder

Avanti

860501P

C22 Ceramide (d18:1/22:0)

12:0 SM (d18:1/12:0) Avanti Polar Lipids 860583P, powder

Avanti

860583P

12:0 SM (d18:1/12:0)

スフィンゴミエリン from chicken egg yolk, ≥95%

Sigma-Aldrich

S0756

スフィンゴミエリン

卵由来SM Avanti Polar Lipids

Avanti

860061P

卵由来SM

16:0 PC(DPPC) Avanti Polar Lipids

Avanti

850355P

16:0 PC(DPPC)

Egg SM Avanti Polar Lipids

Avanti

860061C

Egg SM

N-Palmitoyl-D-sphingosine ≥98.0% (TLC)

Sigma-Aldrich

43799

N-Palmitoyl-D-sphingosine

Glucosylceramide (Soy) Avanti Polar Lipids

Avanti

131304P

Glucosylceramide (Soy)

スフィンゴミエリン from chicken egg yolk, ≥98.0% (TLC)

Sigma-Aldrich

85615

スフィンゴミエリン

Shreya Endapally et al.
Cell, 176(5), 1040-1053 (2019-02-05)
Sphingomyelin and cholesterol are essential lipids that are enriched in plasma membranes of animal cells, where they interact to regulate membrane properties and many intracellular signaling processes. Despite intense study, the interaction between these lipids in membranes is not well
Xingzhong Zhang et al.
Cell metabolism, 30(5), 937-951 (2019-11-02)
Obesity-induced adipose dysfunction is a major contributor to atherosclerosis. Cold exposure has been reported to affect atherosclerosis through regulation of adipose function, but the mechanism has not been well clarified. Here, adipocyte hypoxia-inducible factor 2α (HIF-2α) was upregulated after mild cold
Elisabetta Albi et al.
International journal of molecular sciences, 15(7), 11555-11565 (2014-07-01)
Proliferating thyroid cells are more sensitive to UV-C radiations than quiescent cells. The effect is mediated by nuclear phosphatidylcholine and sphingomyelin metabolism. It was demonstrated that proton beams arrest cell growth and stimulate apoptosis but until now there have been
Ebru Afşar et al.
Redox biology, 30, 101430-101430 (2020-01-25)
We aimed to determine sphingolipid levels and examine apoptotic pathways in human retinal pigment epithelial cells (ARPE-19) undergoing endoplasmic reticulum (ER) stress. Cells were treated with tunicamycin (TM) to induce ER stress and tauroursodeoxycholic acid (TUDCA), an ER stress inhibitor
Elisabeth Corcelle-Termeau et al.
Autophagy, 12(5), 833-849 (2016-04-14)
Sphingomyelin is an essential cellular lipid that traffics between plasma membrane and intracellular organelles until directed to lysosomes for SMPD1 (sphingomyelin phosphodiesterase 1)-mediated degradation. Inactivating mutations in the SMPD1 gene result in Niemann-Pick diseases type A and B characterized by

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先