Merck
All Photos(8)

A5441

Sigma-Aldrich

モノクロナール抗β-アクチン マウス宿主抗体

clone AC-15, ascites fluid

Synonym(s):
モノクロナール抗β-アクチン
NACRES:
NA.41

由来生物

mouse

品質水準

300

結合体

unconjugated

抗体製品の状態

ascites fluid

antibody product type

primary antibodies

クローン

AC-15, monoclonal

分子量

antigen 42 kDa

含みます

15 mM sodium azide

species reactivity

pig, Hirudo medicinalis, bovine, rat, canine, feline, human, rabbit, carp, mouse, guinea pig, chicken, sheep

should not react with

Dictyostelium discoideum

technique(s)

immunohistochemistry (formalin-fixed, paraffin-embedded sections): suitable
indirect ELISA: suitable
indirect immunofluorescence: 1:1,000-1:2,000 using cultured human or chicken fibroblasts
western blot: 1:5,000-1:10,000 using cultured human or chicken fibroblast cell extracts

アイソタイプ

IgG1

UniProtアクセッション番号

application(s)

research pathology

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... ACTB(60)
mouse ... Actb(11461)
rat ... Actb(81822)

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

詳細

モノクローナル抗β-アクチン(マウスIgG1アイソタイプ)は、マウス骨髄腫細胞と免疫マウスの脾細胞を融合して産出したAC-15ハイブリドーマに由来します。アクチンは、最も保存されている真核生物タンパク質の1つであり、哺乳動物および鳥類で少なくとも6つのアイソフォームとして発現します。うち4つのアイソフォームは、筋組織を区別するマーカーであり、そのうちの2つはほとんど全ての細胞に発現しています。アイソフォームには、3つのαアクチン(α骨格、α心臓、およびα平滑筋)、1つのβアクチン(β非筋肉)、および2つのγアクチン(γ平滑筋およびγ非筋肉)があります。アクチンのアイソフォームは、全体では90%以上の配列相同性を示しますが、N末端の18残基では50~60%となります。アクチンのN末端領域は、主な抗原領域であるとみられ、ミオシンなどの他のタンパク質とのアクチンの相互作用に関与している可能性があります。本抗体は、アセトン固定凍結切片の染色、EM調製、およびマイクロインジェクション実験に使用できます。B5、エタノール、メタカン、またはブアン液が、固定化に使用できます。本抗体によって認識されるエピトープは、ホルマリン固定やパラフィン包埋に抵抗性です。
本抗体は、ニワトリ砂嚢超薄組織凍結切片の免疫染色において、濃密体、およびデスミンと膜結合濃密斑によって占有される濃密体に連続して繋がる経線チャンネルを標識化します。本抗体は、非筋細胞サンプルのコンタミネーションの痕跡がある場合や、胚組織が使用される場合を除いて、成体の心臓および骨格筋を染色しません。

免疫原

β-アクチンのN末端細胞質領域を若干改変したペプチド′(Ac-Asp-Asp-Asp-Ile-Ala-Ala-Leu-Val-Ile-Asp-Asn-Gly-Ser-Gly-Lys)のKLH結合体。

アプリケーション

マウスで産生されたモノクローナル抗β-アクチン抗体は、以下の用途でも使用されています:
  • 免疫蛍光染色
  • 免疫ブロット法
  • 免疫組織染色
  • タンパク質アレイのコントロールとして
モノクローナルマウス抗-アクチンは、ラット肝臓タンパク質ライセートのウェスタンブロット解析における、ローディングコントロールとして使用されています。
モノクローナルマウス抗-アクチン抗体は、ラット脊髄後根神経節共培養から免疫沈降したタンパク質の、ウェスタンブロット解析におけるローディングコントロールとして使用されています。

生物化学的/生理学的作用

アクチンとミオシンは、多くの種類の細胞の成分であり、運動、細胞質分裂、細胞質流動、分泌およびファゴサイトーシスを含めた無数の細胞プロセスに関与しています。さまざまな種の細胞内および組織起源細胞内のアクチンは、免疫学的および生理学的特徴において非常に類似しています。

物理的形状

保存料として15 mMのアジ化ナトリウムを含む腹水として提供されます。

その他情報

アクチン抗体セレクションガイドについては、www.sigmaaldrich.com/actinをご参照ください。

免責事項

弊社カタログまたは製品に付随する他社の文書内に別途記述のある場合を除き、弊社の製品は研究のみでの使用を意図したものであり、無許可での市販、in vitro診断、ex vivoまたはin vivoでの治療、あるいは、ヒトまたは動物に対するすべての種類の消費またはアプリケーションを含む、他のいかなる目的にも使用できません。

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service