すべての画像(1)

C6628

Sigma-Aldrich

クロロキン 二リン酸塩

powder or crystals, 98.5-101.0% (EP)

別名:
N4-(7-クロロ-4-キノリニル)-N1,N1-ジメチル-1,4-ペンタンジアミン 二リン酸塩, N4-(7-クロロキノリン-4-イル)-N1,N1-ジエチルペンタン-1,4-ジアミンジホスフェート
Empirical Formula (Hill Notation):
C18H26ClN3 · 2H3PO4
CAS番号:
分子量:
515.86
Beilstein:
4223142
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.77

品質水準

200

アッセイ

98.5-101.0% (EP)

形態

powder or crystals

mp

193-198 °C
200 °C (dec.) (lit.)

作用機序

enzyme | inhibits

抗生物質活性スペクトル

parasites

SMILES string

OP(O)(O)=O.OP(O)(O)=O.CCN(CC)CCCC(C)Nc1ccnc2cc(Cl)ccc12

InChI

1S/C18H26ClN3.2H3O4P/c1-4-22(5-2)12-6-7-14(3)21-17-10-11-20-18-13-15(19)8-9-16(17)18;2*1-5(2,3)4/h8-11,13-14H,4-7,12H2,1-3H3,(H,20,21);2*(H3,1,2,3,4)

InChI key

QKICWELGRMTQCR-UHFFFAOYSA-N

Gene Information

human ... ABCC1(4363)

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

クロロキンは、キノロンファミリーに属している、弱いインターカレーター試薬です。クロロキンは、アメーバ症、関節リウマチ、円板状および全身性エリテマトーデスの治療に使用されます。

アプリケーション

DNAインターカレーター。また、トランスフェクション効率を上げるために使用されます。
クロロキン二リン酸塩は以下のことに使用されています:
  • in vitroでの抗マラリアアッセイ
  • トランスフェクションおよび感染アッセイ
  • オートファジー阻害
  • 人工多能性幹細胞(iPS)の心筋細胞への分化
  • 感染血液のフロートリートメント

包装

25, 50, 100, 250 g in glass bottle

生物化学的/生理学的作用

抗マラリア薬の標準薬です。多剤耐性細胞株のMRPに対する基質であり、光活性を有するキノリン骨格の薬剤IAAQ(N-[4-[1-ヒドロキシ-2-(ジブチルアミノ)エチル]キノリン-8-イル]-4-アジドサリチルアミド)によるMRPの光親和性標識を阻害します。

特徴および利点

本化合物は、ADME Tox研究用製品として提供されています。ADME Tox製品に関する詳細については、こちらをクリックしてください。他の研究領域の生物活性低分子に関する詳細については、sigma.com/discover-bsmをご参照ください。

ピクトグラム

Exclamation mark

シグナルワード

Warning

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

E2F1 modulates p38 MAPK phosphorylation via transcriptional regulation of ASK1 and Wip1
Hershko T, et al.
The Journal of Biological Chemistry, 281(42), 31309-31316 (2006)
Screening of medicinal plants from Reunion Island for antimalarial and cytotoxic activity
Jonville MC, et al.
Journal of Ethnopharmacology, 120(3), 382-386 (2008)
Malaria theranostics using hemozoin-generated vapor nanobubbles
Lukianova-Hleb EY and Lapotko DO
Theranostics, 4(7), 761-761 (2014)
Pompe disease results in a Golgi-based glycosylation deficit in human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes
Raval KK, et al.
The Journal of Biological Chemistry, 290(5), 3121-3136 (2015)
Mechanism of inhibition of DNA gyrase by analogues of nalidixic acid: the target of the drugs is DNA
Shen LL and Pernet AG
Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 82(2), 307-311 (1985)

資料

オートファジーはがん細胞の薬剤耐性化を促進する

『オートファジーはがん細胞の薬剤耐性化を促進する』という記事を紹介します

Autophagy in Cancer Promotes Therapeutic Resistance

We presents an article on Autophagy in Cancer Promotes Therapeutic Resistance

Protein-based Drug Transport

Protein-based drug transporters are found in most tissues including liver, kidney, intestine, and brain. These transporters are particularly important in cancer treatment and multi-drug resistance research. Understanding the specific mechanisms of tumor cell transporters is becoming an essential aspect of chemotherapeutic drug design.

関連コンテンツ

Discover Bioactive Small Molecules for ADME/Tox

Discover Bioactive Small Molecules for ADME/Tox

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先