SAB2702364

Sigma-Aldrich

モノクローナル抗Iba1 マウス宿主抗体

clone GT10312, affinity isolated antibody

別名:
AIF-1, IRT-1, IRT1, IBA1
NACRES:
NA.41

品質水準

100

由来生物

mouse

抗体製品の状態

affinity isolated antibody

antibody product type

primary antibodies

クローン

GT10312, monoclonal

形態

buffered aqueous solution

分子量

17kDa

species reactivity

mouse, human, rat

濃度

2.03mg/mL

アプリケーション

immunohistochemistry (formalin-fixed, paraffin-embedded sections): 1:100-1:1000
indirect immunofluorescence: suitable
western blot: 500-3000

アイソタイプ

IgG1

結合体

unconjugated

UniProtアクセッション番号

出荷済み

wet ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... AIF1(199)

詳細

イオン化カルシウム結合アダプター分子1(IBA1)(別名:アログラフト炎症因子1(AIF1))は、ヒト染色体6p21.33にマップされます。 17 kDaのタンパク質をコードし、カルシウム結合EFハンドモチーフで構成されます。IBA1は、肺、扁桃腺、リンパ節、および脾臓で発現されます。 さらに、マクロファージとグリア細胞でも発現されます。

免疫原

ヒトIba1の中心領域内の配列を含む組換えタンパク質。

アプリケーション

マウス産生モノクローナル抗Iba1抗体は以下の用途で使用されてきました:
  • ダブル免疫蛍光
  • 免疫蛍光
  • 免疫組織化学

生物化学的/生理学的作用

イオン化カルシウム結合アダプター分子1(IBA1)は、線維状アクチン(Fアクチン)およびL‐フィンブリンと相互作用します。 その発現は受傷時に調節されます。炎症性サイトカインもIBA1発現を誘導します。IBA1発現は、冠動脈脈管障害(CAV)における移植片拒絶に関与しています。 肝細胞がんで高度に発現しており、マーカーや治療標的の候補となる可能性があります。 滑液および末梢血単球中のAIF1発現の増加は関節リウマチに関与しています。

特徴および利点

弊社の抗体は安心してお試しいただけます。お客様のアプリケーションで抗体が性能を発揮できなかった場合には、全額補償させていただくか、代わりの抗体をご提供いたします。詳細はこちら。

その他情報

精製:プロテインGによるアフィニティー精製

物理的形状

リン酸緩衝食塩水、保存剤無添加。

免責事項

弊社のカタログまたは製品に添付された弊社のその他の文書に別段の記載がない限り、弊社の製品は研究にのみ使用することを意図しており、無許可での商用使用、in vitro診断での使用、ex vivoもしくはin vivo治療での使用、または人間もしくは動物でのあらゆるタイプの消費もしくは適用など、その他の目的には使用しないでください。

RIDADR

NONH for all modes of transport

ドイツ水質汚染分類

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

試験成績書(COA)
原産地証明書(COO)
Treadmill exercise mitigates neuroinflammation and increases BDNF via activation of SIRT1 signaling in a mouse model of T2DM.
Lang, et al.
Brain Research Bulletin, 165, 30-39 (2021)
Aging African green monkeys manifest transcriptional, pathological, and cognitive hallmarks of human Alzheimer's disease
Cramer PE, et al.
Neurobiology of Aging, 64, 92-106 (2018)
Repeated injections of human umbilical cord blood-derived mesenchymal stem cells significantly promotes functional recovery in rabbits with spinal cord injury of two noncontinuous segments
Yang C, et al.
Stem Cell Research & Therapy, 9(1), 136-136 (2018)
Structural and functional characterization of human Iba proteins
Schulze JO, et al.
The FEBS journal, 275(18), 4627-4640 (2008)
Treadmill exercise decreases Abeta deposition and counteracts cognitive decline in APP/PS1 mice, possibly via hippocampal microglia modifications
Zhang X, et al.
Frontiers in Aging Neuroscience, 11, 78-78 (2019)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先

ソーシャルメディア

LinkedIn icon
Twitter icon
Facebook Icon
Instagram Icon

Merck

研究、開発、製造

私たちは、バイオテクノロジーと医薬品の研究&開発および製造のソリューションとサービスを提供する、グローバルなライフサイエンス業界のリーディングサプライヤーです。

© 2021 Merck KGaA, Darmstadt, Germany and/or its affiliates. All Rights Reserved.

当ウェブサイトのいかなる内容についても、許可なく複写することを禁じます。