Merck
All Photos(3)

M4439

Sigma-Aldrich

モノクローナル抗c-Myc抗体 マウス宿主抗体

clone 9E10, purified from hybridoma cell culture

Synonym(s):
抗c-Myc
NACRES:
NA.56

由来生物

mouse

品質水準

200

結合体

unconjugated

抗体製品の状態

purified from hybridoma cell culture

antibody product type

primary antibodies

クローン

9E10, monoclonal

形態

buffered aqueous solution

分子量

62 kDa

species reactivity

human

濃度

~2 mg/mL

technique(s)

immunocytochemistry: suitable
immunohistochemistry (formalin-fixed, paraffin-embedded sections): suitable
immunoprecipitation (IP): suitable
microarray: suitable
western blot: 1:5000 using c-myc tagged fusion protein

UniProtアクセッション番号

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... MYC(4609)

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

詳細

c-Myc(v-mycトリ骨髄球腫症ウイルスがん遺伝子ホモログ)は、MYC遺伝子によりコードされている転写因子です。これは、トリレトロウイルスがん遺伝子のホモログとして最初に報告されました。また、塩基性領域のヘリックスループヘリックス/ロイシンジッパーにより特徴づけられる転写因子のファミリーに属します。これは、N-MycおよびL-Mycとともに、MYCがん原遺伝子ファミリーを形成します。また、MAXとヘテロダイマーを形成し、このヘテロダイマーはDNA上のE-ボックス/CACGTG配列モチーフに結合します。この遺伝子は、ヒト染色体8q24に局在しています。
マウス抗c-MYCモノクローナル抗体は、ヒトがん遺伝子c-mycの産物の配列(EQKLISEEDL)内に位置するエピトープを認識します。

免疫原

ヒトp62c-Mycタンパク質の合成ペプチド。

アプリケーション

マウスで生産されたモノクローナル抗c-Myc抗体は、免疫沈降、 免疫ブロッティング、ELISA検査、免疫蛍光、 マイクロアレイおよび電子顕微鏡に適しています。これは、ChIP(クロマチン免疫沈降)にも使用されています。

生物化学的/生理学的作用

v-mycトリ骨髄球腫症ウイルスがん遺伝子ホモログは、MYCファミリーに属します。これらのタンパク質が過剰発現すると、DNA二本鎖切断(DSB)およびゲノムの不安定性が誘発される可能性があります。この転写因子MYCは、がん細胞の増殖および腫瘍形成に関与している長い非コードRNA(lncRNA)の制御に役立ちます。その過剰発現は、様々ながん、特にB細胞リンパ腫にも関連しています。c-MYCの発現が増加すると、Ag/ペプチドをCD4+ T細胞に機能的に提示するB細胞リンパ腫の能力に悪影響が及びます。このタンパク質は、Ag提示のいくつかの重要なチェックポイントで抑制効果を発揮します。これは、バーキットリンパ腫とびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)のグループに関連づけられます。

物理的形状

0.01M PBS溶液(pH 7.4, 15 mMアジ化ナトリウム含有)

調製ノート

使用時希釈倍率:1:5,000

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Product Information Sheet

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service