Merck

85679

Supelco

ステアリン酸

analytical standard

ログインto View Organizational & Contract Pricing

別名:
1-ヘプタデカンカルボン酸, C18:0, NSC 25956, NSC 261168, オクタデカン酸, ステアリン酸, ステアロファン酸
化学式:
CH3(CH2)16COOH
CAS番号:
分子量:
284.48
Beilstein:
608585
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.24

グレード

analytical standard

品質水準

蒸気圧

1 mmHg ( 173.7 °C)

アッセイ

≥98.5%

シェルフライフ

limited shelf life, expiry date on the label

technique(s)

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

bp

361 °C (lit.)

mp

67-72 °C (lit.)

application(s)

cleaning products
cosmetics
food and beverages
personal care

フォーマット

neat

官能基

carboxylic acid

輸送温度

ambient

保管温度

room temp

SMILES string

CCCCCCCCCCCCCCCCCC(O)=O

InChI

1S/C18H36O2/c1-2-3-4-5-6-7-8-9-10-11-12-13-14-15-16-17-18(19)20/h2-17H2,1H3,(H,19,20)

InChI key

QIQXTHQIDYTFRH-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
76137S47511621008
Stearic acid analytical standard

Supelco

85679

ステアリン酸

Stearic acid certified reference material, TraceCERT®, Manufactured by: Sigma-Aldrich Production GmbH, Switzerland

Supelco

76137

ステアリン酸

Stearic acid Grade I, ≥98.5% (capillary GC)

Sigma-Aldrich

S4751

ステアリン酸

Stearic acid United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1621008

ステアリン酸

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

-

technique(s)

-

application(s)

cleaning products
cosmetics
food and beverages
personal care

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care

application(s)

-

application(s)

pharmaceutical (small molecule)

format

neat

format

neat

format

-

format

neat

vapor pressure

1 mmHg ( 173.7 °C)

vapor pressure

1 mmHg ( 173.7 °C)

vapor pressure

1 mmHg ( 173.7 °C)

vapor pressure

1 mmHg ( 173.7 °C)

assay

≥98.5%

assay

-

assay

≥98.5% (capillary GC)

assay

-

詳細

ステアリン酸は、一般に動物性脂肪や植物性脂肪に含まれる飽和長鎖脂肪酸の一種です。

アプリケーション

この分析標準品は、以下の用途にも使用できます:
  • 食用油7種、93サンプル中の4つの脂肪酸検出のためのVis-NIR反射分光法を用いた非破壊的手法の開発
  • 大容量注入(LVI)ガスクロマトグラフィー/真空紫外分光法(GC-VUV)による、メチル誘導体化後の血漿サンプル中脂肪酸の同時同定および定量
  • 近赤外反射分光法(NIRS)と修正部分最小二乗法(MPLS)および部分最小二乗(PLS)回帰法の併用による、ヒマワリ93品種から抽出したヒマワリ油の脂肪酸組成の測定
  • ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)による、さまざまな抗糖尿病生薬製剤中の脂肪酸の同定および定量
  • ガスクロマトグラフィー/水素炎イオン化検出器(GC-FID)をベースとする誘導体化を行わない手法を用いた、オレイン酸とその他関連脂肪酸の複数残留分析
  • 事前処理を行っていない8種類のオリーブオイル市販品サンプルに含まれる8つの飽和/不飽和脂肪酸の超高速液体クロマトグラフィー質量分析(UHPLC)法による分離、同定および測定
  • 健常者57人の血漿サンプルに含まれる7つのヒドロキシ脂肪酸エステル(FAHFA)、4つの脂肪酸、および4つの心血管関連バイオマーカー測定のための液体クロマトグラフィー質量分析 (LC-MS) 法の開発

その他情報

適切な計測技術の詳細については、製品の分析証明書をご参照ください。′他のサポートについてはテクニカルサービスにご連絡ください。

おすすめ製品

Find a digital Reference Material for this product available on our online platform ChemisTwin® for NMR. You can use this digital equivalent on ChemisTwin® for your sample identity confirmation and compound quantification (with digital external standard). An NMR spectrum of this substance can be viewed and an online comparison against your sample can be performed with a few mouseclicks. Learn more here and start your free trial.

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

nwg

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 7

1 of 7

Oleic acid analytical standard

Supelco

75090

オレイン酸

Linoleic acid analytical standard

Supelco

62230

リノール酸

Palmitic acid ≥99%

Sigma-Aldrich

P0500

パルミチン酸

Palmitic acid certified reference material, TraceCERT®, Manufactured by: Sigma-Aldrich Production GmbH, Switzerland

Supelco

43051

パルミチン酸

Sigma-Aldrich

Sigma-Aldrich

569398

Stearic Acid

Linolenic acid analytical standard

Supelco

62160

リノレン酸

Dodecanoic acid analytical standard

Supelco

61609

ドデカン酸

Handbook of Corrosion Data (1994)
Influence of stearic acid on cholesterol metabolism relative to other long-chain fatty acids
Grundy MS
American Journal of Clinical Nutrition, 60, 986S-990S (1994)
Tracey N Bell et al.
ACS omega, 5(42), 27393-27400 (2020-11-03)
Information contained in the sequences of biological polymers such as DNA and protein is crucial to determining their function. Lipids are not generally thought of as information-containing molecules. However, from a supramolecular perspective, the number of possible combinations of lipids
Linda L Lee et al.
American journal of physiology. Cell physiology, 312(4), C500-C516 (2017-01-13)
Elevation of blood triglycerides, primarily as triglyceride-rich lipoproteins (TGRL), has been linked to cerebrovascular inflammation, vascular dementia, and Alzheimer's disease (AD). Brain microvascular endothelial cells and astrocytes, two cell components of the neurovascular unit, participate in controlling blood-brain barrier (BBB)
Stephan Laggai et al.
World journal of hepatology, 5(10), 558-567 (2013-11-02)
To establish a simple method to quantify lipid classes in liver diseases and to decipher the lipid profile in p62/IMP2-2/IGF2BP2-2 transgenic mice. Liver-specific overexpression of the insulin-like growth factor 2 mRNA binding protein p62/IMP2-2/IGF2BP2-2 was used as a model for

資料

Identification and quantification of the most common extractables originating from single-use equipment by GC/MS and an Extractables and Leachables Screening Standard.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先