Merck
All Photos(6)

M1254

Sigma-Aldrich

MOPS

≥99.5% (titration)

Synonym(s):
3-(N-モルホリノ)プロパンスルホン酸, 4-モルホリンプロパンスルホン酸
Empirical Formula (Hill Notation):
C7H15NO4S
CAS Number:
Molecular Weight:
209.26
Beilstein:
1106776
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

品質水準

200

アッセイ

≥99.5% (titration)

形態

crystalline powder

technique(s)

electrophoresis: suitable

pH

2.5-4 (25 °C, 209 g/L)

useful pH range

6.5-7.9

pKa (25 °C)

7.2

溶解性

water: 0.5 g/mL, clear, colorless

λ

33 % in H2O

application(s)

diagnostic assay manufacturing

保管温度

room temp

SMILES string

OS(=O)(=O)CCCN1CCOCC1

InChI

1S/C7H15NO4S/c9-13(10,11)7-1-2-8-3-5-12-6-4-8/h1-7H2,(H,9,10,11)

InChI key

DVLFYONBTKHTER-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

3-(N-モルホリノ)プロパンスルホン酸(MOPS)は、モルホリン環を持ったN-置換アミノスルホン酸です。MOPSはpH 6.5~7.9の間で緩衝能を示します。MOPSは、その不活性な特徴から、生物学的および生化学的実験において幅広く使用されます。溶液中でいかなる金属イオンとも相互作用せず、特に、銅(Cu)、ニッケル(Ni)、マンガン(Mn)、亜鉛(Zn)、コバルト(Co)イオンとの、優れた金属バッファー安定性を持っています。MOPSバッファーは、哺乳類細胞の培養培地のpHを維持します。MOPSは、RNAの変性ゲル電気泳動においてpHを維持します。MOPSは、脂質の相互作用を調節でき、膜の厚みやバリア機能に影響を及ぼします。MOPSは、ウシ血清アルブミンと相互作用し、タンパク質を安定化します。過酸化水素は、MOPSをゆっくりとN-オキシド型に酸化します。

アプリケーション

MOPSは以下に使用されています:
  • レンチウイルス粒子の作成における細胞培養添加剤
  • 微生物増殖培地におけるバッファー試薬および核抽出バッファー

包装

25, 100, 250 g in poly bottle
1 kg in poly bottle
5, 25, 50 kg in poly drum

その他情報

MOPS製品を簡単に比較検討できるMOPS規格表をご参照ください。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

230.0 °F - closed cup

引火点(℃)

110 °C - closed cup

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service