Merck
すべての画像(4)

H4034

Sigma-Aldrich

HEPES

BioPerformance Certified, ≥99.5% (titration), suitable for cell culture

別名:
N-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-N′-(2-エタンスルホン酸), 4-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-1-エタンスルホン酸
Empirical Formula (Hill Notation):
C8H18N2O4S
CAS番号:
分子量:
238.30
Beilstein:
883043
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

グレード

BioPerformance Certified

品質水準

400

アッセイ

≥99.5% (titration)

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

不純物

endotoxin and total aerobic microbial count, tested

useful pH range

6.8-8.2

pKa (25 °C)

7.5

微量陽イオン

Fe: ≤5 ppm

吸収

≤0.05 at 260 in H2O at 0.1 M
≤0.05 at 280 in H2O at 0.1 M

application(s)

diagnostic assay manufacturing

その他の活性

DNase, RNase, NICKase, protease, none detected

SMILES string

OCCN1CCN(CC1)CCS(O)(=O)=O

InChI

1S/C8H18N2O4S/c11-7-5-9-1-3-10(4-2-9)6-8-15(12,13)14/h11H,1-8H2,(H,12,13,14)

InChI key

JKMHFZQWWAIEOD-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

詳細

HEPESバッファーは、細胞に対する毒性効果を示さないため、動物細胞の培養に使用できます。
HEPESは、生物学的研究に利用できる最も多用途なバッファーの1つとされています。生理学的なpHにおいて分子は両性イオンであり、pH 6.8~8.2でバッファーとして有効です。HEPESは、組織培養を含む幅広いアプリケーションに使用されています。細胞培養培地のためのバッファーに一般的に使用されます。HEPESは、Mgに関するin vitro実験に使用できます。

アプリケーション

HEPESは以下に使用されています:
  • 細胞株の培養および維持に使用するダルベッコ変法イーグル培地への添加剤
  • 血小板懸濁バッファーの成分
  • 膵臓組織の洗浄に使用するハンクス塩基性塩溶液への添加剤
  • 酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)によるタンパク質の精製および定量に使用する洗浄バッファーおよびブロッキングバッファーの成分
  • 生物学的溶液のpH調整および維持
  • 神経発達の研究に使用する、ハンクス緩衝塩溶液(HBSS)および解離用培地の成分
  • 組織のホモジナイズや、細胞由来の細胞質性抽出物および核抽出物の調製
  • ケラチノサイトや線維芽細胞の培養培地の成分

包装

25 kg in poly drum
1 kg in poly bottle
100, 500 g in poly bottle

その他情報

HEPES製品を簡単に比較検討できるHEPES規格表をご参照ください。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)

試験成績書(COA)

ロット番号を入力して試験成績書(COA)を検索してください。

原産地証明書(COO)

ロット番号を入力して原産地証明書(COO)を検索してください。

The slice overlay assay: a versatile tool to study the influence of extracellular signals on neuronal development.
Polleux F and Ghosh A
Science's STKE : Signal Transduction Knowledge Environment, 136, pl9-pl9 (2002)
Actin filament elasticity and retrograde flow shape the force-velocity relation of motile cells.
Zimmermann J, et al.
Biophysical Journal, 102(2), 287-295 (2012)
Airway epithelial cell PPAR? modulates cigarette smoke-induced chemokine expression and emphysema susceptibility in mice.
Solleti SK et al.
American Journal of Physiology. Lung Cellular and Molecular Physiology, 309, L293-L293 (2015)
Use of a new buffer in the culture of animal cells.
Williamson JD and Cox P
The Journal of General Virology, 2, 309-309 (1968)
Complex thermorheology of living cells.
Schmidt BUS, et al.
New Journal of Physics, 17(7), 073010-073010 (2015)

プロトコル

Protein Interactions

This protocol describes a method for chemical cross-linking of proteins using formaldehyde. With the exception of zero-length cross-linkers, formaldehyde has the shortest cross-linking span (~2-3 Å) of any cross-linking reagent, thus making it an ideal tool for detecting specific protein-protein interactions with great confidence.

Immunoprecipitation Procedure

To determine the molecular weights of protein antigens, to study protein/protein interactions, to determine specific enzymatic activity, to monitor protein post-translational modifications and to determine the presence and quantity of proteins.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先