すべての画像(1)

PHR1012

Supelco

メチルパラベン

Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

別名:
NIPAGIN, 4-ヒドロキシ安息香酸メチル, p-ヒドロキシ安息香酸メチルエステル, メチルパラベン
化学式:
HOC6H4CO2CH3
CAS番号:
分子量:
152.15
Beilstein:
509801
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
E番号:
E218
NACRES:
NA.24

品質水準

300

グレード

certified reference material
pharmaceutical secondary standard

CofA

current certificate can be downloaded

technique(s)

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

mp

125-128 °C (lit.)

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care
pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

薬局方トレーサビリティー

traceable to PhEur M1650000
traceable to USP 1432005

保管温度

2-30°C

SMILES string

COC(=O)c1ccc(O)cc1

InChI

1S/C8H8O3/c1-11-8(10)6-2-4-7(9)5-3-6/h2-5,9H,1H3

InChI key

LXCFILQKKLGQFO-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

メチルパラベンは抗真菌・抗細菌剤であり、化粧品、医薬品、食品および飲料に広く使用されています。
私たちが提供する品質管理アプリケーション用の医薬品の二次標準物質は、製薬企業の研究室および製造業者にとって、社内のワーキングスタンダード調製品に代わる便利でコスト効率の高い代替品です。

アプリケーション

これらの二次標準物質は、認証標準物質と同様に適格であることが確認されています。これらは、製薬企業での出荷判定試験、製薬企業での定性および定量分析法の開発、食品および飲料の品質管理試験ならびにその他の較正要件を含む(ただしこれらに限定されない)いくつかの分析法アプリケーションでの使用に適しています。
メチルパラベンは、逆相シーケンシャルインジェクションクロマトグラフィー(SIC)法および高速液体クロマトグラフィー法を用いて医薬品製剤中の分析物を定量する際の標準物質として使用されることがあります。

アナリシスノート

このような2次標準は、USP、EP(PhEur)、BPの1次標準にマルチトレーサビリティを提供します。

その他情報

この認証標準物質(CRM)は、ISO 17034およびISO/IEC 17025に準拠して製造および認定されています。このCRMの使用に関する情報は、すべて分析試験証明書に記載されています。

脚注

本物質の試験成績書の例を参照する場合は、下の欄にLRAC0280を入力してください。この成績書は一例であり、入手されたロットのものではない可能性があります。

ピクトグラム

Environment

危険有害性情報

注意書き

危険有害性の分類

Aquatic Chronic 2

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

334.4 °F

引火点(℃)

168 °C

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

その他のドキュメント

A novel gradient HPLC method for simultaneous determination of ranitidine, methylparaben and propylparaben in oral liquid pharmaceutical formulation
Kokoletsi XM, et al.
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, 38(4), 763-767 (2005)
Determination of ambroxol hydrochloride, methylparaben and benzoic acid in pharmaceutical preparations based on sequential injection technique coupled with monolithic column
Satinsky D, et al.
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, 40(2), 287-293 (2006)
Simultaneous determination of methylparaben, propylparaben, hydrocortisone acetate and its degradation products in a topical cream by RP-HPLC.
Hajkova R, et al.
Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis, 32(4-5), 921-927 (2003)
Gabriela Oliveira et al.
International journal of pharmaceutics, 435(1), 38-49 (2012-05-29)
Simple topical formulations which include volatile components, such as gels or sprays, are appealing from a cosmetic perspective. However, complex formulation effects may result from the use of volatile excipients in topical formulations, particularly when applied at clinically relevant doses
Ismail I Hewala et al.
Talanta, 88, 623-630 (2012-01-24)
Simple methods for HPTLC peak purity assessment and identification of the HPTLC peaks were presented. The spectrodensitograms - selected at different time intervals across the elution time of the HPTLC peak - were extracted and digital algorithms for manipulating the

プロトコル

HPLC Analysis of Paraben Preservatives on Discovery® C18

Separation of Methyl Paraben, analytical standard; Ethylparaben, United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard; Propylparaben, United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard; Butylparaben, United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先