すべての画像(6)

G9545

Sigma-Aldrich

抗GAPDH ウサギ宿主抗体

~1 mg/mL, affinity isolated antibody, buffered aqueous solution

別名:
抗GAPD抗体, Gapdh抗体シグマ, 抗S期OCT1コアクチベーター抗体, 抗Gapdh, 抗グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ抗体, Gapdh抗体, 抗OCAS抗体, 抗Gapdh抗体, GAPDH抗体 - ウサギで産生される抗GAPDH抗体, 抗38-kDコンポーネント抗体, 抗G3PD抗体, 抗p38コンポーネント抗体
MDL番号:
NACRES:
NA.41

由来生物

rabbit

品質水準

200

結合体

unconjugated

抗体製品の状態

affinity isolated antibody

antibody product type

primary antibodies

クローン

polyclonal

形態

buffered aqueous solution

分子量

antigen ~36 kDa

species reactivity

mouse, human, rat

濃度

~1 mg/mL

technique(s)

immunoprecipitation (IP): 5-10 μg using mouse NIH3T3 cell lysates
indirect immunofluorescence: 5-10 μg/mL using rat NRK cells
western blot: 0.1-0.2 μg/mL using whole extract of human HeLa cells

UniProtアクセッション番号

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... GAPDH(2597)
mouse ... Gapdh(14433)
rat ... Gapdh(24383)

詳細

GAPDH(グリセルアルデヒド-3-リン酸デハイドロゲナーゼ)遺伝子はヒト染色体12p13.3に位置づけられており、同一鎖を含む四量体をコード化します。この酵素は解糖酵素として広く知られていて、NAD+(ニコチンアミドアデニン二リン酸)およびグリセルアルデヒド-3-リン酸に対する結合部位を含んでいます。GAPDHは全細胞タンパク質の10~20%に寄与し、進化的に保存されると考えられます。

特異性

抗GAPDHはヒト、マウス、およびラットのGAPDHを認識します。

免疫原

N末端システイン残基を介してKLHに結合したマウスGAPDHのアミノ酸に対応する合成ペプチドです。対応する配列はラットでは同一であり、ヒトでは2つのアミノ酸が異なります。

アプリケーション

ウサギで産生される抗GAPDH抗体は、
  • ヒトがん細胞抽出物
  • サルコペニアを呈する加齢マウス由来の筋肉組織からの抽出物
  • 小柱あるいはマウス心臓心筋層のサンプル
  • マウス胚性線維芽細胞
を使用するウエスタンブロット法の一次抗体に適しています。この抗体はNIH3T3細胞溶解質を5~10 µgで用いる免疫沈降、5~10 µg/mLの作業濃度でラットNRK細胞を用いる間接免疫蛍光に適しています。この抗体は、0.1~0.2 µg/mLの実用濃度におけるヒトヒーラ細胞の全抽出物を用いるウエスタンブロット法にも適しています。

生物化学的/生理学的作用

酵素グリセルアルデヒド-3-リン酸デハイドロゲナーゼは、無機リン酸塩およびNADの存在下、炭水化物代謝における臨界エネルギー発生工程であるグリセルアルデヒドリン酸の可逆的酸化的リン酸化に触媒作用を及ぼします。GAPDHは、アクチン、チューブリン、アミロイド前駆体、ポリグルタミンペプチド、DRPLA(歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症)、およびハンチントンを含むいくつかのタンパク質に結合します。GAPDHは、S期依存性ヒストンH2B転写に関わる多成分OCT1(八量体モチーフ結合因子)活性化補助因子錯体であるOCA-Sの一部を形成します。この関連性はH2B転写装置を細胞周期の制御と細胞の代謝状態に関連付ける原因となっています。GAPDHは酸化ストレスに応答してGAPDHはアポトーシスを誘発します。

物理的形状

0.01M PBS溶液 (pH 7.4, 15mMアジ化ナトリウム含有)。

保管および安定性

継続使用する場合は最長で1ヵ月間2~8℃で貯蔵してください。
長期保存する場合は作業アリコートで冷凍してください。冷凍と解凍の繰り返しや「霜取り不要の」冷凍庫での保存はお勧めできません。長期保存中にわずかな濁りが生じた場合は、使用する前に遠心分離することによって溶液を透明にしてください。12時間以内に使用しなかった場合、作業希釈サンプルは廃棄してください。

免責事項

弊社のカタログまたは製品に添付の他の弊社の文書に記載されていない場合は、弊社の製品は研究用途向けのみを目的としているため、他のいかなる目的にも使用することはできません。このような目的としては、未承認の販売用途、in vitroの診断用途、ex vivoあるいはin vivoの治療用途、またはヒトあるいは動物へのあらゆる種類の消費あるいは適用などがありますが、これらに限定されません。

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

WGK 3

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, multi-purpose combination respirator cartridge (US)

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

その他のドキュメント

Robbe Naert et al.
International journal of molecular sciences, 20(14) (2019-07-13)
The increase in cytosolic Ca2+ is essential in key effector functions of dendritic cells (DCs), including differentiation, maturation, cytokine expression, and phagocytosis. Although several Ca2+-permeable ion channels have been described in DCs, the contribution of transient receptor potential (TRP) channels
Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) aggregation causes mitochondrial dysfunction during oxidative stress-induced cell death.
Nakajima H, et al.
The Journal of Biological Chemistry, M116-M116 (2017)
Qian Yu et al.
Journal of Alzheimer's disease : JAD, 70(3), 925-936 (2019-07-16)
General anesthesia increases the risk for cognitive impairment and Alzheimer's disease (AD) in vulnerable individuals such as the elderly. We previously reported that prior administration of insulin through intranasal delivery can prevent the anesthesia-induced cognitive impairment and biochemical changes in
Jeffrey G Dickhout et al.
The Journal of biological chemistry, 287(10), 7603-7614 (2012-01-05)
The integrated stress response mediated by eukaryotic translation initiation factor 2α (eIF2α) phosphorylation maintains cellular homeostasis under endoplasmic reticulum (ER) stress. eIF2α phosphorylation induces activating transcription factor 4 (ATF4), a basic leucine zipper transcription factor that regulates the expression of
Abiodun T Kukoyi et al.
American journal of physiology. Cell physiology, 317(2), C390-C397 (2019-05-16)
Chronic HIV infection causes redox stress and increases the risk of acute and chronic lung injury, even when individuals are adherent to antiretroviral therapy. HIV-1 transgene expression in rats inhibits nuclear factor (erythroid-derived 2)-like 2 (Nrf2), which regulates antioxidant defenses

資料

Validation of RNAi Knockdown Using Multiple Reaction Monitoring and Protein-AQUA

The field of proteomics is continually looking for new ways to investigate protein dynamics within complex biological samples. Recently, many researchers have begun to use RNA interference (RNAi) as a method of manipulating protein levels within their samples, but the ability to accurately determine these protein amounts remains a challenge. Fortunately, over the past decade, the field of proteomics has witnessed significant advances in the area of mass spectrometry. These advances, both in instrumentation and methodology, are providing researchers with sensitive assays for both identification and quantification of proteins within complex samples. This discussion will highlight some of these methodologies, namely the use of Multiple Reaction Monitoring (MRM) and Protein-AQUA.

ウェスタンブロッティングのローディングコントロール

ウェスタンブロッティングのローディングコントロール

Loading Controls for Western Blotting

Loading controls in western blotting application.

Aerobic Glycolysis and the Warburg Effect

We presents an article about the Warburg effect, and how it is the enhanced conversion of glucose to lactate observed in tumor cells, even in the presence of normal levels of oxygen. Otto Heinrich Warburg demonstrated in 1924 that cancer cells show an increased dependence on glycolysis to meet their energy needs, regardless of whether they were well-oxygenated or not.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先