すべての画像(1)

N6383

Sigma-Aldrich

ニューロテンシン

≥90% (HPLC)

Empirical Formula (Hill Notation):
C78H121N21O20
CAS番号:
分子量:
1672.92
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.32

品質水準

200

アッセイ

≥90% (HPLC)

形態

powder

UniProtアクセッション番号

保管温度

−20°C

SMILES string

CC[C@H](C)[C@H](NC(=O)[C@H](Cc1ccc(O)cc1)NC(=O)[C@@H]2CCCN2C(=O)[C@H](CCCNC(N)=N)NC(=O)[C@H](CCCNC(N)=N)NC(=O)[C@@H]3CCCN3C(=O)[C@H](CCCCN)NC(=O)[C@H](CC(N)=O)NC(=O)[C@H](CCC(O)=O)NC(=O)[C@H](Cc4ccc(O)cc4)NC(=O)[C@H](CC(C)C)NC(=O)[C@@H]5CCC(=O)N5)C(=O)N[C@@H](CC(C)C)C(O)=O

InChI

1S/C78H121N21O20/c1-7-43(6)63(73(115)96-57(76(118)119)37-42(4)5)97-70(112)55(39-45-21-25-47(101)26-22-45)95-72(114)59-18-13-35-99(59)75(117)52(16-11-33-86-78(83)84)90-64(106)48(15-10-32-85-77(81)82)89-71(113)58-17-12-34-98(58)74(116)51(14-8-9-31-79)91-69(111)56(40-60(80)102)94-66(108)50(28-30-62(104)105)88-68(110)54(38-44-19-23-46(100)24-20-44)93-67(109)53(36-41(2)3)92-65(107)49-27-29-61(103)87-49/h19-26,41-43,48-59,63,100-101H,7-18,27-40,79H2,1-6H3,(H2,80,102)(H,87,103)(H,88,110)(H,89,113)(H,90,106)(H,91,111)(H,92,107)(H,93,109)(H,94,108)(H,95,114)(H,96,115)(H,97,112)(H,104,105)(H,118,119)(H4,81,82,85)(H4,83,84,86)/t43-,48-,49-,50-,51-,52-,53-,54-,55-,56-,57-,58-,59-,63-/m0/s1

InChI key

PCJGZPGTCUMMOT-ISULXFBGSA-N

Gene Information

human ... NTS(4922)

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

Amino Acid Sequence

Glp-Leu-Tyr-Glu-Asn-Lys-Pro-Arg-Arg-Pro-Tyr-Ile-Leu

詳細

ニューロテンシン(NT)は、ヒト染色体12q21にマップされた遺伝子によってコードされています31。コードされたこのタンパク質は、pGlu–Leu–Tyr–Glu–Asn–Lys–Pro–Arg–Arg–Pro–Tyr–Ile–Leu–COOHアミノ酸配列を有するトリデカペプチドです。NTは胃腸(GI)管および中枢神経系(CNS)に広く分布していますが、視床下部、扁桃体および側坐核では高レベル、末梢血では低レベルです。

アプリケーション

ニューロテンシンは、スペクトル校正における外部校正試薬として使用されています。また、マトリックス支援レーザー脱離イオン化(CE-MALDI)に対するオンラインキャピラリー電気泳動の性能を評価するためにも使用されています。
ニューロテンシンは、アポトーシス/細胞死アッセイで使用されており、以下の用途で使用されています。
  • マトリックス支援レーザー脱離イオン化-飛行時間(MALDI-TOF)質量分析

生物化学的/生理学的作用

ニューロテンシン(NT)は、鎮痛、低体温および高血糖の誘発剤として働き、胃運動の阻害剤です。Prader–Willi症候群(PWS)の小児では、血漿NTレベルが高くなります。小細胞肺癌細胞から分泌されたNTは、この疾患において制御作用を有する可能性があります。NTは、胃系制御と肺での炎症プロセスの制御に関与しています。さらに、NTは、白血球、腹膜肥満細胞および樹状細胞との相互作用でサイトカインの放出と走化性を刺激することにより、免疫応答を制御します。胃腸(GI)管に存在するNTは、膵臓分泌と胆汁分泌の刺激など様々なプロセスで重要な役割を果たし、様々な正常組織の増殖を促進します。Wnt/β-カテニンシグナル伝達経路の下流に関与し、神経内分泌腫瘍細胞の増殖を活性化させます。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

その他のドキュメント

ProNGF mediates death of Natural Killer cells through activation of the p75NTR-sortilin complex.
Rogers ML
Journal of Neuroimmunology, 226(1-2), 93-103 (2010)
Neurotensin modulates the migratory and inflammatory response of macrophages under hyperglycemic conditions.
Moura LI
BioMed Research International, 2013:941764 (2013)
Online CE-MALDI-TOF MS Using a Rotating Ball Interface
Musyimi HK, et al.
Analytical Chemistry, 76(19), 5968-5973 (2004)
Daniel J Scott et al.
Biochimica et biophysica acta, 1838(11), 2817-2824 (2014-07-30)
The largest single class of drug targets is the G protein-coupled receptor (GPCR) family. Modern high-throughput methods for drug discovery require working with pure protein, but this has been a challenge for GPCRs, and thus the success of screening campaigns
Proneurotrophin-3 may induce Sortilin-dependent death in inner ear neurons.
Tauris J
The European Journal of Neuroscience, 33(4), 622-631 (2011)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先