SRP3292

Sigma-Aldrich

R-SPONDIN-1 ヒト

recombinant, expressed in CHO cells, ≥95% (SDS-PAGE), ≥95% (HPLC)

別名:
Rspo1
NACRES:
NA.32

由来生物

human

リコンビナント

expressed in CHO cells

アッセイ

≥95% (HPLC)
≥95% (SDS-PAGE)

形態

lyophilized

有効性

1.0-3.0 μg/mL ED50

分子量

26.0-40.0 kDa

包装

pkg of 20 μg

不純物

<0.1 EU/μg endotoxin, tested

white

UniProtアクセッション番号

出荷済み

wet ice

保管温度

−20°C

Gene Information

human ... RSPO1(284654)

関連するカテゴリー

詳細

R-Spondin-1(Rspo-1)は、Wnt調節因子の(Rspo)ファミリーに属しています。 現在、(Rspo)ファミリーは、構造的に関連した4つの分泌リガンド(Rspo 1-4)からなり、その全てがフューリン様およびトロンボスポンジン構造ドメインを含んでいます。 Rspo-1は、発生中の中枢神経系の特定領域だけでなく、副腎、卵巣、精巣、甲状腺、および気管に発現されます。 リコンビナントヒトR-Spondin-1は、243アミノ酸からなる26.7kDaのタンパク質です。R-Spondin-1は、グリコシル化によって、還元条件下でのSDS-PAGEにおいて約40.0kDaの見かけ分子量の位置に泳動されます。

生物化学的/生理学的作用

Rspo(R-Spondin)は、Frizzled/LRP6(LDL受容体関連タンパク質6)と相互作用し、Wnt/β-カテニンシグナル経路を刺激します。 Rspo-1遺伝子の破壊は、XX性転換、掌蹠角化症、および皮膚の扁平上皮癌への傾向を伴う退行性の症状を引き起こします。 Rspo-1はまた、腫瘍細胞の放射耐性にも関係しています。

物理的形状

10mMリン酸ナトリウム、pH7.5溶液で凍結乾燥されています。

再構成

開封前にバイアルを遠心分離してください。濃度が0.1~1.0mg/mLとなるように、水で溶解してください。ボルテックスは使用しないでください。この溶液は、2~8℃で最大1週間保存できます。長期保存する場合は、キャリアタンパク質(例えば0.1%BSA)を含むバッファーでさらに希釈し、-20℃~-80℃で、溶液のアリコートを保存してください。

RIDADR

NONH for all modes of transport

ドイツ水質汚染分類

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

試験成績書(COA)
原産地証明書(COO)
R-spondin1 is essential in sex determination, skin differentiation and malignancy.
Parma P, et al.
Nature Genetics, 38, 1304-1309 (2006)
R-Spondin proteins: a novel link to beta-catenin activation.
Kim KA, et al.
Cell Cycle, 5, 23-26 (2006)
Xuefeng Gu et al.
Oncotarget, 6(12), 9756-9765 (2015-04-14)
Although radiation therapy is the most effective postoperative adjuvant treatment, it does not substantially improve the long-term outcomes of glioma patients because of the characteristic radioresistance of glioma. We found that R-Spondin1 (Rspo1) expression was elevated in high-grade gliomas and...
Minke E Binnerts et al.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104(37), 14700-14705 (2007-09-07)
The R-Spondin (RSpo) family of secreted proteins act as potent activators of the Wnt/beta-catenin signaling pathway. We have previously shown that RSpo proteins can induce proliferative effects on the gastrointestinal epithelium in mice. Here we provide a mechanism whereby RSpo1...
Yong-Guo Zhang et al.
Autophagy, 15(11), 1935-1953 (2019-03-22)
Extracellular HMGB1 (high mobility group box 1) is considered as a damage-associated molecular pattern protein. However, little is known about its intracellular role. We studied the mechanism whereby intestinal epithelial HMGB1 contributes to host defense, using cell culture, colonoids, conditional...
資料
オルガノイド培養用製品により、組織または幹細胞に由来する3Dの脳、腸、肺および腫瘍のオルガノイドモデルを作成できます。
さらに詳しく
Organoid culture products to generate tissue and stem cell derived 3D brain, intestinal, gut, lung and cancer tumor organoid models.
さらに詳しく

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先

ソーシャルメディア

LinkedIn icon
Twitter icon
Facebook Icon
Instagram Icon

Merck

研究、開発、製造

私たちは、バイオテクノロジーと医薬品の研究&開発および製造のソリューションとサービスを提供する、グローバルなライフサイエンス業界のリーディングサプライヤーです。

© 2021 Merck KGaA, Darmstadt, Germany and/or its affiliates. All Rights Reserved.

当ウェブサイトのいかなる内容についても、許可なく複写することを禁じます。