すべての画像(1)

PHR1051

Supelco

プロピレングリコール

Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

別名:
1,2-プロパンジオール, プロピレングリコール
化学式:
CH3CH(OH)CH2OH
CAS番号:
分子量:
76.09
Beilstein:
1340498
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
E番号:
E1520
NACRES:
NA.24

品質水準

300

グレード

certified reference material
pharmaceutical secondary standard

蒸気密度

2.62 (vs air)

蒸気圧

0.08 mmHg ( 20 °C)

CofA

current certificate can be downloaded

自己発火温度

779 °F

expl. lim.

12.5 %

technique(s)

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

屈折率

n20/D 1.432 (lit.)

bp

187 °C (lit.)

mp

−60 °C (lit.)

密度

1.036 g/mL at 25 °C (lit.)

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care
pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

薬局方トレーサビリティー

traceable to USP 1576708

保管温度

2-30°C

SMILES string

CC(O)CO

InChI

1S/C3H8O2/c1-3(5)2-4/h3-5H,2H2,1H3

InChI key

DNIAPMSPPWPWGF-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

品質管理に適用される医薬品の二次標準物質であり、医薬品の研究室および製造業者にとって、社内ワーキングスタンダードの調製に代わる便利でコスト効果の高い代替手段となります。
プロピレングリコールは、一般に、局所皮膚用製剤の透過促進剤として、単独で、または他の透過促進剤(脂肪酸など)と組み合わせて使用されます。

アプリケーション

プロピレングリコールは、医薬製剤中の分析物をクロマトグラフィー法で測定する際に、医薬品標準物質として使用できます。
これらの二次標準物質は、認定標準物質として適格性が認定されています。これらは、医薬品出荷試験、定性・定量分析のための医薬品方法開発、食品・飲料の品質管理試験、およびその他の校正要件など(ただし、これらに限らない)いくつかの分析用途での使用に適しています。

アナリシスノート

このような2次標準は、USP、EP(PhEur)、BPの1次標準にマルチトレーサビリティを提供します。

その他情報

この認証参照物質(CRM)はISO 170344とISO/IEC 17025に従って作成され、認証されます。このCRMの使用に関するすべての情報は、分析証明書に記載されています。

脚注

この物質の分析証明書の例を見るには、下のスロットにLRAB9658と入力してください。これは単に証明書の例なので、受け取るロットではない場合があります。

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

217.4 °F - closed cup

引火点(℃)

103 °C - closed cup

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

Analysis of aldehydes in excipients used in liquid/semi-solid formulations by gas chromatography-negative chemical ionization mass spectrometry
Li Z, et al.
Journal of Chromatography A, 1160(1-2), 299-305 (2007)
Effect of finite doses of propylene glycol on enhancement of in vitro percutaneous permeation of loperamide hydrochloride
Trottet L, et al.
International Journal of Pharmaceutics, 274(1-2), 213-219 (2004)
Gai Ling Li et al.
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society, 84(1-2), 49-57 (2002-10-26)
To achieve a therapeutical effect of the anti-Parkinson's drug R-apomorphine via iontophoresis delivery, enhancement strategies in vitro were explored using three structurally related enhancers, lauric acid (LA), dodecyltrimethylammonium bromide (DTAB) and Laureth-3 oxyethylene ether (C(12)EO(3)). Human stratum corneum and shed
R S Rajasenan et al.
Toxicology and applied pharmacology, 135(1), 89-99 (1995-11-01)
Engrafting components of human immune systems in severe combined immunodeficient (SCID) mice has been utilized to investigate the pathogenesis of several human autoimmune diseases and may provide a model for studying idiosyncratic drug toxicity. The purpose of this investigation was
H K Vaddi et al.
Journal of pharmaceutical sciences, 91(7), 1639-1651 (2002-07-13)
The respective alcoholic terpenes carvacrol, linalool, and alpha-terpineol were used at 5% w/v in propylene glycol (PG) to increase the in vitro permeation of haloperidol (HP) through human skin. The possible enhancement mechanism was then elucidated with HP-stratum corneum (SC)

プロトコル

GC Analysis of Glycols on Nukol™

99%; Glycerol, ≥99.5%; Tetraethylene glycol, 99%

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先