Merck

L4516

Sigma-Aldrich

リポポリサッカリド 大腸菌0127:B8由来

suitable for cell culture, BioXtra, γ-irradiated

ログインto View Organizational & Contract Pricing

Select a Size

別名:
LPS
EC Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.75

由来生物

Escherichia coli (O127:B8)

品質水準

無菌性

γ-irradiated

製品種目

BioXtra

形状

lyophilized powder

精製方法

gel-filtration chromatography

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

不純物

<1% Protein (Lowry)

溶解性

H2O: 5 mg/mL, slightly hazy

保管温度

2-8°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
L2654F3665L3137
product line

BioXtra

product line

BioXtra

product line

-

product line

-

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

technique(s)

-

technique(s)

-

impurities

<1% Protein (Lowry)

impurities

<5% Protein (Lowry)

impurities

-

impurities

<1% Protein

solubility

H2O: 5 mg/mL, slightly hazy

solubility

H2O: 5 mg/mL, slightly hazy

solubility

H2O: soluble 4.90-5.10 mg/mL, faintly hazy to hazy, pale yellow to yellow

solubility

water: soluble

アプリケーション

大腸菌0127:B8由来のリポポリサッカリドは以下の用途に使用されています:
  • マウスにおけるLPS誘導性マクロファージ生存の研究 
  • ウシPBMCによるサイトカイン分泌の誘発
  • LPS誘導性炎症誘発環境下での高感受性マクロファージ細胞のアポトーシスの研究
  • BV2 及びBV2-LC3細胞におけるオートファジーアッセイの実施
  • ヒト単球、マクロファージ及びマウスミクログリア細胞の刺激
  • 293T細胞におけるペントラキシン-3発現誘導
リポポリサッカリド(LPS)は、グラム陰性菌細胞壁の特徴的な構成要素です。LPS及びそのリピドA部分は、一般的な病原体関連分子パターン(PAMP)を認識するToll様受容体タンパク質ファミリーのメンバーであるToll様受容体4(TLR4)により自然免疫系細胞を刺激します。

生物化学的/生理学的作用

リポポリサッカリド(LPS)は、グラム陰性菌細胞壁の特徴的な構成要素です。LPS及びそのリピドA部分は、Toll様受容体4(TLR4)により自然免疫系細胞を刺激します。免疫原性抗原であるため、可溶性抗原に対する免疫応答を亢進します。

再構成

リポポリサッカリドは、γ線照射処理を行った凍結乾燥粉末です。再構成するには、バイアル(1 mg)に滅菌平衡塩類溶液または組織培養液1 mLを添加し、粉末が溶解するまで穏やかに攪拌します。本製品を再構成後、滅菌平衡塩類溶液または組織培養液を使用して、望ましい使用濃度に希釈できます。

その他情報

To gain a comprehensive understanding of our extensive range of Lipopolysaccharides for your research, we encourage you to visit our Carbohydrates Category page.

ピクトグラム

Skull and crossbones

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 2 Oral

保管分類コード

6.1A - Combustible, acute toxic Cat. 1 and 2 / very toxic hazardous materials

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable


Certificates of Analysis (COA)

Search for Certificates of Analysis (COA) by entering the products Lot/Batch Number. Lot and Batch Numbers can be found on a product’s label following the words ‘Lot’ or ‘Batch’.

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

W A Jensen et al.
Journal of virology, 66(7), 4427-4433 (1992-07-01)
The in vitro expression of bovine leukemia virus (BLV) in short-term cultured bovine peripheral blood mononuclear cells (PBMC) is associated with increased spontaneous lymphocyte blastogenesis. The purpose of this study was to determine whether intracellular pathways responsible for antigen- or
Debby Kruijsen et al.
Vaccine, 29(15), 2730-2741 (2011-02-15)
Inactivated respiratory syncytial virus (RSV) vaccines tend to predispose for immune mediated enhanced disease, characterized by Th2 responses and airway hypersensitivity reactions. We show in a C57BL/6 mouse model that the early innate response elicited by the challenge virus (RSV
A Charlotte M T de Wolf et al.
PloS one, 12(6), e0179942-e0179942 (2017-06-29)
Regulatory T cells (Treg) function in the prevention of excessive inflammation and maintenance of immunological homeostasis. However, these cells may also interfere with resolution of infections or with immune reactions following vaccination. Effects of Treg on vaccine responses are nowadays
Hye-Eun Han et al.
Biomolecules & therapeutics, 21(1), 21-28 (2013-09-07)
Microglia play a role in maintaining and resolving brain tissue homeostasis. In pathological conditions, microglia release pro-inflammatory cytokines and cytotoxic factors, which aggravate the progression of neurodegenerative diseases. Autophagy pathway might be involved in the production of pro-inflammatory cytokines and
Li Wei et al.
Journal of neuroinflammation, 14(1), 198-198 (2017-10-05)
Several G-protein-coupled receptors (GPCRs) have been shown to be important signaling mediators between neurons and glia. In our previous screening for identification of nerve injury-associated GPCRs, G-protein-coupled receptor 84 (GPR84) mRNA showed the highest up-regulation by microglia after nerve injury.

資料

Lipopolysaccharides for Research – Structure, Function & Applications

Explore the structure, function, and diverse applications of Lipopolysaccharides. Discover their role in bacteria, serological specificity, and research potential.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先