Merck

C1562

Sigma-Aldrich

凍結容器、Nalgene® Mr. Frosty

H × diam. 86 mm × 117 mm

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
freezer container, freezer storage, storage container
NACRES:
NB.22

メーカー/製品名

Nalgene®

H ×直径

86 mm × 117 mm

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
BAF188440000Z756644Z756628
凍結容器、Nalgene® Mr. Frosty H × diam. 86 mm × 117 mm

C1562

凍結容器、Nalgene® Mr. Frosty

Freezer storage box, 81-place green

Z756644

Freezer storage box, 81-place

Freezer storage box, 81-place natural

Z756628

Freezer storage box, 81-place

H × diam.

86 mm × 117 mm

H × diam.

-

H × diam.

-

H × diam.

-

詳細

ポリカーボネート容器、青色の高密度ポリエチレン製の栓、白色の高密度プリエチレン性のバイアルホルダー、フォームインサート。
細胞の凍結保存を問題なく行うために必要な反復可能な臨界冷却速度(1℃/分)が可能。すべての機械式冷凍庫で簡単に使用できます。容器には指示が図示されています。イソプロピルアルコールのみが必要です。硬いバイアルホルダーはバイアルがアルコールと接触することを防ぎ、吸い上げによる混入を防ぎます。バイアルホルダーは浮きますので、ウォーターバス中で解凍を行えます。特定のために成形された数字。

すべての構成要素は反復凍結/解凍サイクルに耐えます。積み重ね可能。

アプリケーション

凍結容器、Nalgene Mr. Frostyは、植物細胞、プロトプラスト、PBMC(末梢血単核細胞)の凍結に使用できます。

適合性

18 x 1.2および2.0 mLクライオバイアルを保持

法的情報

Nafion is a trademark of The Chemours Company FC, LLC
Nalgene is a registered trademark of Thermo Fisher Scientific or its subsidiaries

試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

Helen A Fletcher et al.
Vaccine, 26(41), 5269-5275 (2008-08-07)
In clinical trials recombinant-modified vaccinia virus Ankara expressing the Mycobacterium tuberculosis antigen 85A (MVA85A) induces approximately 10 times more effector T cells than any other recombinant MVA vaccine. We have found that in BCG primed subjects MVA85A vaccination reduces transforming
Arend F van Peer et al.
Applied and environmental microbiology, 75(5), 1243-1247 (2008-12-31)
Phleomycin is mutagenic by introducing double-strand breaks in DNA. The ble gene of Streptoalloteychus hindustanus, which confers resistance to this substance, is widely used as a selection marker for transformation. Schizophyllum commune grows on 25 microg of phleomycin ml(-1) after
Vanessa Cristina de Oliveira et al.
PloS one, 15(7), e0235856-e0235856 (2020-07-11)
Gene editing in large animal models for future applications in translational medicine and food production must be deeply investigated for an increase of knowledge. The mitochondrial transcription factor A (TFAM) is a member of the HMGB subfamily that binds to
Lise M van Wijk et al.
Cancers, 12(10) (2020-10-03)
Recent studies have shown that the efficacy of PARP inhibitors in epithelial ovarian carcinoma (EOC) is related to tumor-specific defects in homologous recombination (HR) and extends beyond BRCA1/2 deficient EOC. A robust method with which to identify HR-deficient (HRD) carcinomas
Ji-Suk Cho et al.
Applied microbiology and biotechnology, 73(6), 1470-1476 (2006-10-06)
Transgenic suspension cells of Oryza sativa L. cv. Dongjin utilized as a host for producing recombinant human cytotoxic T-lymphocyte antigen 4-immunoglobulin (hCTLA4Ig) were preserved in liquid nitrogen (-196 degrees C) after slow prefreezing in a deep freezer (-70 degrees C).

資料

Organoid culture FAQs. Learn how to culture and analyze organoids following established 3D cell culture protocols. Tips and tricks.

オルガノイド培養に関するFAQ3D細胞培養プロトコルに従ったオルガノイドの培養・分析方法をご覧ください。ヒントとコツ。

プロトコル

Cell culture protocol for high cell viability freezing using cryopreservation reagents like DMSO. Free handbook download.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先