Merck
All Photos(1)

G9012

Sigma-Aldrich

グリセロール

≥99.5%

Synonym(s):
1,2,3-プロパントリオール, グリセリン
Linear Formula:
HOCH2CH(OH)CH2OH
CAS Number:
Molecular Weight:
92.09
Beilstein:
635685
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.21

蒸気密度

3.1 (vs air)

品質水準

200

蒸気圧

<1 mmHg ( 20 °C)

アッセイ

≥99.5%

形態

viscous liquid

自己発火温度

698 °F

不純物

≤0.20% Water (Karl Fischer)

屈折率

n20/D 1.474 (lit.)

bp

182 °C/20 mmHg (lit.)

mp

20 °C (lit.)

密度

1.25 g/mL (lit.)

微量陽イオン

heavy metals (as Pb): ≤5 ppm

λ

1 cm path

UV吸収

λ: 205 nm Amax: 1.0
λ: 225 nm Amax: 0.40
λ: 280 nm Amax: 0.05
λ: 320 nm Amax: 0.02
λ: 340 nm Amax: 0.01
λ: 400 nm Amax: 0.01

適合性

suitable for component for culture media

SMILES string

OCC(O)CO

InChI

1S/C3H8O3/c4-1-3(6)2-5/h3-6H,1-2H2

InChI key

PEDCQBHIVMGVHV-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

詳細

グリセロールは、無臭、無色で粘性があり、甘味性の液体として存在します。石油化学原料からだけでなく、天然にも由来します。グリセロールは、幅広いアプリケーションを持ち、事実上最も高価値で汎用的な化学基質の1つです。医薬品の製剤化、化粧品、食料品、および洗面化粧品において、軟化剤、溶媒、甘味料として使用できます。非常に安定であり、常温で簡単に保存できます。また、非刺激性で、環境への悪影響もありません。

アプリケーション

グリセロールは、ポリアクリルアミドゲル電気泳動のための、サンプル調製およびゲル作成の両方に使用されます。グリセロール(5~10%)により、サンプルの密度が上がり、サンプルはゲルのサンプルウェルの底に層を形成します。またグリセロールは、グラジエントゲルの作成補助のためや、タンパク質の安定化剤および保存バッファー成分として使用されます。
グリセロールは、試料調製、ポリアクリルアミドゲル電気泳動用のゲル形成のいずれにも使用されます。グリセロール(5~10%)は、試料がゲル試料ウェルの底部で層状化するように試料の密度を増加させます。グリセロールは、グラジエントゲルのキャスティングを助ける目的で、またタンパク質安定剤および保存用緩衝液の成分としても使用されます。

包装

100, 500 mL in poly bottle
1 L in poly bottle

生物化学的/生理学的作用

グリセロールは、吸湿性であり、3つの親水性のアルコール性水酸基を有するため水に溶けます。分子間および分子内の両方の水素結合を形成し、非常に柔軟な分子を形成します。 グリセリンの生理学的効果は、細胞を介した免疫に基づき、IgGの生産とヒスタミンの遊離を増加させます。

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

390.2 °F - Pensky-Martens closed cup

引火点(℃)

199 °C - Pensky-Martens closed cup

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service