Merck
All Photos(3)

179337

Sigma-Aldrich

メタノール

ACS reagent, ≥99.8%

Synonym(s):
メチルアルコール
Linear Formula:
CH3OH
CAS Number:
Molecular Weight:
32.04
Beilstein:
1098229
EC 番号:
MDL番号:
eCl@ss:
39020101
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.21

グレード

ACS reagent

品質水準

200

蒸気密度

1.11 (vs air)

蒸気圧

410 mmHg ( 50 °C)
97.68 mmHg ( 20 °C)

アッセイ

≥99.8%

形態

liquid

自己発火温度

725 °F

expl. lim.

36 %

不純物

H2SO4, passes test (darkened)
MnO4- reducers, passes test
≤0.0002 meq/g Titr. base
≤0.0003 meq/g Titr. acid
≤0.001% acetaldehyde
≤0.001% acetone
≤0.001% formaldehyde
≤0.1% water

蒸発残留物質

≤0.001%

APHA: ≤10
clear

屈折率

n20/D 1.329 (lit.)

bp

64.7 °C (lit.)

mp

−98 °C (lit.)

密度

0.791 g/mL at 25 °C (lit.)

SMILES string

CO

InChI

1S/CH4O/c1-2/h2H,1H3

InChI key

OKKJLVBELUTLKV-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

メタノールは、CuO/ZnO/Al2O3触媒存在下、合成ガスから合成される有機溶媒です。その高いH/C率、スス発生の低さ、比較的低い改質温度、そして室温で液体として存在することから、燃料電池技術における水素源として理想的な候補です。メタノールは、直接的なメタノール燃料電池(DMFC)において、空気による酸化を受けて電気を生成します。MTO(メタノールからオレフィン)プロセスを介してメタノールから生成されたオレフィン(エチレンまたはプロピレン)は、炭化水素燃料を生産するためのオイルやガスの代わりになります。
メタノールは、形状選択的ゼオライトの存在下、C2-C10炭化水素への熱化学変換を受けることが報告されています。ルテニウム吸着原子によるRu-Pt触媒システム上での酸化が提案されています。

アプリケーション

メタノールは、スポッテッドサンドバス(Paralabrax maculatofasciatus)の幼生から分離されたアルカリ性プロテアーゼアイソフォームの、ドデシル硫酸ナトリウム-ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)解析用の溶媒として使用されています。Capsicum annum果皮抽出液由来カロテンおよびキサントフィルの、HPLCによる分離および定量に使用されています。

包装

500 mL in glass bottle
1, 6×1, 2.5, 4×2.5, 4, 4×4 L in glass bottle
4×4 L in poly bottle
18 L in steel drum
20 L in Pure-Pac™ 2
200 L in Pure-Pac™ 1
200 L in Pure-Pac™ 2
200 L in steel drum

ピクトグラム

FlameSkull and crossbonesHealth hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性の分類

Acute Tox. 3 Dermal - Acute Tox. 3 Inhalation - Acute Tox. 3 Oral - Flam. Liq. 2 - STOT SE 1

ターゲットの組織

Eyes

保管分類コード

3 - Flammable liquids

WGK

WGK 2

引火点(°F)

49.5 °F - closed cup

引火点(℃)

9.7 °C - closed cup

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service