G8795

Sigma-Aldrich

抗GAPDH抗体、マウスモノクローナル

clone GAPDH-71.1, purified from hybridoma cell culture

別名:
ローディングコントロール, 抗G3PDH抗体, 抗グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ抗体, Gapdh抗体, 抗G3PD抗体, GAPDH抗体 - マウスで産生されるモノクローナル抗GAPDH抗体
MDL番号:
NACRES:
NA.41

品質水準

200

由来生物

mouse

抗体製品の状態

purified from hybridoma cell culture
purified immunoglobulin

antibody product type

primary antibodies

クローン

GAPDH-71.1, monoclonal

形態

buffered aqueous solution

分子量

antigen ~37 kDa

species reactivity

mouse, mink, rabbit, rat, human, hamster, canine, turkey, chicken, monkey, bovine

should not react with

prokaryotes

包装

antibody small pack of 25 μL

濃度

~1 mg/mL

アプリケーション

immunocytochemistry: suitable
indirect ELISA: suitable
microarray: suitable
western blot: 0.025-0.05 μg/mL using A431 total cell extract

アイソタイプ

IgM

結合体

unconjugated

主な業界

Research Pathology

UniProtアクセッション番号

出荷済み

dry ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... GAPDH(2597)
mouse ... Gapdh(14433)
rat ... Gapdh(24383)

関連するカテゴリー

詳細

モノクローナル抗GAPDH(マウスIgMアイソタイプ)は、マウス黒色腫細胞(NS1細胞)とウサギGAPDH(グリセルアルデヒド-3-リン酸デハイドロゲナーゼ)の免疫を持つBALB/cマウス由来の脾細胞の融合によって産生されるハイブリドーマGAPDH-71.1から生じます。遺伝子のグリセリル-3-リン酸デハイドロゲナーゼ(GAPDH)はヒトクロモソ染色体の12p13に位置づけられています。このタンパク質は細胞質にありますが、細胞の状態によって細胞核に移行することができます。

特異性

モノクローナル抗GAPDHは、ヒト、サル、ウシ、イヌ、ラット、マウス、ハムスター、ミンク、ウサギ、ニワトリ、および七面鳥のGAPDHを認識します。この抗体は非脊椎動物および原核生物の種とは交差反応しません。

免疫原

ウサギGAPDH。

アプリケーション

マウスで産生されるモノクローナル抗GAPDH抗体は以下を使用するウエスタンブロット法に適しています:
  • 1:25,000の作業希釈でマウスの心臓組織から抽出されたタンパク質
  • ヒトCNS由来ミエリンおよびアクソグリアソーム(axogliasomal)画分
  • 熱ショック回復後のTBP-13Q1およびTBP-105Q PC12細胞由来の核および細胞質画分
  • ウシ不死化黄体由来血管内皮細胞由来タンパク質
  • 腎尿細管上皮細胞抽出物
  • マウス胚性線維芽細胞由来タンパク質
  • 心室心筋組織由来タンパク質抽出物
  • 作業濃度0.025~0.05 µg/mLでのA431全細胞抽出物
この抗体は平滑筋腫と平滑筋肉腫を用いる免疫染色にも適しています。この抗体は免疫細胞化学、間接ELISAおよびマイクロアレイにも適しています。

生物化学的/生理学的作用

グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(GAPDH)は同一の鎖を含む四量体です。GAPDHは炭水化物代謝における臨界エネルギー発生工程であるグリセルアルデヒドリン酸の可逆的酸化的リン酸化に触媒作用を及ぼします。GAPDHは、アクチン、チューブリン、アミロイド前駆体、ポリグルタミンペプチド、DRPLA(歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症)、およびハンチントンを含むいくつかのタンパク質に結合します。タンパク質キナーゼCι/λはGAPDHに結合しリン酸化します。リン酸化GAPDHは細胞骨格要素と結合し、初期分泌経路の微小管動態を制御します。ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ-1(PARP1)はGAPDHと相互作用し、それによって酸化/ニトロソ化ストレスの存在下で脳の損傷を媒介します。GAPDHは、S期依存性ヒストンH2B転写に関わる多成分OCT1(八量体モチーフ結合因子)活性化補助因子錯体であるOCA-Sの一部を形成します。この関連性はH2B転写装置を細胞周期の制御と細胞の代謝状態に関連付ける原因となっています。GAPDHは機能性GAIT(インターフェロン-γ-活性化転写阻害薬)mRNP(メッセンジャーリボ核タンパク質)の成分でもあります。GAPDH発現は黒色腫進行時に調節不全となります。

物理的形状

0.01M PBS溶液 (pH 7.4, 15mMアジ化ナトリウム含有)。

保管および安定性

継続使用する場合は最長で1ヵ月間2~8℃で貯蔵してください。
長期保存する場合は作業アリコートで冷凍してください。冷凍と解凍の繰り返しや「霜取り不要」の冷凍庫での保存はお勧めできません。長期保存中にわずかな濁りが生じた場合は、使用する前に遠心分離することによって溶液を透明にしてください。12時間以内に使用しなかった場合、作業希釈サンプルは廃棄してください。

免責事項

弊社のカタログまたは製品に添付の他の弊社の文書に記載されていない場合は、弊社の製品は研究用途向けのみを目的としているため、他のいかなる目的にも使用することはできません。このような目的としては、未承認の販売用途、in vitroの診断用途、ex vivoあるいはin vivoの治療用途、またはヒトあるいは動物へのあらゆる種類の消費あるいは適用などがありますが、これらに限定されません。

storage_class_code

12 - Non Combustible Liquids

ドイツ水質汚染分類

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, multi-purpose combination respirator cartridge (US)

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

その他のドキュメント

Qingwen Zheng et al.
American journal of cardiovascular disease, 1(3), 214-226 (2011-11-15)
Protein quality control (PQC) senses and repairs misfolded/unfolded proteins and, if the repair fails, degrades the terminally misfolded polypeptides through an intricate collaboration between molecular chaperones and targeted proteolysis. Proteolysis of damaged proteins is performed primarily by the ubiquitin-proteasome system...
Gloria Ravegnini et al.
Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc, 26(5), 743-749 (2012-12-12)
Leiomyoma and leiomyosarcoma share morphological features and smooth muscle differentiation, and both arise most frequently within the uterine corpus of middle-aged women. However, they are considered biologically unrelated tumors due to their disparate clinical, cytogenetic, and molecular features. MED12, the...
Hang Zhao et al.
Free radical biology & medicine, 49(4), 641-648 (2010-06-01)
Methionine residues in protein can be oxidized by reactive oxygen species to generate methionine sulfoxide. Aerobic organisms have methionine sulfoxide reductases capable of reducing methionine sulfoxide back to methionine. Methionine sulfoxide reductase A acts on the S-epimer of methionine sulfoxide...
Ajit S Dhaunchak et al.
Glia, 58(16), 1949-1960 (2010-09-11)
Compact myelin, the paranode, and the juxtaparanode are discrete domains that are formed on myelinated axons. In humans, neurological disorders associated with loss of myelin, including Multiple Sclerosis, often also result in disassembly of the node of Ranvier. Despite the...
Jean-Paul Decuypere et al.
PloS one, 8(4), e61020-e61020 (2013-04-09)
Autophagy is a lysosomal degradation pathway important for cellular homeostasis and survival. Inhibition of the mammalian target of rapamycin (mTOR) is the best known trigger for autophagy stimulation. In addition, intracellular Ca(2+) regulates autophagy, but its exact role remains ambiguous....
資料
Loading controls in western blotting application.
さらに詳しく
ウェスタンブロッティングのローディングコントロール
さらに詳しく
We presents an article about the Warburg effect, and how it is the enhanced conversion of glucose to lactate observed in tumor cells, even in the presence of normal levels of oxygen. Otto Heinrich Warburg demonstrated in 1924 that cancer cells show an increased dependence on glycolysis to meet their energy needs, regardless of whether they were well-oxygenated or not.
さらに詳しく

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先