Merck
All Photos(1)

H3537

Sigma-Aldrich

HEPES 溶液

BioPerformance Certified, 1 M, suitable for cell culture, 0.2 μm filtered

Synonym(s):
N-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-N′-(2-エタンスルホン酸)
CAS Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

品質水準

200

グレード

BioPerformance Certified

無菌性

0.2 μm filtered

形態

liquid

濃度

1 M

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

不純物

Bioburden, tested
DNase, RNase, Protease, Nickase, free
endotoxin, tested

pH

5.0-6.0

useful pH range

6.8-8.2

微量陽イオン

Fe: <5 ppm
heavy metals (as Pb): <5 ppm

適合性

suitable for molecular biology

application(s)

diagnostic assay manufacturing

SMILES string

OCCN1CCN(CCS(=O)(O)=O)CC1

InChI

1S/C8H18N2O4S/c11-7-5-9-1-3-10(4-2-9)6-8-15(12,13)14/h11H,1-8H2,(H,12,13,14)

InChI key

JKMHFZQWWAIEOD-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

HEPESは、生物学的研究に利用可能な多目的緩衝液の中で、最も優れたものの1つであると説明されています。生物学的pHにおいて分子は両性イオン性であり、pH6.8~8.2の範囲で緩衝液として有効です。HEPESは、組織培養を含む多種多様な用途に使用されています。空気中で行う細胞培養培地の緩衝液として一般的に使用されています。HEPESはin vitro実験において、Mgで活性化されます。

アプリケーション

リボヌクレアーゼHEPESは、
  • 細胞株維持用ダルベッコ改変イーグル培地とラット膵島洗浄用RPMI培地の補充に
  • 精製されたリボヌクレオチドの回収に
  • small RNAの単離と配列決定のためのHEPES/KOH緩衝液およびアデニル化緩衝液の構成成分として
  • 核抽出物調製用緩衝液の構成成分として、ならびに膵島維持用RPMI-1640培地の補充に使用されています。

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

More Documents

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service