Merck

Y0000786

ロスマリン酸

European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
(R)-O-(3,4-ジヒドロキシシンナモイル)-3-(3,4-ジヒドロキシフェニル)乳酸, 3,4-ジヒドロキシ桂皮酸(R)-1-カルボキシ-2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)エチルエステル
実験式(ヒル表記法):
C18H16O8
CAS番号:
分子量:
360.31
Beilstein:
2227587
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.24

グレード

pharmaceutical primary standard

APIファミリー

rosmarinic acid

メーカー/製品名

EDQM

mp

171-175 °C (lit.)

アプリケーション

pharmaceutical (small molecule)

フォーマット

neat

保管温度

2-8°C

SMILES記法

OC(=O)[C@@H](Cc1ccc(O)c(O)c1)OC(=O)\C=C\c2ccc(O)c(O)c2

InChI

1S/C18H16O8/c19-12-4-1-10(7-14(12)21)3-6-17(23)26-16(18(24)25)9-11-2-5-13(20)15(22)8-11/h1-8,16,19-22H,9H2,(H,24,25)/b6-3+/t16-/m1/s1

InChI Key

DOUMFZQKYFQNTF-WUTVXBCWSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
1605952R4033536954
ロスマリン酸 European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard

Y0000786

ロスマリン酸

ロスマリン酸 United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

1605952

ロスマリン酸

ロスマリン酸 ≥98% (HPLC), from Rosemarinus officinalis L.

R4033

ロスマリン酸

ロスマリン酸 96%

536954

ロスマリン酸

grade

pharmaceutical primary standard

grade

pharmaceutical primary standard

grade

-

grade

-

format

neat

format

neat

format

-

format

-

application(s)

pharmaceutical (small molecule)

application(s)

pharmaceutical (small molecule)

application(s)

metabolomics
vitamins, nutraceuticals, and natural products

application(s)

-

API family

rosmarinic acid

API family

rosmarinic acid

API family

-

API family

-

mp

171-175 °C (lit.)

mp

171-175 °C (lit.)

mp

171-175 °C (lit.)

mp

171-175 °C (lit.)

詳細

この製品は薬局方標準品です。発行元の薬局方により製造・供給されています。MSDSを含む製品情報などの詳しい情報は、発行元の薬局方のウェブサイトよりご確認ください。

アプリケーション

Rosmarinic acid EP Reference standard, intended for use in laboratory tests only as specifically prescribed in the European Pharmacopoeia.

生物化学的/生理学的作用

Rosmarinic acid has shown to contain antioxidant and anti-inflammatory activities. Possesses promising physiological actions related to cognitive performance, Alzheimer′s disease prevention, kidney disease treatment, cardioprotection and cancer chemoprevention.

包装

The product is delivered as supplied by the issuing Pharmacopoeia. For the current unit quantity, please visit the EDQM reference substance catalogue.

その他情報

Sales restrictions may apply.

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 7

1 of 7

カフェイン酸 matrix substance for MALDI-MS, ≥99.0% (HPLC)

Supelco

60018

カフェイン酸

trans-フェルラ酸 European Pharmacopoeia (EP) Reference Standard

Y0001013

trans-フェルラ酸

Carnosol analytical standard

Supelco

49702

Carnosol

Carnosol

Sigma-Aldrich

C9617

Carnosol

ルチン 三水和物 analytical standard

Supelco

78095

ルチン 三水和物

ルテイン Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1699

ルテイン

カフェイン酸 ≥98.0% (HPLC)

Sigma-Aldrich

C0625

カフェイン酸

Miguel Alcaraz et al.
Anticancer research, 34(4), 1913-1921 (2014-04-03)
Rosmarinic acid is an ester of caffeic acid with interesting biological activities including antioxidant effects and scavenging of oxygen-free radicals. To determine the potentially paradoxical effect of rosmarinic acid, typically being radioprotective when applied to non-tumorous cells, yet conversely displaying
Luciana Garros Ferreira et al.
Acta cirurgica brasileira, 28 Suppl 1, 83-87 (2013-02-13)
The rationale of the present review is to analize the activity of Rosmarinus officinalis in the the cardiovascular system A MEDLINE database search (from January 1970 to December 2011) using only rosmarinic acid as searched term. The references search revealed
Victor P Bulgakov et al.
Critical reviews in biotechnology, 32(3), 203-217 (2011-08-16)
Rosmarinic acid (RA) is one of the first secondary metabolites produced in plant cell cultures in extremely high yields, up to 19% of the cell dry weight. More complex derivatives of RA, such as rabdosiin and lithospermic acid B, later
Maike Petersen et al.
Phytochemistry, 70(15-16), 1663-1679 (2009-06-30)
Rosmarinic acid and chlorogenic acid are caffeic acid esters widely found in the plant kingdom and presumably accumulated as defense compounds. In a survey, more than 240 plant species have been screened for the presence of rosmarinic and chlorogenic acids.
Maike Petersen et al.
Phytochemistry, 62(2), 121-125 (2002-12-17)
Rosmarinic acid is an ester of caffeic acid and 3,4-dihydroxyphenyllactic acid. It is commonly found in species of the Boraginaceae and the subfamily Nepetoideae of the Lamiaceae. However, it is also found in species of other higher plant families and

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先