Merck

C6745

Sigma-Aldrich

IV型コラーゲン ヒト細胞培養液由来

Bornstein and Traub Type IV, 0.3 mg/mL, sterile-filtered, BioReagent, suitable for cell culture

ログイン組織・契約価格を表示する

CAS番号:
EC Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.75

由来生物

human cell culture

品質水準

無菌性

sterile-filtered

製品種目

BioReagent

形状

solution

分子量

170—180 kDa

包装

pkg of 1 mL

濃度

0.3 mg/mL

テクニック

cell culture | mammalian: suitable

表面被覆率

6‑10 μg/cm2

不純物

HBSAG, none detected
HCV, none detected
HIV-1/HIV-2, none detected

NCBIアクセッション番号

UniProtアクセッション番号

結合特異性

Peptide Source: Laminin

Peptide Source: Nidogen

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

遺伝子情報

human ... COL4A1(1282)

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
C5533C8919C9791
コラーゲン ヒト胎盤由来 Bornstein and Traub Type IV, powder, BioReagent, suitable for cell culture

C5533

コラーゲン ヒト胎盤由来

Sigma-Aldrich

C8919

コラーゲン from calf skin

コラーゲン from calf skin Bornstein and Traub Type I, solid, BioReagent, suitable for cell culture

C9791

コラーゲン from calf skin

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

biological source

human cell culture

biological source

human placenta

biological source

bovine (calf) skin

biological source

bovine (calf) skin

concentration

0.3 mg/mL

concentration

-

concentration

(0.1% solution in 0.1 M acetic acid)

concentration

-

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

mol wt

170—180 kDa

mol wt

-

mol wt

-

mol wt

-

詳細

COL4A1(コラーゲンタイプIV α1鎖)は、コラーゲンファミリーに属しています。N-末端の7Sドメイン、C-末端の球状ドメイン(NC1)、およびGly-X-Yリピートの短い挿入をともなう中心の三重らせん部分を持っています。基底膜におけるタイプIVコラーゲンの重要な成分です。COL4A1遺伝子は、ヒトクロモソーム13q34に位置します
ヒト線維芽細胞・上皮細胞共培養系由来のコラーゲンIVは、in vitro ECM(細胞外マトリックス)を形成し、3次元細胞培養の優れた生物学的スキャフォールドとして機能します。

コラーゲンIVは、2本のα1様鎖と1本のα2様鎖を含むヘテロ三量体分子です。胚形成の完了に必要であると考えられており、適切な組織構造および構造的完全性にとって必要です。 in vitroにおいて、多くの種類の細胞の付着と増殖を強化する基質として使用されます。ヒト線維芽細胞および上皮細胞が産生したコラーゲンIVは、さらに生化学的に精製され、25%酢酸中で濃度0.3 mg/mlの滅菌溶液として提供されます。

アプリケーション

ヒト培養細胞由来コラーゲンタイプIVは、iPSC(人工多能性幹細胞)の培養および分化に使用されています。また、膜のコーティングにも使用されています。

生物化学的/生理学的作用

COL4A1(コラーゲンタイプIV α1鎖)関連の疾患は、肺合併症に関連しています。この遺伝子は、基底膜の安定性に必要な主成分です。COL4A1における変異は、家族性脳孔症、小児片麻痺、脳小血管病(CSVD)、および出血性卒中を引き起こします。

特徴および利点

  • This Collagen Type IV product is generated by human fibroblasts and epithelial cells in a co-culture system, which produces an ECM in vitro.
  • The Collagen Type IV is then purified biochemically.
  • It is sterilized by dialysis in an acetic acid and 0.5% chloroform solution and is supplied sterile at a concentration of ~0.3 mg/ml in 25% acetic acid.

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Telomere length defines the cardiomyocyte differentiation potency of mouse induced pluripotent stem cells.
Aguado T, et al.
Stem Cells, 35(2), 362-373 (2017)
Epidemiologically and clinically relevant Group B Streptococcus isolates do not bind collagen but display enhanced binding to human fibrinogen.
Dramsi S, et al.
Microbes and Infection, 14(12), 1044-1048 (2012)
Novel mutations in three families confirm a major role of COL4A1 in hereditary porencephaly.
Breedveld G, et al.
Journal of medical Genetics, 43(6), 490-495 (2006)
Association of COL4A1 gene polymorphisms with cerebral palsy in a Chinese Han population.
Bi D, et al.
Clinical Genetics, 90(2), 149-155 (2016)
Chiyi Xiong et al.
Scientific reports, 10(1), 520-520 (2020-01-18)
The tyrosine kinase receptor EphB4 is frequently overexpressed in ovarian and other solid tumors and is involved in interactions between tumor cells and the tumor microenvironment, contributing to metastasis. Trans-interaction between EphB4 and its membrane-bound ligand ephrin B2 (EFNB2) mediates

資料

Extracellular matrix proteins such as laminin, collagen, and fibronectin can be used as cell attachment substrates in cell culture.

ラミニン、コラーゲン、フィブロネクチンなどの細胞外基質タンパク質は細胞培養の際の細胞接着基質として使用されます。

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先