Merck
All Photos(1)

HT501128

Sigma-Aldrich

中性緩衝ホルマリン溶液, 10%

histological tissue fixative

MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.47

由来生物

synthetic

品質水準

200

シェルフライフ

Expiry date on the label.

濃度

10% formalin (approx. 4% formaldehyde)

colorless

pH

6.90-7.10

密度

1.080 g/cm3

application(s)

hematology
histology

保管温度

room temp

InChI

1S/CH2O/c1-2/h1H2

InChI key

WSFSSNUMVMOOMR-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

詳細

10%中性緩衝ホルマリン(NBF)は、光学顕微鏡やその他における固定化液として、世界中で最も一般的に使用されています。[1]10% NBFは、大規模スループットの研究室に適しており、比較的短い固定化時間で使用できますが、組織の長期保存にも使用できます。ホルマリン固定は、アルデヒドとタンパク質の間で形成されると考えられており、ゲルを形成することで、in vivo関連実験において細胞成分を保持できます。[2]一度適切に固定化されれば、組織は次の工程や染色に使用できます。

アプリケーション

ホルマリン溶液、中性緩衝液、10%、は組織の固定化に使用する、一般目的用の組織固定化液として使用されています。[3][4][5]
ホルマリン溶液、中性緩衝液、10%は、3T3-L1前脂肪細胞株と脂肪細胞中のマウス胚性線維芽細胞を区別するための、オイルレッドO染色に使用されています。[6]ウサギの眼や、糖尿病ラット小腸の組織学的解析において使用されています。[7][8]
一般な組織固定剤としてよく用いられます。

物理的形状

中性緩衝液

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Product Information Sheet

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service