Merck
All Photos(3)

A3678

Sigma-Aldrich

過硫酸アンモニウム

for molecular biology, suitable for electrophoresis, ≥98%

Synonym(s):
AP, APS, PER, ペルオキシ二硫酸アンモニウム, ペルオキソ二硫酸アンモニウム
Linear Formula:
(NH4)2S2O8
CAS Number:
Molecular Weight:
228.20
EC 番号:
MDL番号:
eCl@ss:
38030421
PubChem Substance ID:
NACRES:
NB.22

グレード

for molecular biology

品質水準

200

蒸気密度

7.9 (vs air)

アッセイ

≥98%

形態

powder

reaction suitability

reagent type: oxidant

technique(s)

electrophoresis: suitable

微量陰イオン

chloride (Cl-): <10 ppm

微量陽イオン

Fe: <10 ppm
heavy metals (as Pb): <50 ppm

その他の活性

DNAse, none detected
Protease, none detected
RNAse, none detected

SMILES string

N.N.OS(=O)(=O)OOS(O)(=O)=O

InChI

1S/2H3N.H2O8S2/c;;1-9(2,3)7-8-10(4,5)6/h2*1H3;(H,1,2,3)(H,4,5,6)

InChI key

ROOXNKNUYICQNP-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

過硫酸アンモニウム(APS)は、ポリアクリルアミドゲル調製の生化学および分子生物学において広く使用されている試薬です。APSは、塩基触媒メカニズムにより水溶液中で酸素フリーラジカルを生成します。触媒として最も一般的に使用される塩基は、TEMED(N,N,N',N'-テトラメチルエチレンジアミン)またはDMAPN(3-ジメチルアミノプロピオニトリル)のような第三級アミンです。フリーラジカルがアクリルアミドとビス-アクリルアミドの重合を引き起こすことにより、ゲルマトリックスが生成し、これは高分子をサイズにより分離することに使用できます。APSは、光開始架橋化学によるタンパク質間相互作用の研究にも利用されています。

アプリケーション

過硫酸アンモニウムは、ポリアクリルアミドゲルおよびアクリルアミドヒドロゲルの調製に使用されています。
アクリルアミド重合反応の触媒として作用します。

包装

25, 100 g in poly bottle

アナリシスノート

アクリルアミド重合反応用として試験済み

ピクトグラム

Flame over circleExclamation markHealth hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral - Eye Irrit. 2 - Ox. Sol. 3 - Resp. Sens. 1 - Skin Irrit. 2 - Skin Sens. 1 - STOT SE 3

ターゲットの組織

Respiratory system

保管分類コード

5.1B - Oxidizing hazardous materials

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Faceshields, Gloves, type P3 (EN 143) respirator cartridges

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

More Documents

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service