Merck
All Photos(5)

RDD002

Sigma-Aldrich

HEPES

anhydrous, free-flowing, Redi-Dri, ≥99.5%

Synonym(s):
N-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-N′-(2-エタンスルホン酸), 4-(2-ヒドロキシエチル)ピペラジン-1-エタンスルホン酸
Empirical Formula (Hill Notation):
C8H18N2O4S
CAS Number:
Molecular Weight:
238.30
Beilstein:
883043
EC 番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.25

品質水準

100

グレード

anhydrous

製品ライン

Redi-Dri

アッセイ

≥99.5%

形態

crystalline powder

品質

free-flowing

pH

5.0-6.5 (25 °C, 238 g/L)

useful pH range

6.8-8.2

pKa (25 °C)

7.5

溶解性

water: 500 mg/mL, clear, colorless

SMILES string

OCCN1CCN(CC1)CCS(O)(=O)=O

InChI

1S/C8H18N2O4S/c11-7-5-9-1-3-10(4-2-9)6-8-15(12,13)14/h11H,1-8H2,(H,12,13,14)

InChI key

JKMHFZQWWAIEOD-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

HEPESは、生物学的研究に利用できる最高の汎用バッファーの1つと言われています。生物学的pHでは、この分子は双性イオンで存在し、pH 6.8~8.2のバッファーとして有効です。HEPESは、組織培養などさまざまな用途で使用されています。通常、空気中で細胞培地を緩衝するために使用されます。HEPESは、Mgに関するin vitro実験での利用も見出されています。

アプリケーション

HEPESは、次の用途に使用されています。
  • 新規の小胞出芽プロトコールの保存溶液およびバッファー溶液の成分
  • 脳スライス記録を準備するための細胞内液の成分
  • アフィニティータンパク質精製の洗浄バッファー、溶出バッファー、脱塩バッファーの成分
  • 精製タンパク質の熱変性アッセイでのpHを7に維持
  • ゲルろ過を使用したタンパク質のアイソクラティック溶出
  • EPR(電子常磁性共鳴)分光法の試料調製でNaClとともに使用

包装

2.5 kg in poly drum
1 kg in poly bottle

法的情報

Redi-Dri is a trademark of Sigma-Aldrich Co. LLC

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

More Documents

SDS

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service