すべての画像(1)

41640

Sigma-Aldrich

ジメチルスルホキシド

puriss. p.a., ACS reagent, ≥99.9% (GC)

別名:
メチルスルホキシド, DMSO
化学式:
(CH3)2SO
CAS番号:
分子量:
78.13
Beilstein:
506008
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.21

品質水準

300

グレード

ACS reagent
puriss. p.a.

蒸気密度

2.7 (vs air)

蒸気圧

0.42 mmHg ( 20 °C)

アッセイ

≥99.9% (GC)

形態

liquid

自己発火温度

573 °F

expl. lim.

42 %, 63 °F

不純物

≤0.001% free acid (as CH3COOH)
≤0.1% water

蒸発残留物質

≤0.005%

屈折率

n20/D 1.479 (lit.)
n20/D 1.479

bp

189 °C (lit.)

mp

16-19 °C (lit.)
18-20 °C

密度

1.10 g/mL (lit.)

微量陽イオン

Al: ≤0.5 mg/kg
Ba: ≤0.1 mg/kg
Bi: ≤0.1 mg/kg
Ca: ≤0.5 mg/kg
Cd: ≤0.05 mg/kg
Co: ≤0.02 mg/kg
Cr: ≤0.02 mg/kg
Cu: ≤0.02 mg/kg
Fe: ≤0.5 mg/kg
K: ≤0.5 mg/kg
Li: ≤0.1 mg/kg
Mg: ≤0.1 mg/kg
Mn: ≤0.02 mg/kg
Mo: ≤0.1 mg/kg
Na: ≤1 mg/kg
Ni: ≤0.5 mg/kg
Pb: ≤0.1 mg/kg
Sr: ≤0.1 mg/kg
Zn: ≤0.1 mg/kg

SMILES string

CS(C)=O

InChI

1S/C2H6OS/c1-4(2)3/h1-2H3

InChI key

IAZDPXIOMUYVGZ-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

ジメチルスルホキシド(DMSO)は極性溶媒です。 求電子試薬(塩化オキサリル)で活性化したDMSOは各種アルコール(一級、二級、アリル、ベンジル、立体障害のある、および二環アルコール)の酸化に用いられています。カルボニル化合物は反応生成物として作られます。 DMSOは非常に安定性に優れているため、メチルセロソルブに使用する代替溶媒として提案されています。

注意

容易に過冷却状態となり、室温で徐々に再融解します。凝固している場合は室温に放置すると、劣化させることなく液体に戻すことができます。

その他情報

ジメチルスルホキシドの混和性に関する情報については、以下のリンクにアクセスしてください:
ジメチルスルホキシドの混和性/非混和性に関する表
合成用の試薬として使用します

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

188.6 °F - closed cup

引火点(℃)

87 °C - closed cup

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

Birgit Dreier et al.
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 805, 261-286 (2011-11-19)
Ribosome display has proven to be a powerful in vitro selection and evolution method for generating high-affinity binders from libraries of folded proteins. It has been successfully applied to single-chain Fv fragments of antibodies and alternative scaffolds, such as Designed
A.J. Mancuso et al.
Synthesis, 165-165 (1981)
Oxidation of alcohols by ?activated? dimethyl sulfoxide. A preparative, steric and mechanistic study.
Omura K and Swern D.
Tetrahedron, 34(11), 1651-1660 (1978)
A RAPID PERMETHYLATION OF GLYCOLIPID, AND POLYSACCHARIDE CATALYZED BY METHYLSULFINYL CARBANION IN DIMETHYL SULFOXIDE.
S HAKOMORI
Journal of biochemistry, 55, 205-208 (1964-02-01)
Amino acid analysis: aqueous dimethyl sulfoxide as solvent for the ninhydrin reaction.
S Moore
The Journal of biological chemistry, 243(23), 6281-6283 (1968-12-10)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先