Merck

G5516

Sigma-Aldrich

グリセロール

for molecular biology, ≥99.0%

ログインto View Organizational & Contract Pricing

Select a Size

別名:
1,2,3-プロパントリオール, グリセリン
化学式:
HOCH2CH(OH)CH2OH
CAS番号:
分子量:
92.09
Beilstein:
635685
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.31

グレード

for molecular biology
reagent

品質水準

蒸気密度

3.1 (vs air)

蒸気圧

<1 mmHg ( 20 °C)

アッセイ

≥99.0%

形状

viscous liquid

自己発火温度

698 °F

expl. lim.

≥2.7-19.0 %

technique(s)

MALDI-MS: suitable

不純物

<5 ppm Iron
<5 ppm heavy metal
<5 ppm magnesium

屈折率

n20/D 1.474 (lit.)

pH

5.5-8

bp

182 °C/20 mmHg (lit.)

mp

20 °C (lit.)

溶解性

water: 1 mL/mL, clear, colorless

密度

1.25 g/mL (lit.)

微量陽イオン

Fe: ≤5 ppm
Mg: ≤5 ppm
heavy metals (as Pb): <5 ppm

その他の活性

DNase, RNase, NICKase, and protease, none detected

SMILES string

OCC(O)CO

InChI

1S/C3H8O3/c4-1-3(6)2-5/h3-6H,1-2H2

Inchi Key

PEDCQBHIVMGVHV-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
15523G627949779
Glycerol for molecular biology, &#8805;99.0%

Sigma-Aldrich

G5516

グリセロール

-
Glycerol puriss., meets analytical specification of Ph. Eur., BP, USP, FCC, E422, anhydrous, 99.0-101.0% (alkalimetric)

Sigma-Aldrich

15523

グリセロール

Essential Grade
Glycerol BioXtra, &#8805;99% (GC)

Sigma-Aldrich

G6279

グリセロール

Premium Grade
Glycerol tested according to Ph. Eur., anhydrous

Sigma-Aldrich

49779

グリセロール

-
vapor density

3.1 (vs air)

vapor density

3.1 (vs air)

vapor density

3.1 (vs air)

vapor density

3.1 (vs air)

vapor pressure

<1 mmHg ( 20 °C)

vapor pressure

<1 mmHg ( 20 °C)

vapor pressure

<1 mmHg ( 20 °C)

vapor pressure

<1 mmHg ( 20 °C)

assay

≥99.0%

assay

99.0-101.0% (alkalimetric), 99.0-101.0% (calc. on H2O free substance)

assay

≥99% (GC)

assay

-

form

viscous liquid

form

viscous liquid

form

viscous liquid

form

liquid

autoignition temp.

698 °F

autoignition temp.

698 °F

autoignition temp.

698 °F

autoignition temp.

698 °F

詳細

グリセロールは、無臭、無色で粘性があり、甘味性の液体として存在します。石油化学原料からだけでなく、天然にも由来します。グリセロールは、幅広いアプリケーションを持ち、事実上最も高価値で汎用的な化学基質の1つです。医薬品の製剤化、化粧品、食料品、および洗面化粧品において、軟化剤、溶媒、甘味料として使用できます。非常に安定であり、常温で簡単に保存できます。また、非刺激性で、環境への悪影響もありません。

アプリケーション

グリセロールは、以下に使用されています:
  • Mycobacterium tuberculosisおよび Mycobacterium aviumの培養における添加剤。
  • 酵素的バイオ燃料電池の設計における燃料。
  • 中性および酸性糖鎖の解析のための、4-HCCAおよび3-アミノ­キノリンとの液体混成マトリックス。
  • 高速原子衝撃MSのためのマトリックス。
  • MALDI(マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法)解析による定量実験のための液体マトリックス。
グリセロールは、試料調製、ポリアクリルアミドゲル電気泳動用のゲル形成のいずれにも使用されます。グリセロール(5~10%)は、試料がゲル試料ウェルの底部で層状化するように試料の密度を増加させます。グリセロールは、グラジエントゲルのキャスティングを助ける目的で、またタンパク質安定剤および保存用緩衝液の成分としても使用されます。

生物化学的/生理学的作用

グリセロールは、吸湿性であり、3つの親水性のアルコール性水酸基を有するため水に溶けます。分子間および分子内の両方の水素結合を形成し、非常に柔軟な分子を形成します。 グリセリンの生理学的効果は、細胞を介した免疫に基づき、IgGの生産とヒスタミンの遊離を増加させます。

特徴および利点

This product has been analyzed for the presence of nucleases and proteases.

その他情報

The product is intended for laboratory use only, and it is not suitable for drug, household, or other purposes.

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

390.2 °F - Pensky-Martens closed cup

引火点(℃)

199 °C - Pensky-Martens closed cup

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

消防法

第4類:引火性液体
第三石油類
危険等級III
水溶性液体


Certificates of Analysis (COA)

Search for Certificates of Analysis (COA) by entering the products Lot/Batch Number. Lot and Batch Numbers can be found on a product’s label following the words ‘Lot’ or ‘Batch’.

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 6

1 of 6

Glycerol anhydrous for synthesis

Sigma-Aldrich

8.18709

グリセロール

Glycerol Molecular Biology Grade

Millipore

356352-M

グリセロール

Glycerol

Supelco

1.04092

グリセロール

Glycerin United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1295607

グリセリン

Glycerol FCC, FG

Sigma-Aldrich

W252506

グリセロール

Development of glycerol/O 2 biofuel cell
Arechederra, Robert L., Becky L. Treu, and Shelley D. Minteer
Journal of Power Sources, 173 (1), 156-161 (2007)
The Future of Glycerol
Mario Pagliaro, Michele Rossi
Royal Society of Chemistry, 170-170 (2010)
Analysis of native milk oligosaccharides directly from thin-layer chromatography plates by matrix-assisted laser desorption/ionization orthogonal-time-of-flight mass spectrometry with a glycerol matrix
Dreisewerd, Klaus, et al
Journal of the American Society For Mass Spectrometry, 17(2) , 139-150 (2006)
Comparison of the sensitivities of various derivatives of oligosaccharides in LC/MS with fast atom bombardment and electrospray ionization interfaces
Suzuki, Shigeo, Kazuaki Kakehi, and Susumu Honda
Analytical Chemistry, 68 (13) , 2073-2083 (1996)
Ionic-liquid matrices for quantitative analysis by MALDI-TOF mass spectrometry
Li, Ying L., and Michael L. Gross
Journal of the American Society For Mass Spectrometry, 15 (12), 1833-1837 (2004)

プロトコル

Calcium Phosphate Transfection Kit Protocol

Calcium phosphate transfection is a common method for the introduction of DNA into eukaryotic cells. This protocol can be optimized for use with a wide variety of cell types.

Yeast Growth Protocols

Yeasts are considered model systems for eukaryotic studies as they exhibit fast growth and have dispersed cells. Yeast cultures can be grown, maintained, and stored in liquid media or on agar plates using techniques similar to those for bacterial cultures.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先