Merck
All Photos(4)

H5501

Sigma-Aldrich

4-ヒドロキシ安息香酸メチル

ReagentPlus®, ≥99.0%, crystalline

Synonym(s):
NIPAGIN, p-ヒドロキシ安息香酸メチルエステル, メチルパラベン
Linear Formula:
HOC6H4CO2CH3
CAS Number:
Molecular Weight:
152.15
Beilstein:
509801
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

品質水準

200

製品ライン

ReagentPlus®

アッセイ

≥99.0%

形態

crystalline

mp

125-128 °C (lit.)

SMILES string

COC(=O)c1ccc(O)cc1

InChI

1S/C8H8O3/c1-11-8(10)6-2-4-7(9)5-3-6/h2-5,9H,1H3

InChI key

LXCFILQKKLGQFO-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

アプリケーション

メチル4-ヒドロキシ安息香酸は以下に使用できます:
  • Drosophila melanogasterにおける伴性劣性致死(SLRL)試験法
  • クリーム製剤の成分
  • Drosophila melanogasterの培養における抗真菌剤

包装

1 kg in poly bottle
100, 500 g in poly bottle
5 kg in poly drum

生物化学的/生理学的作用

メチル4-ヒドロキシ安息香酸は、メチルパラベンまたはニパジンとも呼ばれ、p-ヒドロキシ安息香酸エステルを構成します。天然ではクラウドベリー、白ワイン、およびバーボンバニラ中に存在します。メチル4-ヒドロキシ安息香酸は、抗菌および抗真菌活性を持ち、食品、化粧品、および医薬品業界において保存料として商業的に使用されています。メチル4-ヒドロキシ安息香酸は、日光の存在下で、ケラチノサイトに対する細胞毒性を示します。メチル4-ヒドロキシ安息香酸は、太陽光照射により、DNA損傷に関与し、またエステラーゼ代謝を変化させることで皮膚の損傷を引き起こし、癌の伸展を促進します。メチル4-ヒドロキシ安息香酸は、エストロゲン作用を持ち、エストロゲン関連遺伝子を上方に調節します。

法的情報

ReagentPlus is a registered trademark of Sigma-Aldrich Co. LLC

ピクトグラム

Environment

危険有害性情報

注意書き

危険有害性の分類

Aquatic Chronic 2

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

334.4 °F

引火点(℃)

168 °C

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service