Merck

Q4951

Sigma-Aldrich

ケルセチン

≥95% (HPLC), solid

ログインto View Organizational & Contract Pricing

Select a Size

別名:
2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-3,5,7-トリヒドロキシ-4H-1-ベンゾピラン-4-オン, 3,3′,4′,5,6-ペンタヒドロキシフラボン
Empirical Formula (Hill Notation):
C15H10O7
CAS番号:
分子量:
302.24
Beilstein:
317313
EC Number:
PubChem Substance ID:

由来生物

synthetic (organic)

アッセイ

≥95% (HPLC)

形状

solid

mp

316.5 °C

溶解性

water: practically insoluble

保管温度

room temp

SMILES string

OC1=CC(O)=C2C(OC(C3=CC=C(O)C(O)=C3)=C(O)C2=O)=C1

InChI

1S/C15H10O7/c16-7-4-10(19)12-11(5-7)22-15(14(21)13(12)20)6-1-2-8(17)9(18)3-6/h1-5,16-19,21H

InChI key

REFJWTPEDVJJIY-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
PHR14881592409PHL89262
Quercetin ≥95% (HPLC), solid

Sigma-Aldrich

Q4951

ケルセチン

Quercetin Pharmaceutical Secondary Standard; Certified Reference Material

Supelco

PHR1488

ケルセチン

Quercetin United States Pharmacopeia (USP) Reference Standard

USP

1592409

ケルセチン

Quercetin phyproof® Reference Substance

PHL89262

ケルセチン

form

solid

form

-

form

-

form

-

solubility

water: practically insoluble

solubility

-

solubility

-

solubility

-

storage temp.

room temp

storage temp.

-10 to -25°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

-

Quality Level

100

Quality Level

300

Quality Level

-

Quality Level

-

biological source

synthetic (organic)

biological source

-

biological source

-

biological source

-

アプリケーション

  • ケルセチンは、2型糖尿病患者における高グルコースおよび高血糖血清の免疫抑制作用を後退させる抗酸化剤として使用されています。
  • これは、Apis mellifera(ミツバチ)の解毒性植物化学物質として使用されています。
  • これは、DPPH (2,2-ジフェニル-1-ピクリヒドラジル)ラジカル捕捉アッセイにおける陽性対照として使用されています。これは、総フラボノイド含量を決定するための検量線の作成にも使用されています。

生物化学的/生理学的作用

ケルセチンは、抗がん活性を有するフラボノイドです。 ケルセチンは、ミトコンドリアのATPaseおよびホスホジエステラーゼの阻害剤です。これは、PI3キナーゼ活性を阻害し、PIPキナーゼ活性をわずかに阻害します。ケルセチンはがん細胞株に対して抗増殖効果を示し、II型エストロゲン受容体を介してがん細胞の増殖を抑え、細胞周期の後期G1期にヒト白血病T細胞を拘束します。 ケルセチンは、脂肪酸シンターゼ活性を阻害する場合もあります。

特徴および利点

この化合物は、ADME Tox and Kinase Phosphatase研究用のお勧め製品です。さらにお勧めのADME Tox and Kinase Phosphatase Biology製品をご覧ください。その他の研究領域用の生物活性低分子については、sigma.com/discover-bsmで詳細をお読みください。
この化合物は、Handbook of Receptor Classification and Signal Transduction(受容体分類とシグナル伝達のハンドブック)のドーパミンとノルエピネフリン代謝のページに特筆されています。その他のハンドブックページを閲覧するためには、ここをクリックしてください。

ピクトグラム

Skull and crossbones

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 3 Oral

保管分類コード

6.1C - Combustible, acute toxic Cat.3 / toxic compounds or compounds which causing chronic effects

WGK

WGK 3

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Faceshields, Gloves, type P2 (EN 143) respirator cartridges


Certificates of Analysis (COA)

Search for Certificates of Analysis (COA) by entering the products Lot/Batch Number. Lot and Batch Numbers can be found on a product’s label following the words ‘Lot’ or ‘Batch’.

Already Own This Product?

Documents related to the products that you have purchased in the past have been gathered in the Document Library for your convenience.

Visit the Document Library

Difficulty Finding Your Product Or Lot/Batch Number?

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 9

1 of 9

Quercetin, Dihydrate A cell-permeable and reversible inhibitor of PIM1 kinase (IC₅₀ = 43 nM), PI 3-K (IC₅₀ = 3.8 µM) and phospholipase A2 (IC₅₀ = 2 µM).

Millipore

551600-M

Quercetin, Dihydrate

Quercitrin primary reference standard

00740580

ケルセチン 3-ラムノシド

Gallic acid 97.5-102.5% (titration)

Sigma-Aldrich

G7384

没食子酸

Dasatinib

Sigma-Aldrich

CDS023389

ダサチニブ

Rutin phyproof® Reference Substance

PHL89270

Rutin

Luteolin ≥98% (TLC), powder

Sigma-Aldrich

L9283

ルテオリン

Isorhamnetin ≥95.0% (HPLC)

Sigma-Aldrich

17794

イソラムネチン

Quercetin dihydrate phyproof® Reference Substance

PHL89263

クエルセチン 二水和物

High glucose and hyperglycemic sera from type 2 diabetic patients impair DC differentiation by inducing ROS and activating Wnt/?-catenin and p38 MAPK.
Gilardini Montani MS et al.
Biochimica et Biophysica Acta, 1862, 805-805 (2016)
Impacts of Dietary Phytochemicals in the Presence and Absence of Pesticides on Longevity of Honey Bees (Apis mellifera).
Liao LH et al.
Insects, 8, E22-E22 (2017)
Phenolic and flavonoid content and antioxidants capacity of pressurized liquid extraction and perculation method from roots of Scutellaria pinnatifida A. Hamilt. subsp alpina (Bornm) Rech. f.
Golmakani E et al.
Journal of Supercritical Fluids, 95, 318-324 (2014)
Lucia Panzella et al.
Antioxidants (Basel, Switzerland), 8(4) (2019-04-04)
Exhausted woods represent a byproduct of tannin industrial production processes and their possible exploitation as a source of antioxidant compounds has remained virtually unexplored. We herein report the characterization of the antioxidant and other properties of practical interest of exhausted
Joanna Cunanan et al.
PloS one, 15(6), e0234375-e0234375 (2020-06-20)
Renal dysplasia, the major cause of childhood renal failure, is characterized by defective branching morphogenesis and nephrogenesis. Beta-catenin, a transcription factor and cell adhesion molecule, is markedly increased in the nucleus of kidney cells in human renal dysplasia and contributes

資料

Fatty Acid Synthesis and Metabolism in Cancer Cells

Information on fatty acid synthesis and metabolism in cancer cells. Learn how proliferatively active cells require fatty acids for functions such as membrane generation, protein modification, and bioenergetic requirements. These fatty acids are derived either from dietary sources or are synthesized by the cell.

プロトコル

HPLC Analysis of Flavonoids on Ascentis® RP-Amide

Protocol for HPLC Analysis of Flavonoids on Ascentis® RP-Amide

関連コンテンツ

Discover Bioactive Small Molecules for ADME/Tox

Discover Bioactive Small Molecules for ADME/Tox

Discover Bioactive Small Molecules for Kinase Phosphatase Biology

Discover Bioactive Small Molecules for Kinase Phosphatase Biology

Discover Bioactive Small Molecules for Lipid Signaling Research

Discover Bioactive Small Molecules for Lipid Signaling Research

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先