すべての画像(1)

ROAMYGLL

Roche

アミログルコシダーゼ

from Aspergillus niger

EC番号:

品質水準

100

形態

lyophilized

specific activity

6 U/mg (approximately 6 U/mg lyophilizate at +25°C with glycogen as the substrate)
~6 units/mg protein (At 25 °C with glycogen as the substrate.)

分子量

97 kDa

包装

pkg of 3,500 U (11202367001)
pkg of 500 U (11202332001)

manufacturer/tradename

Roche

最適pH

4.6-4.8

輸送温度

wet ice

保管温度

2-8°C

関連するカテゴリー

詳細

1,4-α-D-グルカングルコヒドロラーゼであるアミログルコシダーゼは、ジサッカリダーゼタイプのα-グルコシダーゼです。いくつかのAspergillus属菌種により合成されます。この細胞外酵素は、主要な商業用酵素の1つです。アミログルコシダーゼの安定性は、固定化により高めることができます。

特異性

複数のグルコース単位からなるオリゴ糖または多糖にα1,4-またはα1,6-結合した末端グルコースを切断します。生成物はD-グルコースです。

アプリケーション

Aspergillus niger(クロコウジカビ)由来のアミログルコシダーゼはデンプンの測定に使用されます。

生物化学的/生理学的作用

Aspergillus niger(クロコウジカビ)由来のアミログルコシダーゼは、デンプンとマルトオリゴ糖のα-D-(1-4)およびα-(1,6)グルコシド結合を加水分解する能力を有しています。アミログルコシダーゼは、デンプンをデキストリンとグルコースに変換する細胞外酵素です。本酵素は、デンプン加工産業において、コーンシロップからのD-グルコースの商業生産に使用されます。

調製ノート

作用濃度:共役の作用濃度は用途と担体によって決まります。

下記の濃度を指針にしてください。
  • ウェスタンブロット:1~10 μg/mL


標準溶液:ツイーン20を0.1%含むトリス緩衝生理食塩水。

貯蔵条件(標準溶液):2~8°C

その他情報

生命科学研究専用です。診断手順には使用しません。

ピクトグラム

Health hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Resp. Sens. 1

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

does not flash

引火点(℃)

does not flash

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

その他のドキュメント

High-potency amyloglucosidase-producing mold of the Aspergillus niger group.
Smiley K L, et al.
Applied Microbiology, 12(5), 455-455 (1964)
High fructose corn syrup: production, uses and public health concerns.
Parker K, et al.
Biotechnology and Molecular Biology Reviews, 5, 71-78 (2010)
Boaz Hilman et al.
Plant, cell & environment, 44(8), 2522-2535 (2021-06-08)
Little is known about the sources and age of C respired by tree roots. Previous research in stems identified two functional pools of non-structural carbohydrates (NSC): an "active" pool supplied directly from canopy photo-assimilates supporting metabolism and a "stored" pool
Simultaneous amyloglucosidase and exo-polygalacturonase production by Aspergillus niger using solid-state fermentation.
Costa, J et al.
Brazilian Archives of Biology and Technology, 50, 759-766 (2007)
Recent Advances in Basic and Applied Aspects of Industrial Catalysis (1998)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先