Merck

PHR1091

Supelco

バニリン融点標準品

Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

ログインto View Organizational & Contract Pricing

別名:
バニリン, 4-ヒドロキシ-3-メトキシベンズアルデヒド, バニリン・アルデヒド
化学式:
4-(HO)C6H3-3-(OCH3)CHO
CAS番号:
分子量:
152.15
Beilstein:
472792
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.24

グレード

certified reference material
pharmaceutical secondary standard

品質水準

認証

traceable to USP 1711009

蒸気密度

5.3 (vs air)

蒸気圧

>0.01 mmHg ( 25 °C)

API family

vanillin

CofA

current certificate can be downloaded

technique(s)

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

bp

170 °C/15 mmHg (lit.)

mp

~Approximately 82 °C
81-83 °C (lit.)

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care
pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

保管温度

2-30°C

SMILES string

COc1cc(C=O)ccc1O

InChI

1S/C8H8O3/c1-11-8-4-6(5-9)2-3-7(8)10/h2-5,10H,1H3

InChI key

MWOOGOJBHIARFG-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
PHR124530304V1104
Vanillin melting point standard Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1091

バニリン融点標準品

Vanillin Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1245

バニリン

Vanillin certified reference material, TraceCERT®, Manufactured by: Sigma-Aldrich Production GmbH, Switzerland

Supelco

30304

バニリン

Vanillin ReagentPlus®, 99%

Sigma-Aldrich

V1104

バニリン

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

-

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care
pharmaceutical (small molecule)

application(s)

cleaning products
cosmetics
flavors and fragrances
food and beverages
personal care
pharmaceutical (small molecule)

application(s)

food and beverages

application(s)

-

format

neat

format

neat

format

neat

format

-

storage temp.

2-30°C

storage temp.

2-30°C

storage temp.

-

storage temp.

-

Quality Level

300

Quality Level

300

Quality Level

300

Quality Level

200

詳細

単にバニリンとも呼ばれるバニリン融点標準品は芳香族化合物で、食品の香り付けに使用されています。生合成ではフェニルプロパノイド経路と関係があります。 主に食品、飲料、香水および医薬品に使用されています。
品質管理用途の認定済み医薬品二次標準として、薬局方収載の一次標準の代わりとなる簡便で費用効果の高いものとして、医薬品研究室および製造者に提供されています。

アプリケーション

これらの二次標準物質は、認証標準物質として適切と評価されています。これらは、医薬品出荷試験、定性・定量分析のための医薬品方法開発、食品・飲料の品質管理試験、およびその他の校正要件など(ただし、これらに限らない)いくつかの分析用途での使用に適しています。
通常、加熱ステージと温度調整器を備えた光学偏光顕微鏡で熱顕微鏡的観察を行う際に、加熱ステージを校正する参照標準として使用されています。

アナリシスノート

このような2次標準は、USP、EP(PhEur)、BPの1次標準にマルチトレーサビリティを提供します。

その他情報

この認証標準物質(CRM)は、ISO 17034およびISO/IEC 17025に基づいて製造および認証されています。このCRMの使用に関するすべての情報は分析証明書に記載されています。

脚注

この材料の分析証明書の例を参照するには、下のスロットのLRAB1953にアクセスしてください。これは証明書の例であり、貴社が受け取るロットではありません。

おすすめ製品

Find a digital Reference Material for this product available on our online platform ChemisTwin® for NMR. You can use this digital equivalent on ChemisTwin® for your sample identity confirmation and compound quantification (with digital external standard). An NMR spectrum of this substance can be viewed and an online comparison against your sample can be performed with a few mouseclicks. Learn more here and start your free trial.

ピクトグラム

Exclamation mark

シグナルワード

Warning

危険有害性情報

危険有害性の分類

Eye Irrit. 2

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

319.6 - 321.4 °F - closed cup

引火点(℃)

159.8 - 160,8 °C - closed cup


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

労働安全衛生法名称等を表示すべき危険物及び有害物

名称等を表示すべき危険物及び有害物

労働安全衛生法名称等を通知すべき危険物及び有害物

名称等を通知すべき危険物及び有害物


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 7

1 of 7

Vanillin certified reference material, TraceCERT®, Manufactured by: Sigma-Aldrich Production GmbH, Switzerland

Supelco

30304

バニリン

Phenacetin Melting Point Standard United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1514008

フェナセチン

Melting point standard 121-123°C analytical standard

Supelco

76170

Melting point standard 121-123°C

Vanillin United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1710006

バニリン

Acetanilide Melting Point Standard United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1004001

アセトアニリド

Biotechnological production of vanillin.
Priefert, H., J. Rabenhorst, and A. Steinbuchel
Applied Microbiology and Biotechnology, 56.3-4, 296-314 (2001)
Crystal architecture and physicochemical properties of felodipine solvates.
Surov, Artem O., et al.
CrystEngComm, 15.30, 6054-6061 (2013)
Ana Rita Brochado et al.
Biotechnology and bioengineering, 110(2), 656-659 (2012-09-26)
Overproduction of a desired metabolite is often achieved via manipulation of the pathway directly leading to the product or through engineering of distant nodes within the metabolic network. Empirical examples illustrating the combined effect of these local and global strategies
Igor A O Reis et al.
Food chemistry, 135(4), 2453-2461 (2012-09-18)
A single-step selective separation of two food additives was investigated using alcohol-salt aqueous two-phase systems (ATPS). The selective partitioning of two of the most used additives from a processed food waste material, vanillin and l-ascorbic acid, was successfully accomplished. The
Yavuz Yardım et al.
Food chemistry, 141(3), 1821-1827 (2013-07-23)
A method for the determination of food additive vanillin was developed by adsorptive stripping voltammetry. Its determination was carried out at the anodically pre-treated boron-doped diamond electrode in aqueous solutions. Using square-wave stripping mode, the compound yielded a well-defined voltammetric

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先