Merck
All Photos(3)

E5036

Sigma-Aldrich

上皮増殖因子、ヒト、アニマル成分フリー

EGF, recombinant, expressed in Escherichia coli, >97% (SDS-PAGE)

Synonym(s):
上皮増殖因子 ヒト, EGF, LONG® EGF
CAS Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.77

由来生物

human

品質水準

200

リコンビナント

expressed in E. coli

アッセイ

>97% (SDS-PAGE)

形態

lyophilized powder

有効性

0.08-0.8 ng/mL EC50

分子量

~6 kDa

包装

pkg of 200 and 500 μg

保管条件

avoid repeated freeze/thaw cycles

不純物

≤1 EU/μg Endotoxin

white

溶解性

water: soluble 0.190-0.210, clear, colorless

UniProtアクセッション番号

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... EGF(1950)

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

詳細

上皮増殖因子(EGF)は、小分子分裂促進性ポリペプチド(約6 kDa)で、多くの哺乳類種に存在し、多数の組織および体液に分布します。†∼ヒトEGFは、胃酸分泌阻害能に基づいて認識され分離されたポリペプチドであるβ-ウロガストロンと同一の分子です。 EGFは、3つのジスルフィド結合を形成する6つの保存されたシステインモチーフを特徴とする増殖因子ファミリーのひとつです。組み換えヒトEGFの3つの鎖内ジスルフィド結合の位置は、マウスEGFと同一です。EGFは、ワクシニアウイルスの19 kDaのタンパク質に含まれるある配列と相同であり、このウイルスは細胞に侵入するためにEGF受容体を利用すると考えられます。† EGFは、線維芽細胞、グリア細胞、乳腺上皮細胞、血管および角膜の内皮細胞、ウシ顆粒膜細胞、ウサギ軟骨細胞、ヒーラー細胞、SV40-3T3細胞など、表皮および上皮のさまざまな細胞の分裂を促進します。
上皮増殖因子(EGF)は、腎臓のヘンレ係蹄および遠位曲尿細管中で合成されます。′また、唾液腺および十二指腸でも産生されます。

アプリケーション

上皮増殖因子(ヒト、アニマル成分フリー)は、次の用途で使用されています。
  • 肝細胞株を培養するために、LHC-8培地のサプリメントとして。
  • ヒトグリオーマ細胞の初代培養に用いるウシ胎仔血清(FBS)-ダルベッコ改変必須培地(DMEM)/F12培地に使用。
  • 子宮内膜癌(EC)細胞の遊走および浸潤に対する作用を研究するために、正常線維芽細胞(NF)の条件培地の添加剤として。
  • 腫瘍球培地の成分として。′

生物化学的/生理学的作用

上皮増殖因子(EGF)は、細胞の成長、増殖および分化の誘発に寄与します。EGFは腎組織の修復に関与します。EGFは、一過性受容体電位カチオンチャネル6(TRMP6)を介して、マグネシウムの再吸収を促進します。EGFは、薬物誘発性腎マグネシウム喪失の病態生理に関与することが知られています。

引用

1. Carpenter, G., and Cohen, S., Rapid enhancement of protein phosphorylation in A-431 cell membrane preparations by epidermal growth factor. Annu. Rev. Biochem., 48, 193-216 (1979).
2. Gregory, H., Isolation and structure of urogastrone and its relationship to epidermal growth factor. Nature, 257, 325-327 (1975).
3. George-Nascimento, C. et al., Characterization of recombinant human epidermal growth factor produced in yeast. Biochemistry, 27, 797-802 (1988).
4. Todaro, G.J. et al., Transforming growth factors produced by certain human tumor cells: polypeptides that interact with epidermal growth factor receptors. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 77, 5258-5262 (1980).
5. Blomquist, M.C. et al., Vaccinia virus 19-kilodalton protein: relationship to several mammalian proteins, including two growth factors. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 81, 7363-7367 (1984).
6. Eppstein, D.A. et al., Epidermal growth factor receptor occupancy inhibits vaccinia virus infection. Nature, 318, 663-665 (1985).

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 2

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service