Merck
All Photos(7)

M2128

Sigma-Aldrich

チアゾリルブルーテトラゾリウムブロミド

98%

Synonym(s):
3-(4,5-ジメチル-2-チアゾリル)-2,5-ジフェニル-2H-テトラゾリウムブロミド, MTT, メチルチアゾリルジフェニル-テトラゾリウムブロミド
Empirical Formula (Hill Notation):
C18H16BrN5S
CAS Number:
Molecular Weight:
414.32
Beilstein:
4081397
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.47

品質水準

200

アッセイ

98%

形態

powder

mp

195 °C (dec.) (lit.)

溶解性

2-methoxyethanol: soluble 20 mg/mL
ethanol: soluble 20 mg/mL
H2O: 5 mg/mL

application(s)

diagnostic assay manufacturing
hematology
histology

保管温度

2-8°C

SMILES string

[Br-].Cc1nc(sc1C)-[n+]2nc(nn2-c3ccccc3)-c4ccccc4

InChI

1S/C18H16N5S.BrH/c1-13-14(2)24-18(19-13)23-21-17(15-9-5-3-6-10-15)20-22(23)16-11-7-4-8-12-16;/h3-12H,1-2H3;1H/q+1;/p-1

InChI key

AZKSAVLVSZKNRD-UHFFFAOYSA-M

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

アプリケーション

チアゾリルブルーテトラゾリウムブルー(MTT)を細胞増殖の測定に使用する場合があります。 MTTは黄色の溶液を生じますが、これは生細胞のミトコンドリアデヒドロゲナーゼにより濃青色の水不溶性MTTホルマザンに変換されます。青色の結晶は酸性化イソプロパノールで可溶化され、570 nmで比色的に強度を測定します。MTTは、組織化学的試薬/細胞化学的試薬として、また、NADを検出するために使用されています。 組織中のADP結合酵素系は、使用されるシアニド(シアン化物)トラップによりカチオンが結合するため、MTTでは検出することができません。 MTTは急速にホルマザンに還元され、ホルマザンはニッケル、銅、およびコバルトでキレート化されます;コバルトキレートは酸化系で使用されています。
チアゾリルブルーテトラゾリウム臭化物は、以下のアッセイに使用されています:
  • 増殖アッセイ。
  • TNF(腫瘍壊死因子)バイオアッセイ。

包装

100, 250 mg in glass insert
500 mg in glass bottle
1, 5, 10 g in glass bottle

ピクトグラム

Exclamation markHealth hazard

シグナルワード

Warning

危険有害性情報

危険有害性の分類

Eye Irrit. 2 - Muta. 2 - Skin Irrit. 2 - STOT SE 3

ターゲットの組織

Respiratory system

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service