Merck

L5543

Sigma-Aldrich

リポポリサッカリド 大腸菌026:B6由来

Ready Made solution, 1 mg/mL, 0.2 μm filtered

ログインto View Organizational & Contract Pricing

Select a Size

別名:
LPS
MDL番号:
NACRES:
NA.25

由来生物

Escherichia coli (O26:B6)

品質水準

無菌性

0.2 μm filtered

形状

aqueous solution

濃度

1 mg/mL

colorless to faint yellow

溶解性

water: soluble

輸送温度

wet ice

保管温度

2-8°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
L2762L3755L2654
form

aqueous solution

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

color

colorless to faint yellow

color

white to faint yellow

color

white to yellow

color

-

solubility

water: soluble

solubility

water: 4.90-5.10 mg/mL, cloudy to hazy, colorless to faintly yellow

solubility

water: soluble

solubility

H2O: 5 mg/mL, slightly hazy

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

300

詳細

この製品は、E. coli血清型O26:B6 のリポ多糖類(LPS)1 mg/mLを含む水溶液を0.2 umフィルターでろ過したものです(0.2 um)。このLPS血清型は敗血症性ショックの研究に使用されています。

アプリケーション

リポポリサッカライド(LPS)は、グラム陰性菌の細胞壁を特徴とする構成成分です。LPSとその脂質A部分は、一般的な病原体関連分子パターン(PAMP)を認識するトール様受容体タンパク質ファミリーのメンバーであるトール様受容体4 (TLR4)によって、自然免疫系の細胞を刺激します。

生物化学的/生理学的作用

リポ多糖(LPS)類は膜の外層に存在し、無莢膜株では細胞表面に露出しています。外膜の完全性に寄与し、胆汁塩および脂溶性抗生物質の作用から細胞を保護します。

調製ノート

溶液の調製に使用されたLPSはフェノール抽出され、ゲルろ過によりクロマトグラフィーで精製されています。フェノール抽出によって調製されたリポ多糖類には、最大60%のRNAと1%未満のタンパク質が含まれています。ゲルろ過クロマトグラフィーによるその後の精製により、フェノール抽出LPSに存在するタンパク質の多くが除去されますが、10~20%の核酸を含む産生物が残ります。イオン交換クロマトグラフィーを使用してさらに精製すると、タンパク質が1%未満、RNAが1%未満のLPS産物が得られます。

その他情報

To gain a comprehensive understanding of our extensive range of Lipopolysaccharides for your research, we encourage you to visit our Carbohydrates Category page.

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, multi-purpose combination respirator cartridge (US)


Certificates of Analysis (COA)

Search for Certificates of Analysis (COA) by entering the products Lot/Batch Number. Lot and Batch Numbers can be found on a product’s label following the words ‘Lot’ or ‘Batch’.

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

Mingwei He et al.
Molecular medicine reports, 21(3), 1163-1171 (2020-01-11)
Approximately 50% of the cases of low back pain (LBP) are attributed to discogenic origin. The causes of discogenic pain are complicated and consist of a complex biochemical cascade. Neovascularization of intervertebral discs (IVDs) is believed to be associated with
Seema Yousuf et al.
Molecular neurobiology, 58(3), 950-963 (2020-10-17)
Vitamin D deficiency (Ddef) alters morphology and outcomes after a stroke. We investigated the interaction of Ddef following post-stroke systemic inflammation and evaluated whether administration of progesterone (P) or vitamin D (D) will improve outcomes. Ddef rats underwent stroke with
Helena Cucak et al.
PloS one, 9(3), e90685-e90685 (2014-03-07)
Type 2 diabetes (T2D) is evolving into a global disease and patients have a systemic low-grade inflammation, yet the role of this inflammation is still not established. One plausible mechanism is enhanced expression and activity of the innate immune system.
Johanna Matilainen et al.
Lipids in health and disease, 19(1), 70-70 (2020-04-15)
Orotic acid (OA) has been intensively utilized to induce fatty liver in rats. Although the capacity of OA to cause steatosis is species-specific, previous in vitro studies indicate that humans could also be susceptible to OA-induced fatty liver. The aim
Mi Joung Kim et al.
Nutrition research and practice, 5(5), 404-411 (2011-11-30)
This study investigated the effects of freeze-dried cranberry powder on anti-inflammation and lipid profiles of lipopolysaccharide (LPS)-treated rats fed an atherogenic diet for 6 weeks. Forty Sprague-Dawley male rats (6-weeks-old) were equally divided into the following five groups: 1) normal

資料

Lipopolysaccharides for Research – Structure, Function & Applications

Explore the structure, function, and diverse applications of Lipopolysaccharides. Discover their role in bacteria, serological specificity, and research potential.

関連コンテンツ

Lipopolysaccharides

Lipopolysaccharide (LPS) is the major component of the outer membrane of Gram-negative bacteria. Lipopolysaccharide is localized in the outer layer of the membrane and is, in noncapsulated strains, exposed on the cell surface.

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先