Merck

L9283

Sigma-Aldrich

ルテオリン

≥98% (TLC), powder

ログインto View Organizational & Contract Pricing

別名:
3′,4′,5,7-テトラヒドロキシフラボン
Empirical Formula (Hill Notation):
C15H10O6
CAS番号:
分子量:
286.24
Beilstein:
292084
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.77

品質水準

アッセイ

≥98% (TLC)

形状

powder

シェルフライフ

3 yr

yellow

mp

~330 °C (lit.)

保管温度

2-8°C

SMILES string

Oc1cc(O)c2C(=O)C=C(Oc2c1)c3ccc(O)c(O)c3

InChI

1S/C15H10O6/c16-8-4-11(19)15-12(20)6-13(21-14(15)5-8)7-1-2-9(17)10(18)3-7/h1-6,16-19H

InChI key

IQPNAANSBPBGFQ-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
440025PHL8924572511
Luteolin ≥98% (TLC), powder

Sigma-Aldrich

L9283

ルテオリン

Luteolin An antioxidant flavonoid and a free radical scavenger.

Sigma-Aldrich

440025

Luteolin

Luteolin phyproof® Reference Substance

PHL89245

ルテオリン

Luteolin analytical standard

Supelco

72511

ルテオリン

form

powder

form

solid

form

powder

form

-

color

yellow

color

yellow

color

-

color

-

storage temp.

2-8°C

storage temp.

2-8°C

storage temp.

-

storage temp.

2-8°C

Quality Level

200

Quality Level

100

Quality Level

-

Quality Level

100

shelf life

3 yr

shelf life

-

shelf life

-

shelf life

-

詳細

ポリフェノール化合物であるルテオリン(3′、4′、5′、7′-テトラヒドロキシフラボン)はフラボノイドのフラボンサブクラスに属しています。ルテオリンは通常、セロリ、ピーマン、カモミールティーなどの植物に含まれています。ルテオリンは、Dracocephalum kotschyiの地上部であるHieracium pannosum Boissの花抽出物中に存在する主要なフラボノイドの1つであり、植物の抗酸化力に寄与しています。ルテオリンは抗酸化作用、抗炎症作用を有し、主にアポトーシスによって抗腫瘍作用を発揮します。ルテオリンは、プロテインキナーゼB(Akt)経路のダウンレギュレーションを介してそのアポトーシス活性を発揮し、カスパーゼ媒介アポトーシスをもたらします。また、ルテオリンは癌細胞を治療薬に再感作させます。ルテオリンは炎症性遺伝子を制御し、一酸化窒素及び炎症性サイトカインの産生を減少させます。ルテオリンの抗炎症性は、本化合物がアルツハイマー病のような神経変性疾患の治療薬であることを示しています。植物では、ルテオリンは根粒形成タンパク質F(nodF)遺伝子を誘導します。

アプリケーション

ルテオリンは以下の用途に使用されています:
  • 腎細胞癌786-O細胞におけるアポトーシス経路の誘導及び解明
  • nodF遺伝子発現誘導のためのM9最小培地の添加剤
  • ダイオードアレイ検出器を用いた逆相高速液体クロマトグラフィー(RP-HPLC-DAD)によりルテオリンを定性的及び定量的に分析するための標準物質
  • β-ガラクトシダーゼアッセイのための反応補助剤
  • 抗炎症性メディエーター産生及び細胞生存率測定による偽狂犬病ウイルス感染RAW264.7細胞株におけるルテオリンの抗炎症効果の解明 及び細胞毒性アッセイ

生物化学的/生理学的作用

強力な抗酸化剤でありラジカルスカベンジャーである、ヒドロキシル化フラボン誘導体。おそらく脂肪酸シンターゼ活性の阻害を介して、癌予防に有用であることが示唆されています。

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 6

1 of 6

Kaempferol ≥90% (HPLC), powder

Sigma-Aldrich

K0133

ケンフェロール

Myricetin ≥96.0%, crystalline

Sigma-Aldrich

M6760

ミリセチン

Quercetin ≥95% (HPLC), solid

Sigma-Aldrich

Q4951

ケルセチン

Apigenin United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1040683

アピゲニン

Apigenin 7-glucoside analytical standard

Supelco

44692

アピゲニン 7-グルコシド

Kaempferol ≥97.0% (HPLC)

Sigma-Aldrich

60010

ケンフェロール

Optimization of phenolic and flavonoid content and antioxidants capacity of pressurized liquid extraction from Dracocephalum kotschyi via circumscribed central composite
Kamali H, et al.
Journal of Supercritical Fluids, 107, 307-314 (2016)
Crosstalk between jasmonic acid, ethylene and Nod factor signaling allows integration of diverse inputs for regulation of nodulation
Sun J, et al.
The Plant Journal, 46(6), 961-970 (2006)
Luteolin inhibits viral-induced inflammatory response in RAW264. 7 cells via suppression of STAT1/3 dependent NF-kappaB and activation of HO-1
Liu CW, et al.
Free Radical Biology & Medicine, 95, 180-189 (2016)
Plant-activated bacterial receptor adenylate cyclases modulate epidermal infection in the Sinorhizobium meliloti-Medicago symbiosis
Tian CF, et al.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 201120260-201120260 (2012)
Phenolic compounds characterization, carbohydrate digestive enzyme inhibitory and antioxidant activities of Hieracium pannosum Boiss
Gokbulut A, et al.
South African Journal of botony, 108, 387-392 (2017)

資料

Information on fatty acid synthesis and metabolism in cancer cells. Learn how proliferatively active cells require fatty acids for functions such as membrane generation, protein modification, and bioenergetic requirements. These fatty acids are derived either from dietary sources or are synthesized by the cell.

Antioxidants protect biological systems from oxidative damage produced by oxygen-containing free radicals and from redoxactive transition metal ions such as iron, copper, and cadmium.

関連コンテンツ

DISCOVER Bioactive Small Molecules for Nitric Oxide & Cell Stress Research

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先