Merck
All Photos(1)

SRP3027

Sigma-Aldrich

EGF ヒト

Animal-component free, recombinant, expressed in E. coli, ≥98% (SDS-PAGE), ≥98% (HPLC), suitable for cell culture

Synonym(s):
URG, ウロガストロン, 上皮増殖因子
NACRES:
NA.32

由来生物

human

リコンビナント

expressed in E. coli

アッセイ

≥98% (HPLC)
≥98% (SDS-PAGE)

形態

lyophilized

有効性

≤0.1 ng/mL

分子量

6.2 kDa

包装

pkg of 500 μg

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

不純物

<0.1 EU/μg endotoxin, tested

white to off-white

UniProtアクセッション番号

輸送温度

wet ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... EGF(1950)

詳細

遺伝子EGF(上皮成長因子)はヒト染色体4q25-27にマップされます。 EGF遺伝子は、ペプチドホルモンEGFの生成のためにpro-EGFへと切断される大きなI型膜固定前駆体タンパク質をコードしています。mRNAは、腎臓、唾液腺、大脳、および前立腺で発現しています。 組換えヒトEGFは、53のアミノ酸残基と3つの分子内ジスルフィド結合を持つ6.2kDaの球状タンパク質です。

アプリケーション

EGF(上皮成長因子)ヒトは、MCF10A細胞(ヒト乳腺上皮細胞)を維持するための培養培地で使用されてきています。

生物化学的/生理学的作用

EGF(上皮成長因子)は、さまざまな表皮細胞や上皮細胞の増殖を刺激する強力な成長因子です。 また、EGFは、胃液分泌を阻害し、創傷治癒に関与することも確認されています。 EGFは、クラスIチロシンキナーゼ受容体であるc-erbBとして知られる受容体を介してシグナルを伝達します。 この受容体もTGF(トランスフォーミング増殖因子)-αおよびVGF(ワクシニアウイルス増殖因子)に結合します。EGF遺伝子の変異は、非小細胞肺がんのリスクと関連している可能性があります。 また、未分化甲状腺がんおよび腎性低マグネシウム血症にも関与しています。細胞分化と神経栄養プロセスを制御します。

シーケンス

NSDSECPLSH DGYCLHDGVC MYIEALDKYA CNCVVGYIGE RCQYRDLKWW ELR

物理的形状

凍結乾燥品(添加物不含)。

再構成

バイアルは開封前に遠心してください。水で濃度0.1~1.0 mg/mlに再構成します。ボルテックスはしないでください。この溶液は2~8°Cで1週間まで保管できます。長期保管する場合には、安定化剤(5%トレハロースなど)を含むバッファーでさらに希釈して、使用量に分注して-20°C~ -80°Cで保管することを推奨します。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service