Merck
All Photos(5)

C7661

Sigma-Aldrich

コラーゲン from rat tail

Bornstein and Traub Type I, powder, BioReagent, suitable for cell culture

CAS Number:
EC 番号:
MDL番号:
NACRES:
NA.75

由来生物

rat tail

品質水準

200

無菌性

non-sterile

製品種目

BioReagent

形状

powder

包装

glass bottle of 5 mg

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

表面被覆率

6‑10 μg/cm2

溶解性

0.1 M acetic acid: 1 mg/mL (Allow to stir at room temperature 1-3 hours until dissolved.)

UniProtアクセッション番号

輸送温度

dry ice

保管温度

2-8°C

Gene Information

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

Col1a1(コラーゲン、I型、α1)またはコラーゲンは、原繊維の形態で集まった、重要な構造的ヒトタンパク質です。非常に長く、薄い、人体で最も豊富に見出されるタンパク質です。3本の左巻きポリペプチド鎖で形成される、右巻き螺旋の高次コイルです。これらの鎖は~1040アミノ酸で構成されており、各鎖は基本的に3つのアミノ酸の反復、すなわち、-(Gly-X-Y)nからなっています。Glyはグリシンで、XおよびYはあらゆるアミノ酸が可能ですが、通常ヒトでは、それぞれプロリンおよびヒドロキシプロリンになっています。[1]

アプリケーション

ラット尾由来のコラーゲンは、以下の用途に使用されます。
  • 免疫組織化学[2]
  • 細胞活性アッセイ[3]
  • 後根神経節(DRG)移植片培養物の生成[4]
  • (NMR装置において)官能化面を調製する際の成分の1つとして[5]
  • 細胞培養(コラーゲンと混合した高濃度のナノワイヤーでカバーガラスがコートされました)[6]
  • マイクロチャンネルの生物機能化[7]

本製品は、組織培養プレート上に薄層を生成して接着依存性細胞が容易に付着できるようにすることを意図したものであり、6~10 μg/cm2で使用することが推奨されます。 3次元ゲルの作成は意図していません。 I型コラーゲンは、接着下層として、しばしば細胞培養に使用されており、筋芽細胞、脊髄神経節、肝細胞、胎児肺、心臓外植体、線維芽細胞、内皮細胞、および膵島細胞のすべてにおいて、I型コラーゲンのフィルムまたはゲル上での培養からは好成績が得られています。I型コラーゲンは、特発性肺線維症(IPF)の研究に使用して、小胞体(RE)ストレスを介したIPFが肺線維芽細胞に及ぼす影響を検討できる可能性もあります。 酸性溶液中のコラーゲンは、生物工学および細胞培養の用途に使用する、3次元の足場を作成することができます。

包装

5 mg in glass bottle
10, 25, 50, 100 mg in poly bottle

生物化学的/生理学的作用

コラーゲンは、結合組織に不可欠な成分です。中国人家族の研究から、COL1A1(I型コラゲナーゼ)の突然変異がI型骨形成不全と関連していることが示されています。[8][8]コラーゲンは、肋軟骨下の骨代謝回転と関連していますが、これに加えて、骨関節炎における関節空間の狭窄および骨棘の状態を判定するマーカーとしての可能性も有していると考えられます[9]

構成

すべてのコラーゲン分子は、三重螺旋構造に配置された3つのポリペプチド鎖で構成されます。その一次構造の大部分は、グリシンが3番目ごとに配置されるモチーフの反復で、グリシン残基の前にはしばしばプロリンまたは4-ヒドロキシプロリンが配置されています。 I型コラーゲンは、リシンのヒドロキシル化率が低いことと、炭化水素成分が少ないという点で、他のコラーゲンと異なっています。

調製ノート

本製品は、Bornstein, M.B., Lab. Invest., 7, 134 (1958)の抽出法の変法によって調製されました。 0.1 M酢酸に1 mg/mLの濃度で溶かすことができますが、溶解するまで室温で1~3時間撹拌し続けなければなりません。

その他情報

コラーゲンは、構造的および遺伝的に異なる、多くの種類に分類されます。弊社では、BornsteinおよびTraubが提唱した命名法を使用しています。一般に認められているコラーゲンの分類型と、シグマの形式名を混同しないようにしてください。

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


Regulatory Listings

Regulatory Listings are mainly provided for chemical products. Only limited information can be provided here for non-chemical products. No entry means none of the components are listed. It is the user’s obligation to ensure the safe and legal use of the product.

ISHL Indicated Name

名称等を表示すべき危険物及び有害物

ISHL Notified Names

名称等を通知すべき危険物及び有害物

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service