Merck

PHR1235

Supelco

レチニル・パルミタート(ビタミンAパルミタート)

Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
パルミチン酸レチニル, all−trans−レチノールパルミタート, パルミチン酸ビタミンA
実験式(ヒル表記法):
C36H60O2
CAS番号:
分子量:
524.86
Beilstein:
1917366
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.24

グレード

certified reference material
pharmaceutical secondary standard

品質水準

認証

traceable to USP 1602502

API family

retinyl compounds

CofA

current certificate can be downloaded

technique(s)

HPLC: suitable
gas chromatography (GC): suitable

application(s)

pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

保管温度

2-8°C

SMILES string

CC1=C(/C=C/C(C)=C/C=C/C(C)=C/COC(CCCCCCCCCCCCCCC)=O)C(C)(C)CCC1

InChI

1S/C36H60O2/c1-7-8-9-10-11-12-13-14-15-16-17-18-19-25-35(37)38-30-28-32(3)23-20-22-31(2)26-27-34-33(4)24-21-29-36(34,5)6/h20,22-23,26-28H,7-19,21,24-25,29-30H2,1-6H3/b23-20+,27-26+,31-22+,32-28+

InChI key

VYGQUTWHTHXGQB-FFHKNEKCSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
R1512PHR123646959-U
vibrant-m

R1512

パルミチン酸レチニル

vibrant-m

PHR1236

酢酸レチニル

vibrant-m

46959-U

パルミチン酸レチノール

format

neat

format

-

format

neat

format

neat

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

-

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

technique(s)

HPLC: suitable, gas chromatography (GC): suitable

Quality Level

300

Quality Level

200

Quality Level

300

Quality Level

100

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

-10 to -25°C

grade

certified reference material, pharmaceutical secondary standard

grade

-

grade

certified reference material, pharmaceutical secondary standard

grade

analytical standard

詳細

品質管理に適用される認証薬剤二次標準は、製薬研究室や製薬会社にとって、薬局方一次標準に代わる便利でコスト効率の高い代替物となります。
パルミチン酸レチノールは、ビタミンAと化学的に類似したレチノイドと呼ばれる化合物のカテゴリに属します。視力、皮膚、および免疫機能に有益な作用を示し、細胞増殖を抑制してがんを予防します。これは、重要な食品化合物であり治療用化合物です。

アプリケーション

これらの二次標準は、認証標準物質として認可されています。これらは、医薬品出荷試験、医薬品の定性および定量分析手法の開発、食品および飲料の品質管理試験、およびその他の較正要件などを含む、多くの分析用途に適しています。
パルミチン酸レチノールは、処方製剤中の分析対象物をクロマトグラフ法および分光光度法により測定するための薬剤標準物質として使用できます。

生物化学的/生理学的作用

レビュー:ビタミンA代謝。

アナリシスノート

このような2次標準は、USP、EP(PhEur)、BPの1次標準にマルチトレーサビリティを提供します。

その他情報

この認証標準物質(CRM)は、ISO 17034およびISO/IEC 17025に準拠して製造および認証されています。このCRMの使用に関する情報は、すべて分析証明書に記載されています。

脚注

この物質の分析証明書の実例を参照するには、下のスロットにLRAC1694と入力してください。これは証明書の例に過ぎず、お客様が受領したロットのものではない場合があります。

ピクトグラム

Health hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Aquatic Chronic 3 - Repr. 1B

保管分類コード

6.1C - Combustible, acute toxic Cat.3 / toxic compounds or compounds which causing chronic effects

WGK

WGK 2

引火点(°F)

No data available

引火点(℃)

No data available


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 6

1 of 6

リボフラビン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1054

リボフラビン

レチノール synthetic, ≥95% (HPLC), (Powder or Powder with Lumps)

Sigma-Aldrich

R7632

レチノール

Retinyl acetate United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard, solution of retinyl acetate (vitamin A) in peanut oil

USP

1716002

Retinyl acetate

酢酸レチニル synthetic, crystalline solid or supercooled liquid

Sigma-Aldrich

R4632

酢酸レチニル

Vitamin A Palmitate-β-cyclodextrin inclusion complexes: Characterization, protection and emulsification properties
Vilanova N and Solans C
Food Chemistry, 175(1-2), 529 -5535 (2015)
Development of a method for quantitation of retinol and retinyl palmitate in human serum using high-performance liquid chromatography -atmospheric pressure chemical ionization -mass spectrometry
van Breemen RB, et al.
Journal of Chromatography A, 794(1-2), 245-251 (1998)
S Pedersen-Bjergaard et al.
Journal of chromatography. A, 876(1-2), 201-211 (2000-05-24)
Microemulsion electrokinetic chromatography (MEEKC) was carried out in a pH 2.5 phosphate buffer to effectively suppress the electroosmotic flow (EOF). With 66.6% (w/w) 25 mM phosphate buffer pH 2.5, 20.0% (w/w) 2-propanol, 6.6% (w/w) 1-butanol, 6.0% (w/w) sodium lauryl sulphate
M Weintraub et al.
The Journal of clinical endocrinology and metabolism, 84(7), 2532-2536 (1999-07-15)
To further confirm the benefit of replacement therapy in terms of risk for coronary artery disease, we evaluated the effect of T4 on postprandial lipoproteins in patients with hypothyroidism. Nine normolipidemic patients (aged 62.75+/-7.6 yr) with TSH of 32.2+/-13.2 mU/L
I J Martins et al.
Biochimica et biophysica acta, 1081(3), 328-338 (1991-02-05)
There are inverse relationships between HDL cholesterol and plasma triacylglycerol concentrations in normal and in hypertriglyceridemic individuals. To investigate the interactions between triacylglycerol-rich lipid particles and HDL, a lipid emulsion model of the triacylglycerol-rich lipoproteins was prepared. When emulsion particles

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先