Merck
All Photos(1)

83264

Sigma-Aldrich

HEPES緩衝液

1 M in H2O

Synonym(s):
N-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-N′-(2-エタンスルホン酸), HEPES 溶液
CAS Number:
MDL番号:
eCl@ss:
32129211
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

品質水準

100

形態

liquid

濃度

1 M in H2O
238 g/L HEPES in H2O

不純物

DNases, none detected
RNases, none detected
insoluble matter, passes filter test
phosphatases, none detected
proteases, none detected

pH

5.5±0.5

useful pH range

6.8-8.2

密度

1.07 g/mL at 20 °C

application(s)

diagnostic assay manufacturing

SMILES string

OCCN1CCN(CCS(=O)(O)=O)CC1

InChI

1S/C8H18N2O4S/c11-7-5-9-1-3-10(4-2-9)6-8-15(12,13)14/h11H,1-8H2,(H,12,13,14)

InChI key

JKMHFZQWWAIEOD-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

HEPESは、生物学的研究に利用できる最良の万能緩衝液の一つとして報告されています。生物学的pHでは、分子は両性イオンであり、pH 6.8~8.2での緩衝剤として効果的です。HEPESは、組織培養など様々な用途に使用されています。通常、細胞培養液を大気条件下で緩衝するために使用されます。HEPESは、Mg(マグネシウム)に関するin vitro実験にも使用されます。

アプリケーション

HEPESは以下の目的で使用されています:
  • S. Typhymurium接種菌の培養に使用するSAPI培地の成分として
  • PC12細胞用の分化培地を調製するために。これは、培地RPMIの成分でもあります
  • ラット皮質ニューロンを培養するための解剖用緩衝液の成分として
  • 哺乳動物シナプスを検出するためのmGRASP法における低張緩衝液中のMgCl2、KClおよびスペルミンとともに
  • アガロースゲル調製に使用されるDanieu水槽水の成分として

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, multi-purpose combination respirator cartridge (US)

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

More Documents

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service