Merck
All Photos(2)

R2625

Sigma-Aldrich

レチノイン酸

≥98% (HPLC), powder

Synonym(s):
ATRA, オールtransレチノイン酸, トレチノイン, ビタミンA酸
Empirical Formula (Hill Notation):
C20H28O2
CAS Number:
Molecular Weight:
300.44
Beilstein:
2057223
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.77

由来生物

synthetic (organic)

品質水準

200

アッセイ

≥98% (HPLC)

形態

powder

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

yellow

mp

180-181 °C (lit.)

溶解性

chloroform: 50 mg/mL

保管温度

−20°C

SMILES string

CC1=C(\C=C\C(C)=C\C=C\C(C)=C\C(O)=O)C(C)(C)CCC1

InChI

1S/C20H28O2/c1-15(8-6-9-16(2)14-19(21)22)11-12-18-17(3)10-7-13-20(18,4)5/h6,8-9,11-12,14H,7,10,13H2,1-5H3,(H,21,22)/b9-6+,12-11+,15-8+,16-14+

InChI key

SHGAZHPCJJPHSC-YCNIQYBTSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

アプリケーション

  • レチノイン酸(RA)は、胚性幹細胞の運動ニューロンへの分化に使用されています。
  • Xenopus 外胚葉の膵臓への分化に使用されています。
  • また、RARα(レチノイン酸受容体α)によるエピジェネティックな制限の研究にも使用されています。
  • 前精原細胞の精原細胞への移行における RA シグナルの研究に使用されています。

包装

50, 100, 500 mg in ampule
1, 5 g in ampule

生物化学的/生理学的作用

all−transレチノイン酸 (ATRA)は、レチノイン酸受容体(RAR)とレチノイドX受容体(RXR)の両方のリガンドです。結合したRARおよびRXRは、正常細胞と腫瘍細胞の増殖や分化を制御する転写因子として機能します。チトクロムP450(CYP)は、ATRAの4-ヒドロキシル化を触媒します。レチノイン酸は、胚性幹細胞がニュ-ロンになるのを促進します。

特徴および利点

本化合物は、受容体分類およびシグナル伝達ハンドブックの、核受容体(非ステロイド)のページに記載されています。他のハンドブックページをご覧になる場合は、こちらをクリックしてください

その他情報

スクリプスメタボロミクスセンターによって独自に取得されたタンデム質量分析データが、PDF で閲覧またはダウンロードできます。 R2625.pdf測定された代謝物が、スクリプスメタボロミクスセンターの METLIN 代謝物データベース上に掲載されています。詳細については、sigma.com/metlinをご参照ください。

ピクトグラム

Exclamation markHealth hazardEnvironment

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral - Aquatic Acute 1 - Aquatic Chronic 1 - Repr. 1B - Skin Irrit. 2

保管分類コード

6.1C - Combustible, acute toxic Cat.3 / toxic compounds or compounds which causing chronic effects

WGK

WGK 2

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service