Merck

PHR1009

Supelco

カフェイン

Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
1,3,7-トリメチルキサンチン
実験式(ヒル表記法):
C8H10N4O2
CAS番号:
分子量:
194.19
Beilstein:
17705
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.24

グレード

certified reference material
pharmaceutical secondary standard

品質水準

認証

traceable to BP 766
traceable to Ph. Eur. C0100000
traceable to USP 1085003

APIファミリー

dimenhydrinate, caffeine, pentoxifylline

CofA

current certificate can be downloaded

テクニック

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

mp

234-236.5 °C (lit.)

アプリケーション

pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

保管温度

2-30°C

SMILES記法

CN1C(=O)N(C)c2ncn(C)c2C1=O

InChI

1S/C8H10N4O2/c1-10-4-9-6-5(10)7(13)12(3)8(14)11(6)2/h4H,1-3H3

InChI Key

RYYVLZVUVIJVGH-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
1085003C0100000BP766
カフェイン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

PHR1009

カフェイン

カフェイン United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

1085003

カフェイン

カフェイン European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard

C0100000

カフェイン

カフェイン British Pharmacopoeia (BP) Reference Standard

BP766

カフェイン

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

-

technique(s)

-

technique(s)

-

format

neat

format

neat

format

neat

format

neat

Quality Level

300

Quality Level

-

Quality Level

-

Quality Level

-

grade

certified reference material, pharmaceutical secondary standard

grade

pharmaceutical primary standard

grade

pharmaceutical primary standard

grade

pharmaceutical primary standard

storage temp.

2-30°C

storage temp.

-

storage temp.

-

storage temp.

2-8°C

詳細

品質管理を目的とする認定医薬品二次標準物質は、医薬品の研究室および製造者にとって、薬局方一次標準物質の代替品として使いやすくコスト効率が高い物質です。カフェインは、キサンチンのN-メチル誘導体であり、胃酸分泌、利尿および中枢神経系刺激に関与します。

アプリケーション

これらの二次標準物質は、認定標準物質として認められています。これらの二次標準物質は、製薬会社の出庫試験、定性的および定量的分析を目的とした製薬会社の方法開発、食品および飲料の品質管理試験、およびその他の校正要件を含む分析的用途への使用に適しています。
カフェインは、製剤、血漿、食品、飲料および生薬製品に含まれる分析物をクロマトグラフィー法で測定するときに、医薬品標準物質として使用できます。

生物化学的/生理学的作用

中枢神経系の刺激物質であり、アデノシンレセプターとモノアミン神経伝達物質を介して作用すると考えられています。アデノシンレセプターのアンタゴニストであり、アデノシン3′,5′-サイクリック一リン酸(cAMP)ホスホジエステラーゼのインヒビターです。よって、カフェイン処理した細胞ではcAMP量が上昇します。細胞のカルシウムレベルに与える影響に関しても報告されており、細胞内貯蔵からカルシウムを遊離するといわれています。プロテアーゼインヒビターのようなアポトーシスを阻止する化学物質の細胞周期に対する作用を無効にし、また、細胞のDNA修復機構を阻害することがわかっています。

アナリシスノート

このような2次標準は、USP、EP(PhEur)、BPの1次標準にマルチトレーサビリティを提供します。

その他情報

この認定標準物質(CRM)は、ISO 17034およびISO/IEC 17025に準拠して製造および認定されています。このCRMの使用に関する情報は、すべて分析証明書に記載されています。

脚注

この物質の分析証明書の例を見るには、下のスロットにLRAB7780と入力してください。これは単に証明書の例なので、受け取るロットではない場合があります。

おすすめ製品

Find a digital Reference Material for this product available on our online platform ChemisTwin® for NMR. You can use this digital equivalent on ChemisTwin® for your sample identity confirmation and compound quantification (with digital external standard). An NMR spectrum of this substance can be viewed and an online comparison against your sample can be performed with a few mouseclicks. Learn more here and start your free trial.

関連製品

製品番号
詳細
価格

ピクトグラム

Exclamation mark

シグナルワード

Warning

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

ISHL Indicated Name

名称等を表示すべき危険物及び有害物

ISHL Notified Names

名称等を通知すべき危険物及び有害物


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 6

1 of 6

テオフィリン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1023

テオフィリン

アセトアミノフェン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1005

アセトアミノフェン

カフェイン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1095

カフェイン

カフェイン 溶液 analytical standard, 1.0 mg/mL in methanol

Supelco

C6035

カフェイン 溶液

Orphenadrine Citrate Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1777

Orphenadrine Citrate

Simultaneous voltammetric determination of paracetamol and caffeine in pharmaceutical formulations using a boron-doped diamond electrode.
Lourenc?o BC
Talanta, 78(3), 748-752 (2009)
Simultaneous HPLC determination of caffeine, theobromine, and theophylline in food, drinks, and herbal products.
Srdjenovic B, et al.
Journal of Chromatographic Science, 46(2), 144-149 (2008)
Simultaneous determination of caffeine and non-steroidal anti-inflammatory drugs in pharmaceutical formulations and blood plasma by reversed-phase HPLC from linear gradient elution.
Mart?n MJ, et al.
Talanta, 49(2), 453-459 (1999)
Markus Fehrholz et al.
American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology, 306(1), L101-L109 (2013-10-29)
Factors positively influencing surfactant homeostasis in general and surfactant protein B (SP-B) expression in particular are considered of clinical importance regarding an improvement of lung function in preterm infants. The objective of this study was to identify effects of physiological
France Denoeud et al.
Science (New York, N.Y.), 345(6201), 1181-1184 (2014-09-06)
Coffee is a valuable beverage crop due to its characteristic flavor, aroma, and the stimulating effects of caffeine. We generated a high-quality draft genome of the species Coffea canephora, which displays a conserved chromosomal gene order among asterid angiosperms. Although

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先