Merck
すべての画像(1)

G6766

Sigma-Aldrich

グルコースオキシダーゼ from Aspergillus niger

2,000-10,000 units/g solid (without added oxygen)

別名:
β-D-グルコース:酸素 1-オキシドレダクターゼ, GOx, G.Od.
CAS番号:
EC番号:
EC 番号:
MDL番号:

形態

powder

specific activity

2,000-10,000 units/g solid (without added oxygen)

分子量

160 kDa

保管温度

−20°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

詳細

分子量:160 kDa(ゲルろ過物)
pl:4.2
吸光係数:E1% = 16.7 (280 nm)

Aspergillus niger由来のグルコースオキシダーゼは、分子量各80 kDaの2つの同じサブユニットから成る二量体です。各サブユニットには、1つのフラビンアデニンジヌクレオチド分子および1つの鉄イオンが含まれています。この酵素は、約16%の天然糖および2%のアミノ糖を含む糖タンパク質です。この酵素には3つのシステイン残基および8つのN結合グルコシル化潜在部位も含まれています

グルコースオキシダーゼはD-アルドヘキソース、モノデオキシ-D-グルコースおよびメチル-D-グルコースをさまざまな速度で酸化させる能力があります。

グルコースオキシダーゼの最適pHは5.5ですが、広い活性範囲(ph 4~7)を持ちます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースに特異的で、KMは33~110 mMです。

グルコースオキシダーゼは活性因子を必要としませんが、Ag+、Hg2+、Cu2+、フェニル水銀アセテートおよび p-クロロ水銀ベンゾエートで阻害されます。グルコースオキシダーゼは非金属SH試薬では阻害されません。N-エチルマレイミド、イオドアセテートおよびイオドアセトアミド。

グルコースオキシダーゼは溶液中のD-グルコースの酵素的測定に使用できます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースをD-グルコノ乳酸および過酸化水素に酸化し、ホースラディッシュペルオキシダーゼがグルコース測定の際の共役酵素としてしばしば使用されます。グルコースオキシダーゼはβ-D-グルコースに特異的ですが、D-グルコースの溶液はα-D-グルコースとして定量でき、β-D-グルコースが酵素的反応で消費されるとα-D-グルコースはβ-D-グルコースに変旋光します。

アプリケーション

グルコースオキシダーゼは、食品および製薬業界で広く使用されており、またグルコースバイオセンサーの主要な成分でもあります。

生物化学的/生理学的作用

グルコースオキシダーゼは、電子受容体としての分子酸素により、β-d-グルコースからd-グルコノ-β-ラクトンおよび過酸化水素への酸化を触媒します。

品質

粗製。カタラ-ゼ, アミラ-ゼ, マルタ-ゼ, グリコゲナ-ゼ, インベルタ-ゼ, ガラクト-スオキシダ-ゼを含有する場合があります。

単位の定義

1単位はpH 5.1、35°Cで、毎分1.0 μモルのβ-D-グルコースをD-グルコノラクトンとH2O2に酸化し、毎分22.4 μLのO2吸収と等価です。反応混合物を酸素で飽和した場合には、活性は100%まで増加する可能性があります。

アナリシスノート

タンパク質はBiuret法で測定。

試験成績書(COA)

ロット番号を入力して試験成績書(COA)を検索してください。

原産地証明書(COO)

ロット番号を入力して原産地証明書(COO)を検索してください。

Product Information Sheet

その他の資料

Quotes and Ordering

Wen-Jing Cheng et al.
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry, 415, 152-157 (2012-10-24)
Glucose oxidase biosensors are used in self-monitoring blood glucose concentrations. The capillary blood glucose quantitation requires a calibration curve. Due to the limitation in obtaining calibration curve from capillary blood, an alternate approach by using venous blood for neonatal measurement
Feng Jia et al.
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids, 28(50), 17389-17395 (2012-11-23)
To mimic the structure and functionality of multienzyme complexes, which are widely present in Nature, Pluronic-based micelles were designed to colocalize multiple enzymes. To stabilize the micelles as well as to enable characterization of single enzyme immobilization and multienzyme colocalization
Fernanda C P F Sales et al.
Lab on a chip, 13(3), 468-474 (2012-12-18)
An intravenous implantable glucose/dioxygen hybrid enzyme-Pt micro-biofuel cell (BFC) was investigated. In this miniaturized BFC, a flexible carbon fiber (FCF) microelectrode modified with neutral red redox mediator and glucose oxidase was used as the bioanode, and an FCF modified with
Christian N Kotanen et al.
Talanta, 103, 228-235 (2012-12-04)
Fabrication of an enzyme amperometric biosensor for glucose via electropolymerization of pyrrole in the presence of glucose oxidase onto a hydrogel coated platinum electrode is hereby established as a viable biotransducer fabrication method. Platinum micro- (φ=25 μm) and macro- (φ=100
Guangqing Xu et al.
Analytica chimica acta, 755, 100-107 (2012-11-14)
A novel glucose biosensor, based on the modification of well-aligned polypyrrole nanowires array (PPyNWA) with Pt nanoparticles (PtNPs) and subsequent surface adsorption of glucose oxidase (GOx), is described. The distinct differences in the electrochemical properties of PPyNWA-GOx, PPyNWA-PtNPs, and PPyNWA-PtNPs-GOx

プロトコル

Enzymatic Assay of Glucose Oxidase

Enzymatic Assay of Glucose Oxidase

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先