Merck
All Photos(4)

P0879

Sigma-Aldrich

ポリ-L-リシン 臭化水素酸塩

mol wt 1,000-5,000

Synonym(s):
L-Lysine homopolymer hydrobromide
CAS Number:
MDL番号:
eCl@ss:
32160406
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.26

形状

solid

品質水準

200

分子量

1,000-5,000

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

white to off-white

保管温度

−20°C

SMILES string

Cl.NCCCCC(N)C(O)=O

InChI

1S/C18H38N6O4/c19-10-4-1-7-13(22)16(25)23-14(8-2-5-11-20)17(26)24-15(18(27)28)9-3-6-12-21/h13-15H,1-12,19-22H2,(H,23,25)(H,24,26)(H,27,28)/t13-,14-,15-/m0/s1

InChI key

WBSCNDJQPKSPII-KKUMJFAQSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

アプリケーション

ポリ-L-リジンポリマーは、固体基質に対する細胞の付着の促進、[1][1]薬物輸送を増大させるためのメトトレキサートへの抱合、膵島のミクロ封入、細胞ミクロ封入テクノロジー、マイクロアレイガラススライドコーティング、染色体調製に使用できます。[2]分子量が比較的低いポリ-L-リジン(30,000~70,000)は溶液の形で低い粘度を示しますが、分子量が比較的高いと分子当たりの付着部位が増えます。

包装

25, 100, 500 mg in poly bottle
1 g in poly bottle

生物化学的/生理学的作用

ポリ-L-リジンは細胞表面に対する非特異的付着因子であり、細胞膜の負荷電イオンと培養物表面との静電的相互作用の強化により固体基質に対する細胞付着を促進する際に有用です。 細胞培養物表面に吸着されると、ポリ-L-リジンは細胞結合に使用できる正荷電部位の数を増加させるように機能します。 ポリ-L-リジンを分解できる細胞の場合、付着因子としてポリ-D-リジンを使用する必要があります。

構成

ポリ-L-リジンはリジン残基当たりおよそ1個のHBrを有する正に荷電したアミノ酸ポリマーです。臭化水素酸塩により、ポリ-L-リジンを水溶性の結晶形態にできます。HBrがアミノ基と、カルボキシル基またはNあるいはO含有部分のいずれかとの間の水素結合を妨害するため、製品中に少量のβ構造が含まれることがあります。

注意

滅菌溶液は、2 ~ 8°Cで保存した場合、最大 2 年間安定です。-20°Cでは乾燥させて保存してください。

調製ノート

臭化水素酸ポリ-L-リジンは、分子量1,000~4,000です。HBrを除去するためには、この製品を中性バッファーに溶解し、塩を除去するために透析します。 ポリ-L-リジン製品はすべて、トリフルオロ酢酸に曝露されておらず、薄層クロマトグラフィーで確認される一量体、二量体または三量体を除去するための透析は行われていません。 一般に、この製品を付着因子として使用するには、50 mLの滅菌組織培養グレードの水を5 mgのポリ-リジンに添加し、表面を25 cm2当たり1 mLの溶液で無菌的にコーティングします。 5分後、溶液を吸引して除去、表面を十分にすすぎます。 細胞と培地を導入する前に、2時間乾燥させます。

アナリシスノート

分子量は粘度に基づいています。

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


Regulatory Listings

Regulatory Listings are mainly provided for chemical products. Only limited information can be provided here for non-chemical products. No entry means none of the components are listed. It is the user’s obligation to ensure the safe and legal use of the product.

ISHL Indicated Name

名称等を表示すべき危険物及び有害物

ISHL Notified Names

名称等を通知すべき危険物及び有害物

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service