Merck
All Photos(3)

R8004

Sigma-Aldrich

ローダミン123

mitochondrial specific fluorescent dye

Synonym(s):
2-(6-アミノ-3-イミノ-3H-キサンテン-9-イル)安息香酸 メチルエステル
Linear Formula:
C21H17ClN2O3
CAS Number:
Molecular Weight:
380.82
Beilstein:
6030951
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.47

品質水準

100

形態

powder

溶解性

ethanol: 1 mg/mL

application(s)

diagnostic assay manufacturing
hematology
histology

保管温度

room temp

SMILES string

Cl[H].COC(=O)c1ccccc1C2=C3C=CC(=N)C=C3Oc4cc(N)ccc24

InChI

1S/C21H16N2O3.ClH/c1-25-21(24)15-5-3-2-4-14(15)20-16-8-6-12(22)10-18(16)26-19-11-13(23)7-9-17(19)20;/h2-11,22H,23H2,1H3;1H

InChI key

MYFATKRONKHHQL-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

アプリケーション

ローダミン 123 はレーザー色素として有用であり、選択的細胞増殖効果を有しています。ミトコンドリア膜電位の測定にも使用されています。

包装

5, 25, 100 mg in glass bottle

生物化学的/生理学的作用

ローダミン 123 はフローサイトメトリーにおいて P-糖タンパク質(Pgp)の機能レポーターとして最も一般的に使用される蛍光色素です。ローダミン系蛍光色素の一つです。生細胞中のミトコンドリア生体エネルギー学の評価に最も多く使用されます。多剤耐性(MDR)タンパク質の機能アッセイは、がん治療の予後指標として MDR タンパク質発現量アッセイよりも優れています。Rh 123 は、PE-Cy5 およびAMCA (7-アミノ-4-メチルクマリン-3-酢酸)などの一般的なタンパク質標識色素と組み合わせても、蛍光干渉を伴うことなく複数パラメーター解析に使用することができます。最近の報告では、Rh 123 が多剤耐性タンパク質-1(MRP1)の基質である可能性が示されています。
Pgpの機能性レポ-タ-としてフロ-サイトメトリ-において最も一般的に使用される蛍光色素です。癌の治療においては、MDRタンパク質の機能分析がMDRタンパク質発現量よりも良い予後の指標です。Rh 123 は、PE-Cy5 および AMCA (7-アミノ-4-メチルクマリン-3-酢酸)等の一般的なタンパク質標識色素と組み合わせても蛍光干渉がなく、多パラメ-タ-解析に使用可能です。最近の報告で、Rh 123 はMRP1の基質であることも示されてます。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

More Documents

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service