Merck
すべての画像(1)

G2133

Sigma-Aldrich

グルコースオキシダーゼ from Aspergillus niger

Type VII, lyophilized powder, ≥100,000 units/g solid (without added oxygen)

別名:
β-D-グルコース:酸素 1-オキシドレダクターゼ, GOx, G.Od.
CAS番号:
EC番号:
EC 番号:
MDL番号:

品質水準

200

タイプ

Type VII

形態

lyophilized powder

specific activity

≥100,000 units/g solid (without added oxygen)

分子量

160 kDa

含まれません

extender

組成

Protein, ≥60%

application(s)

diagnostic assay manufacturing

その他の活性

Catalase ≤10 Sigma units/mg protein

輸送温度

wet ice

保管温度

−20°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

分子量:160 kDa(ゲルろ過物)
pl:4.2
吸光係数:E1% = 16.7 (280 nm)

Aspergillus niger由来のグルコースオキシダーゼは、分子量各80 kDaの2つの同じサブユニットから成る二量体です。各サブユニットには、1つのフラビンアデニンジヌクレオチド分子および1つの鉄イオンが含まれています。この酵素は、約16%の天然糖および2%のアミノ糖を含む糖タンパク質です。この酵素には3つのシステイン残基および8つのN結合グルコシル化潜在部位も含まれています

グルコースオキシダーゼはD-アルドヘキソース、モノデオキシ-D-グルコースおよびメチル-D-グルコースをさまざまな速度で酸化させる能力があります。

グルコースオキシダーゼの最適pHは5.5ですが、広い活性範囲(ph 4~7)を持ちます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースに特異的で、KMは33~110 mMです。

グルコースオキシダーゼは活性因子を必要としませんが、Ag+、Hg2+、Cu2+、フェニル水銀アセテートおよび p-クロロ水銀ベンゾエートで阻害されます。グルコースオキシダーゼは非金属SH試薬では阻害されません。N-エチルマレイミド、イオドアセテートおよびイオドアセトアミド。

グルコースオキシダーゼは溶液中のD-グルコースの酵素的測定に使用できます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースをD-グルコノ乳酸および過酸化水素に酸化し、ホースラディッシュペルオキシダーゼがグルコース測定の際の共役酵素としてしばしば使用されます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースに特異的ですが、D-グルコースの溶液はα-D-グルコースとして定量でき、β-D-グルコースが酵素的反応で消費されるとα-D-グルコースはβ-D-グルコースに変旋光します。

アプリケーション

いくつかの論文は、以下のとおり、プロトコルおよびさまざまなアプリケーションでのG2133グルコースオキシダーゼの使用を引用しています。
a) Biosensor development:
  • Diazoresin nanofilm coatings on alginate microspheres: Srivastava, R. et al., Biotechnol.Bioeng., 91(1), 124-131 (2005).
  • Paper-based glucose biosensor: Lankelma, J. et al., Anal.Chem., 84(9), 417-4152 (2012)
  • Microfluidic device with glucose oxidase immobilized on hydrogel for glucose analysis of blood: He, R.-Y. et al., RSC Adv., 9, 32367-32374 (2019).
b) Single-molecule FRET study of human RAD51 filament formation: Subramanyam, S. et al., Methods Enzymol., 600, 201-232 (2018).
c) Enzymatic fuel-cells with chitosan-based membranes: Bahar, T., and Yazici, M.S., Electroanalysis, 32(6), 1304-1314 (2020).
グルコースオキシダーゼは、食品および製薬業界で広く使用されており、またグルコースバイオセンサーの主要な成分でもあります。

生物化学的/生理学的作用

グルコースオキシダーゼは、電子受容体としての分子酸素により、β-d-グルコースからd-グルコノ-β-ラクトンおよび過酸化水素への酸化を触媒します。

品質

微量のアミラ-ゼ, マルタ-ゼ, グリコゲナ-ゼ, インベルタ-ゼ, ガラクト-スオキシダ-ゼを含有する場合があります。

単位の定義

1単位はpH 5.1、35°Cで、毎分1.0 μモルのβ-D-グルコースをD-グルコノラクトンとH2O2に酸化し、毎分22.4 μLのO2吸収と等価です。反応混合物を酸素で飽和した場合には、活性は100%まで増加する可能性があります。

物理的形状

凍結乾燥品(リン酸バッファ-塩と塩化ナトリウムを含有)

アナリシスノート

タンパク質はBiuret法で測定。

ピクトグラム

Health hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Resp. Sens. 1

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Faceshields, Gloves

試験成績書(COA)

ロット番号を入力して試験成績書(COA)を検索してください。

原産地証明書(COO)

ロット番号を入力して原産地証明書(COO)を検索してください。

その他の資料

Quotes and Ordering

Feng Liu et al.
The Journal of investigative dermatology, 129(2), 422-431 (2008-10-31)
Microphthalmia-associated transcription factor (MiTF) is a key transcription factor for melanocyte lineage survival. Most previous work on this gene has been focused on its role in development. A role in carcinogenesis has emerged recently, but the mechanism is unclear. We
Komal Sodhi et al.
Scientific reports, 8(1), 9721-9721 (2018-06-28)
As aging involves oxidant injury, we examined the role of the recently described Na/K-ATPase oxidant amplification loop (NKAL). First, C57Bl6 old mice were given a western diet to stimulate oxidant injury or pNaKtide to antagonize the NKAL. The western diet
Amjad Askary et al.
Nature biotechnology, 38(1), 66-75 (2019-11-20)
Molecular barcoding technologies that uniquely identify single cells are hampered by limitations in barcode measurement. Readout by sequencing does not preserve the spatial organization of cells in tissues, whereas imaging methods preserve spatial structure but are less sensitive to barcode
Hua Zhang et al.
Cancer cell, 37(1), 37-54 (2019-12-31)
Cyclin-dependent kinase 7 (CDK7) is a central regulator of the cell cycle and gene transcription. However, little is known about its impact on genomic instability and cancer immunity. Using a selective CDK7 inhibitor, YKL-5-124, we demonstrated that CDK7 inhibition predominately
Fernanda C P F Sales et al.
Lab on a chip, 13(3), 468-474 (2012-12-18)
An intravenous implantable glucose/dioxygen hybrid enzyme-Pt micro-biofuel cell (BFC) was investigated. In this miniaturized BFC, a flexible carbon fiber (FCF) microelectrode modified with neutral red redox mediator and glucose oxidase was used as the bioanode, and an FCF modified with

プロトコル

Enzymatic Assay of Glucose Oxidase

Enzymatic Assay of Glucose Oxidase

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先