Merck
All Photos(7)

H6908

Sigma-Aldrich

抗HA ウサギ宿主抗体

affinity isolated antibody, buffered aqueous solution

Synonym(s):
HA抗体ーウサギで産生される抗HA抗体, Ha抗体, Ha抗体σ, 抗Ha, 抗Ha抗体, 抗HA抗体
MDL番号:
NACRES:
NA.43

由来生物

rabbit

品質水準

200

結合体

unconjugated

抗体製品の状態

affinity isolated antibody

antibody product type

primary antibodies

クローン

polyclonal

形態

buffered aqueous solution

technique(s)

immunoprecipitation (IP): 2.5-4 μg/test using HA-tagged fusion protein from cell lysates
indirect immunofluorescence: 10-20 μg/mL using HA-tagged fusion protein transfected cells
western blot: 0.5-0.8 μg/mL using HA-tagged fusion protein transfected cell extracts

application(s)

research pathology

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

詳細

ヘマグルチニン(HA)遺伝子は、インフルエンザB型ウイルスゲノムのセグメント4にマッピングされています。HAはインフルエンザウイルス表面に存在する優勢抗原です。HAはホモ三量体で、その中で各モノマーが単一ポリペプチドとして産生されます。このモノマーは、宿主プロテアーゼにより開裂されて2つのサブユニット、HA1とHA2になります。
インフルエンザヘマグルチニンタンパク質は、ヒトインフルエンザウイルスの主要なスパイク膜糖タンパク質から派生するノナペプチドです。この株特異的糖タンパク質は、84 kDaのモノマーから成るホモ三量体です。各モノマーに、2つのジスルフィド結合があるサブユニットが含まれます。HA1およびHA2
抗HAは、ウサギを用いて産生されます。ヒトインフルエンザヘマグルチニン(HA)アミノ酸残基に対応している合成ペプチドの使用により産生されてKLHに縫合されます。この抗体はこの固定化された免疫化ペプチド上で親和性精製されます。

抗HA抗体は、N-またはC-末端HAタグ付き融合タンパク質に特異的です。この製品は、一定の哺乳動物細胞の交差反応バンドを検出できます。免疫化HAペプチド(製品番号I2149)はHAタグ付きタンパク質バンドの染色を特異的に阻害します。

特異性

この抗体は、免疫ブロッティングおよび免疫沈降で、HAタグ付き融合タンパク質と特異的に反応します。
抗HA抗体は、N-またはC-末端HAタグ付き融合タンパク質に特異的です。

免疫原

HAタグと呼ばれるヒトインフルエンザウイルスヘマグルチニン(HA)アミノ酸残基に対応する合成ペプチドは、KLHに抱合されます。

アプリケーション

抗HA抗体は、免疫沈降およびウェスタンブロットに適しています。
抗HA抗体は、間接的免疫蛍光法(HAタグ付き融合タンパク質形質移入細胞を用い、10~20 μg/mLで使用)、免疫沈降法(細胞ライセートからのHAタグ付き融合タンパク質を用いて、検査1回につき2.5~4 μgを使用)およびウェスタンブロット(細胞抽出物を形質移入したHAタグ付き融合タンパク質を用い、0.5~0.8 μg/mLで使用)にも適しています。

生物化学的/生理学的作用

ヘマグルチニン(HA)は、ウイルスの侵入および感染において膜融合および受容体結合能を調節するインフルエンザウイル糖タンパク質です。ウイルスはエンドサイトーシスおよびHA抗原が媒介する一連の膜融合により宿主細胞に侵入します。HAはウイルス病原性およびウイルス感染に対する宿主の反応において重要な役割を果たします。
HA遺伝子は組換え発現ベクター系の標的タンパク質に対する親和性タグとしてしばしば使用されます組換え発現ベクター系で産生されるHAタグ付きタンパク質は、標的タンパク質の機能および分布を妨げない安定した融合産物を生成します。抗HA抗体は、一定の哺乳動物細胞中の交差反応バンドを検出できます。免疫化HAペプチド(製品番号I2149)はHAタグ付きタンパク質バンドの染色を特異的に阻害します。HAペプチドをコードする核酸配列は、クローニング部位に近接するさまざまな発現プラスミドに組み込まれていることから、HAタグ付き融合タンパク質のクローニングおよび発現が可能となります。このような融合タンパク質は、さまざまな生物(細菌、酵母、昆虫、哺乳動物)の細胞で発現できます。融合タンパク質内のHA配列は、特異的抗体の認識標的として作用でき、したがってHAタグ付きタンパク質および関連の結合タンパク質の検出、細胞内局在化、特徴付け、定量、機能分析および親和性精製を行えます。無傷の透過化された細胞内でのHAエピトープの免疫応答性の検査で追跡される細胞タンパク質のさまざまな領域へのHAエピトープの挿入は、タグ付きタンパク質の細胞発現レベル、トポロジーおよび機能的活性の研究に有用です。HAタグの抗体媒介検出により、新たに同定された少量の、不安定な、精製困難で、交差反応性があるか免疫原性が低いタンパク質に特異的な抗体の時間がかかる生成が必要なくなります。

物理的形状

0.01M PBS溶液 (pH 7.4, 1%BSA, 15mM アジ化ナトリウム含有)

保管および安定性

連続して使用する場合、2~8℃で1ヵ月保存できます。
長期間保存するには、使用アリコートを凍結します。凍結と解凍の繰り返しは推奨されません。長期保存でわずかな濁りが生じた場合には、使用前に遠心分離して清澄化します。使用希釈溶液は、12時間以内に使用しない場合には廃棄する必要があります。

免責事項

製品に同封された当社のカタログまたは他社の文書で特記しない限り、当社製品は研究専用であり、他の目的で使用することを意図したものではありません。他の目的には、無許可の商業的使用、in vitro診断への使用、ex vivoまたはin vivo治療への使用、またはすべての種類のヒトまたは動物への消費および使用が含まれますが、これに限定されません。

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

WGK 2

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service