Merck

L5024

Sigma-Aldrich

リポポリサッカリド 大腸菌0127:B8由来

purified by ion-exchange chromatography, TLR ligand tested

ログインto View Organizational & Contract Pricing

Select a Size

別名:
LPS
EC Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.25

由来生物

Escherichia coli (O127:B8)

品質水準

形状

lyophilized powder

精製方法

ion-exchange chromatography

不純物

<1% Protein
<1% RNA

white to yellow cast

溶解性

water: soluble

輸送温度

ambient

保管温度

2-8°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
L3137L3129L4516
form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

impurities

<1% Protein, <1% RNA

impurities

<1% Protein

impurities

<3% Protein (Lowry)

impurities

<1% Protein (Lowry)

color

white to yellow cast

color

white to yellow cast

color

white to faint yellow

color

-

solubility

water: soluble

solubility

water: soluble

solubility

water: soluble

solubility

H2O: 5 mg/mL, slightly hazy

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

詳細

この製品はE. coli血清型O127:B8から抽出し、イオン交換で精製します。供給源菌株はATCC 12740です。このLPS血清型は敗血症性ショックの研究に使用され、マウス・マクロファージでのNOS誘導とラット糸球体間質細胞でのPAF合成誘導にも使用されています。

アプリケーション

リポポリサッカリド(LPS)は、グラム陰性菌細胞壁の特徴的な構成要素です。LPS及びそのリピドA部分は、一般的な病原体関連分子パターン(PAMP)を認識するToll様受容体タンパク質ファミリーのメンバーであるToll様受容体4(TLR4)により自然免疫系細胞を刺激します。

生物化学的/生理学的作用

リポポリサッカライド(LPS)は膜の外側の層に局在し、カプセルを持たない株にあるため、細胞の表面に露出しています。外膜の完全性に寄与し、胆汁塩と脂溶性抗生物質の作用から細胞を保護します。

調製ノート

この製品は水溶性(5 mg/mL)で、細胞培養培地に溶け(1 mg/mL)、濁りを帯びた薄黄色の溶液を生成します。ボルテックスにかけ70~80℃に加温した後、より高濃度の、ただしまだ濁りを帯びた溶液(20 mg/mL)が生理食塩水を溶媒として生成されています。リポポリサッカライドは、あらゆる溶媒でミセルを形成する分子です。水およびリン酸場緩衝生理食塩水で濁りを帯びた溶液が生成されます。有機溶媒が生成する溶液はこれより濁っています。水は均質な濁った溶液を生成する一方、メタノールからは浮遊物がある不透明な懸濁液が生じます。

その他情報

To gain a comprehensive understanding of our extensive range of Lipopolysaccharides for your research, we encourage you to visit our Carbohydrates Category page.

ピクトグラム

Skull and crossbones

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 2 Oral

保管分類コード

6.1A - Combustible, acute toxic Cat. 1 and 2 / very toxic hazardous materials

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


Certificates of Analysis (COA)

Search for Certificates of Analysis (COA) by entering the products Lot/Batch Number. Lot and Batch Numbers can be found on a product’s label following the words ‘Lot’ or ‘Batch’.

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

M Cortes et al.
Scientific reports, 7(1), 10645-10645 (2017-09-08)
Neuroinflammation in utero may result in life-long neurological disabilities. Microglia play a pivotal role, but the mechanisms are poorly understood. No early postnatal treatment strategies exist to enhance neuroprotective potential of microglia. We hypothesized that agonism on α7 nicotinic acetylcholine
Mingju Cao et al.
Frontiers in cellular neuroscience, 9, 294-294 (2015-08-25)
Neuroinflammation in utero may result in life-long neurological disabilities. The molecular mechanisms whereby microglia contribute to this response remain incompletely understood. Lipopolysaccharide (LPS) or saline were administered intravenously to non-anesthetized chronically instrumented near-term fetal sheep to model fetal inflammation in
Wei Ding et al.
iScience, 23(6), 101135-101135 (2020-05-23)
Macrophages release a variety of extracellular vesicles (EVs). Here we describe a previously unreported class of EVs that are released from macrophages in response to Escherichia coli endotoxin, lipopolysaccharide (LPS), that we have named "macrolets" since they are extruded as
Manman Geng et al.
Clinical immunology (Orlando, Fla.), 220, 108579-108579 (2020-09-01)
Endoplasmic reticulum (ER) stress associated proteins contribute to the pathogenesis of rheumatoid arthritis (RA) through affecting synoviocyte proliferation and proinflammatory cytokine production. The role of DERL3, an ER-associated degradation component, in joint inflammation of RA was explored. Synovial tissues from
Kristen R Hollinger et al.
Journal of Alzheimer's disease : JAD, 77(1), 437-447 (2020-07-18)
Given the emergent aging population, the identification of effective treatments for Alzheimer's disease (AD) is critical. We investigated the therapeutic efficacy of JHU-083, a brain-penetrable glutamine antagonist, in treating AD using the humanized APOE4 knock-in mouse model. Cell culture studies

資料

Lipopolysaccharides for Research – Structure, Function & Applications

Explore the structure, function, and diverse applications of Lipopolysaccharides. Discover their role in bacteria, serological specificity, and research potential.

関連コンテンツ

Lipopolysaccharides

Lipopolysaccharide (LPS) is the major component of the outer membrane of Gram-negative bacteria. Lipopolysaccharide is localized in the outer layer of the membrane and is, in noncapsulated strains, exposed on the cell surface.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先