Merck
All Photos(1)

F0895

Sigma-Aldrich

ヒト血漿フィブロネクチン

liquid, 0.1% (Solution), BioReagent, suitable for cell culture

Synonym(s):
フィブロネクチン 溶液 ヒト線維芽細胞由来
MDL番号:
eCl@ss:
42020141
NACRES:
NA.75

由来生物

human plasma

品質水準

200

無菌性

sterile

製品種目

BioReagent

形状

liquid

包装

pkg of 1 mg
pkg of 2 mg
pkg of 5 mg

濃度

0.1% (Solution)

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

表面被覆率

1‑5 μg/cm2

溶解性

saline: 0.05 M (Tris-buffered)

UniProtアクセッション番号

輸送温度

wet ice

保管温度

2-8°C

Gene Information

human ... FN1(2335)

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

フィブロネクチン1は、FN1遺伝子によってコードされる、細胞外マトリックスの糖タンパク質です。血漿や細胞表面に発現しています。FN1遺伝子は、ヒトクロモソーム2q35にマッピングされています。[1]

アプリケーション

ヒト血漿フィブロネクチンは、H2O2の摂取速度の測定に使用されています。[2]また、細胞培養用のSylgard®モデルのコーティングにも使用されています。[3]また、細胞接着や、ポリマーフィルム上へのタンパク質の直接パターニングにも使用されています。[4][5]

生物化学的/生理学的作用

フィブロネクチン1(FN1)は、細胞の接着、増殖、遊走、創傷治癒、血液凝固、および転移などに関与しています。[1]FN1の変異は、糸球体症を引き起こします。細胞の接着や伸展、細胞骨格の制御、形態学や分化において重要な役割を果たします。FN1はまた、細胞外マトリックスの形成、止血、血栓症にも関与しています。[6]

調製ノート

本製品は、フィブロネクチンの0.1%溶液です。タンパク質の均一性は、免疫電気泳動によって評価されており、また、エンドトキシン試験済みです。原料は、HIV、ならびにB型およびC型肝炎ウイルスに陰性です。

培養用の表面コーティングでは、フィブロネクチンを滅菌緩衝塩溶液で希釈し、できるだけ少ない液量でコーティングしてください。 その後、表面を45分間、室温で乾燥させます。2~8°Cで2~4週間保存できます。

アナリシスノート

タンパク質の均一性は免疫電気泳動法により確認されています。

法的情報

Sylgard is a registered trademark of The Dow Chemical Company or an affiliated company of Dow

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


Regulatory Listings

Regulatory Listings are mainly provided for chemical products. Only limited information can be provided here for non-chemical products. No entry means none of the components are listed. It is the user’s obligation to ensure the safe and legal use of the product.

ISHL Indicated Name

名称等を表示すべき危険物及び有害物

ISHL Notified Names

名称等を通知すべき危険物及び有害物

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service