Merck

P4039

Sigma-Aldrich

ホスホリパーゼC Clostridium perfringens(ウェルシュ菌)由来

greener alternative

Type XIV, lyophilized powder, ≥150 units/mg protein

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
PC-PLC, ホスファチジルコリンコリンホスホヒドロラーゼ, リポホスホジエステラーゼI, レシチナーゼC
CAS番号:
Enzyme Commission number:
EC Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.32

由来生物

bacterial (Clostridium perfringens)

品質水準

タイプ

Type XIV

形状

lyophilized powder

比活性

≥150 units/mg protein

環境により配慮した代替製品の特徴

Waste Prevention
Design for Energy Efficiency
Learn more about the Principles of Green Chemistry.

環境により配慮した代替製品カテゴリ

保管温度

−20°C

遺伝子情報

Clostridium perfringens str. 13 ... plc(988262)

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
P7633P6621G3651
Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

300

Quality Level

200

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

form

lyophilized powder

Gene Information

Clostridium perfringens str. 13 ... plc(988262)

Gene Information

Clostridium perfringens str. 13 ... plc(988262)

Gene Information

Bacillus cereus ATCC 10987 ... plC(2749087)

Gene Information

-

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

2-8°C

type

Type XIV

type

Type I

type

-

type

-

詳細

メルクは、グリーンケミストリーの12原則の1つ以上に則った、より環境に配慮した製品(グリーン代替品)をお客様にお届けできるよう最善の努力をします。この製品は、バイオディーゼル研究に使用したとき、エネルギー効率および廃棄物削減効果が強化されるように改善されています。詳細な情報につきましてはメルクの季刊誌バイオファイル(Bio Files)の記事をご覧ください。

アプリケーション

Clostridium perfringens(ウェルシュ菌)由来のホスホリパーゼCは、サンドイッチ酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)およびELISAにおけるポジティブコントロールとして使用されてきました。

生物化学的/生理学的作用

ジアシルグリセロ-ルを形成するホスファチジルコリンおよび他のグリセロリン脂質上のリン酸結合を加水分解します。また、スフィンゴミエリン、カルジオリピン、コリンプラスマロゲン、セラミドリン脂質も加水分解します。

単位の定義

1ユニットは、pH 7.3、37°Cで、1分間に1.0 μmolの水溶性有機リンを卵黄由来L-α-ホスファチジルコリンから遊離させる酵素量です。

物理的形状

バッファ-塩の凍結乾燥粉末です。

調製ノート

クロマトグラフィ-精製

ピクトグラム

Health hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

注意書き

危険有害性の分類

Resp. Sens. 1

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

In vitro inhibitory effect of hen egg white lysozyme on Clostridium perfringens type A associated with broiler necrotic enteritis and its alpha-toxin production
Zhang G, et al.
Letters in Applied Microbiology, 42(2), 138-143 (2006)
Angela Buys et al.
Acta veterinaria Scandinavica, 62(1), 57-57 (2020-10-09)
An overall increase in poaching of white rhinoceros results in captive breeding becoming a significant component of white rhinoceros conservation. However, this type of conservation comes with its own difficulties. When wildlife is captured, transported and/or confined to a boma
G Zhang et al.
Letters in applied microbiology, 42(2), 138-143 (2006-01-31)
Clostridium perfringens type A causes both clinical and subclinical forms of necrotic enteritis in domestic avian species. In this study the inhibitory effect of hen egg white lysozyme on the vegetative form of Cl. perfringens type A and the production
Sandwich ELISA detection of Clostridium perfringens cells and alpha-toxin from field cases of necrotic enteritis of poultry
McCourt MT, et al.
Veterinary Microbiology, 106(3-4), 259-264 (2005)
Pawel T Szymanski et al.
Marine drugs, 10(10), 2166-2180 (2012-11-22)
Sarcophine-diol (SD) is a semi-synthetic derivative of sarcophine with a significant chemopreventive effect against non-melanoma skin cancer both in vitro and in vivo. Recently, we have studied the effect of SD on melanoma development using the mouse melanoma B₁₆F₁₀ cell

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先